最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年11月07日

優秀な3塁コーチと同じ視点でイニング間の動きを見る

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

「さーマリーンズの攻撃も終わったし、食い物買いに行こう♪」

ちょっと待ったー!
あなたは今一番見逃してはならない場面を、見逃そうとしているかもしれませんよ。

今年の日本シリーズで密かに村松コーチの存在がクローズアップされました。2戦目の今宮ホーム突入と6戦目のサヨナラの場面。一見「暴走」とも思えるような本塁突入を指示した3塁コーチの真意…。

2戦目の今宮のリプレー検証の末に覆った奴に関しては、その日ライトの守備に入っていた梶谷がシートノックに出てきていなかった時点で、
「おかしいな、何かある」
と、あたりをつけているわけです。
自分の推測が正しい事を裏付けるために、イニング間のキャッチボールを注視していたのです。そして、そのキャッチボールを見て確信したそうです。
肩なのか下半身なのかは判りませんが、とにかく村松コーチの目からは「普通の状態じゃない」
ことが判ったようです。なので勝負処でライトへ打球が飛んだら、
「多少無理でもトライしてみる価値があるな」
というイメージが出来上がっていたのでしょう。野球は常に準備が大切と言いますが「頭の準備」も欠かせないところだと思います。

6戦目のサヨナラ日本一ホームインの方は
「ほぼアウトだと思っていたけど、なかなかあそこでヒットが続くかなと考えたら、やっぱり勝負したいな」
と、かなり神頼みな部分もあったことを正直に語っておりましたが、これだって、後に続く打者と安打の出る確率とを天秤にかけて、「試合展開」を考慮した上での判断が出来ていると思えます。
そして…

あとは、慶三のここ1番のツキですね。やっぱりバッターですね、持っているか持っていないか。慶三はスクイズに失敗してから良くなかった。ここまでツキを溜めて、最後に一気に吐き出すような感じもありましたから

という、実際にヒットを打った打者が持っている「ツキ」に賭けているところが「新しい」と思いました(更にその選手の過去の「ツキ方」にまで言及しているとは…)。
データや自身の観察から判断した結果なら、周りから結果云々でとやかく言われることもないでしょう。でも臆面もなく「バッターの持ってるツキ」に賭けたことを3塁コーチが白状するのは勇気があると思うし、すがすがしいとも思いました。もっとも本塁投入が失敗に終わっていたら、猛烈に叩かれる「理由」だったかもしれません。でも何らかの理由で決断しなければならないのですから、監督以上に因果な商売です。

いい準備しているなぁ…と、いつも感心する外野手がいます。バファローズの駿太です。イニング間のキャッチボールではワインドアップ投法、投手が投球するまでの「間」でも、リズミカルに足を動かしていたりします。大和を獲りに行くみたいですけど、そうなると出番が少なくなるのかなぁ…?

味方攻撃中のベンチ前の投手のキャッチボールに関しても、いろいろと観察しているので、その辺から投手の状態や性格、「先発・リリーフどっち向き」なんてことがおぼろげに判ることもあります。この辺はまた別の機会に、いろいろと話していきましょう。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 13:07 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。