最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年11月11日

渡辺正人監督3シーズンで6人をNPBに送りこみ退任【打撃コーチ話】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

元マリーンズドラフト1位入団の石川ミリオンスターズ・渡辺正人監督が2年契約満了と共に退任することになったようだ。進路は不明だが「このチームで野球を続ける選手同様、私もさらなる上のステージを目指します」と発言しているあたり、NPBでの指導者の道を模索するのかな?

ちょっと前にどこか、確かドラフトの直前頃だったかなぁ、渡辺正人のロングインタビューを見かけた。(検索したら見つかりました→ドラフト1位の苦悩。期待の大型内野手が「打ち方を忘れた」状態とは
苦悩し続けたプロ生活の全貌がこのインタビューで見えてきた。

このインタビューで衝撃的なのは「5人の打撃コーチの言ってることが、皆違う」という事。打撃理論は皆バラバラ。その人の任期中にそのチームの選手となってしまった人は、その打撃理論に押し込められることになる…黙って耳を傾けていたら。
素直に耳を傾けて開花した選手もいるだろうが、数字を残す奴はたいがい「我関せず」で自分で打法を模索し見つけられた選手だと思う。
結局選手側は「この人についていこう」という覚悟を決められる人に巡り合えない限り、自分で道を切り開くか、正人のように「守備で生きる道」を模索するしかなくなる。

内川が日本一になった時の手記で、最初は自己流でやっていてコーチの言う事なんて聞いていなかった事を白状していた。ヤクルトから杉村コーチが移籍してきて「どんな打撃をしたいか?」と聞かれ、「前で捌いてカーンとホームランを打ちたい」と答えると、「バカタレ!ヤクルトはその打ち気を利用して、体を前に出して打ち取ろうとしていたんだよ」と内川の打ちたい打ちたい病を利用していたことを明かされた。
それを聞いて「この人についていこう」と思えたのだろう。みるみるうちに結果が出た。内川のように優秀な指導者に巡り合えたことはラッキーなことなのかもしれない。(杉村は山田あたりも育てたよね)

なので打撃コーチの人事云々に突っ込んでも殆ど意味が無い。結局、選手自身が自分の知見で組み立てていくしかない領域なんじゃないだろうか。打撃が開眼するまでは、すごーく時間がかかることだろうが、ある時を境に急激に打ちまくるようになる選手は現れるからなぁ…平沢とか、そろそろそのZONEに入らないの?マリーンズの高卒ドラフト1位野手で成功したのって、サブローまでさかのぼらないといけない?
サブローって他のチームだと1番、6番、7番あたりを任せるのが適任だった選手だよなぁ…「つなぎの4番」って…実は単なる「消去法の4番」だったよなぁ(それだけ打てる奴が他にいなかったという事!)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 08:53 | Comment(5) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
今回のドラフトで3名指名された時の動画観ましたが、正人監督すごく喜んでました。現役時代に苦しんだ経験を生かして指導した結果が実を結んだんだと思います。
個人的にはベイ6位の寺田光輝君が母校初のNPB選手になるので、育ててくれて感謝してます。

そう言えば、今日から球辞苑始まりますね(^^)
Posted by shin at 2017年11月11日 14:03
>shinさん

書きこみ、ありがとうございます。
そうですか、球辞苑、今年もやるんですか!
残念ながら昨日は見逃してしまいましたが、また木曜に再放送があるのかな?
貴重な情報、誠にありがとうございます。
Posted by mansengo at 2017年11月12日 08:37
渡辺正人のコメントで衝撃を受けたのは、「俺の言うとおりにしていれば、一軍に置いてやる。言うとおりにしなければ二軍に行け」という打撃コーチがロッテにいたことです。
これでは打てる人材はいなくなりますよね。
打撃コーチを無視できなくなりますから、いい加減な打撃理論にも付き合わざるを得ないです。
やはり打撃コーチの人選は大事なのではないでしょうか?
Posted by パンテーラ at 2017年11月16日 08:35
>パンテーラさん
書きこみ、ありがとうございます。
簡単に書きすぎてしまって誤解を与えるような表現になってしまい申し訳ございません…。
ただ、そのコーチ在任期間中でも打ってる奴は打って居た訳で、それが「そのコーチの言う事に従って結果が出て使われ続けた」のか「ものともせず自己流を続け、結果を出し続けたので監督が使わざるをえなかった」のかは判らないところです。正人は結局のところ、コーチの言う事に翻弄される性格だったという事も読み取れるところです。
相当優秀な打撃コーチが招聘されても割を食う奴は絶対現れますし、結局は選手の力量(人間力も含まれた底力)勝負で、コーチの当たり外れ等はそんなにはないと思います。
ただ、こういう事を言ってしまうコーチも人間的にどうか?っていうクエスチョンは付きますよね。でも意外と裏返すと迷いやすい選手に強い方向性を示す…云々で成功していたら美談化されかねない話だとも思いました。
Posted by mansengo at 2017年11月16日 09:02
mansengoさん
一応お伝えしておきます。
初回放送の再放送は27日。
次回の放送は25日。
http://www4.nhk.or.jp/kyujien/
Posted by shin at 2017年11月16日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。