最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年10月17日

リーグNo.1打者対リーグNo.1中継投手【楽天の来年恐い若手】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

西武対楽天のクライマックス1stは2勝1敗でイーグルスに凱歌が上がり、福岡行きのチケットを掴み取った。
最終スコアは5対2になっているが、2対1状態のあたりは緊迫感が漂っていた。イーグルスが突き放すまでの攻防には見ごたえがあった。

負けたら終わりの両軍、レギュラーシーズン中では絶対に交替するタイミングではないところで、野上3回2/3、美馬4回2/3と両先発投手をマウンドから下ろした。
野上は手痛い2点目を喫して、更に2死3塁とされた場面でマウンドから降ろされた。この2点目は6番に下がったウィーラーのセンター前安打、岡島送りバントから8番枡田の時に、野上のフォークがワンバンになり、炭谷がボールを抑えきれず、更に見失い、ウィーラーが2塁から長躯ホームインしたというものだった。この時のウィーラーの第2スタートから3塁を回る時のスピードが素晴らしく、はじいた瞬間、「一気に2つ取ってやる」っていう野心をたぎらせて駆け出していないと、あそこまで早くホームへ帰ってこれなかったのでは?
その好走塁(?)と枡田がそこで終わらずツーベースを放ったことが、後々の8回に繋がっていた!

イーグルスが4回2/3で美馬を諦めたのは、打席に首位打者の秋山を迎えたからだ。必殺の高梨拳を繰り出し、高梨が左打者キラーの本領を発揮し、このピンチを乗り切った。
7回裏もライオンズは途中出場の金子の「執念の10球」の粘りからのセンター前ヒットでチャンスを作り、中村、外崎が倒れるも、今シリーズ絶好調の炭谷がつなぎ、再び秋山にチャンスで打席が回ってきた。
マウンド上のハーマンは、クイックが出来ない分を執拗な牽制と、間をかなり取って、投げ込むタイミングを1球1球変えることによってカバー(?)し、なんとか走者を釘付けにしているといった風情。
ここは迷わず必殺の高梨拳を…
ああ、もう使ってしまった!
で、8回を任されることが多かった福山を「予定より早く」マウンドに送らざるをえなかった。

地味ながら今年の福山は凄味があった。シーズン序盤は無失点を続け、松井裕樹が一番大事な時期に抜けると「代役クローザー」も務めた。
それでいて防御率1.06って…
4年連続60試合登板の男がですよ!?
チーム事情によって、コロコロと配置転換されながらも、何も文句を言わずに「酷使」され続け、なおかつ結果を出し続ける…
この痺れる場面、圧倒的アウェーで敵軍応援団が最高に盛り上がっている雰囲気、レギュラーシーズン中の疲れ(いや勤続の…)も貯まる中で、迎える打者が、
リーグ最強打者
って「酷」すぎませんか。でもハーマンで失点したら悔いが残るけど、サブちゃんだったら「託してもいい。彼が失点するならしょうがない」と首脳陣もファンも思い始めているのかな?

fukuyama20171016
最高の投球だった。この雰囲気の中、ここまで完璧に仕事をこなせるものか?2球目、4球目と、チャンスでやや前がかりになっているとはいえ、リーグ最強打者に「ストライクからボールになる」変化球で空振りを奪った。3球目のシュートは危ないコースながらも147キロ、力で抑え込むことが出来た時点で「勝負あった」。ものすごく見応えのある投打の対決だった。(この痺れる場面を乗り切っても、当然ながら「回またぎ」でもう1イニング投げさせられます!)

結局ここを無得点で切り抜けたことでイーグルスに一気に試合の流れが押し寄せた。西武もこれ以上の失点は許されないということで1点ビハインドながら既に「勝利の継投」に入っている。8回はシュリッター。
実は私、今年の春先ライオンズを最下位予想してました(ライオンズファンの皆様、スイマセン…)。ピッチングスタッフが厳しいだろうというヨミで…。
その下馬評を覆した一因に、8回のシュリッターが安定していたことも挙げられるだろう。今年打たれたホームランがわずかに「1」(小谷野)。
とにかく左打者の外角に逃げる軌道のツーシーム系の沈む球、本人は「シンカー」と言ってるそうだが、右打者左打者関わらず、このボールをふんだんに投げて、ほとんど150超えてる訳だから日本人打者が長打を打つのは難しいピッチャーだと思う。フォアボールから自滅している時以外は、比較的安定していた。

この究極の場面でもシュートのようなシンカーのようなボール「シュリッター」は暴威を振るっていたけど、一発のあるウィーラーを迎えて慎重になり、1-2からの捕手炭谷の連続内角要求にボールは大きく外れ、3-2となった。
「一発だけは避けなければならない場面。四球でもやむなし。ストライクゾーンに投げてはダメ」
こういう認識が薄かった。炭谷がアウトコースに構えても、ボールは真ん中低目に入ってきて、ウィーラーのスイートスポットへ…
配球というより、コンセンサスの欠如の問題だったのかな?炭谷ももっと大きなセスチャーが必要だったのかも。嶋だったら、大きくストライクゾーンをミットと右手で線で描き、
「ここの中、いらない」
と目の前で手を振って、芝居がかったゼスチュアを見せてくれるところだ(笑)

失意のシュリッターから岡島が四球を選ぶと、とどめは枡田。
日本人打者と思えないパワーで、決め球「シュリッター」を力負けせずにレフトスタンドに叩きこんだ。まさか自分が…シーズン1本しかホームランを許さなかった自分が…ポストシーズンの大事な場面の1イニングで2本食らうなんて…しかも非力と思っていた日本人左打者に自分のボールをレフトスタンドに流し打ちのホームランを叩きこまるなんて…
Oh My GOD!
というポーズが自然と出ていた。
シーズン最終盤、マリーンズはイーグルスと戦う機会が多かったので、イーグルスの選手をよく見ていたのだが、藤田と枡田の打球が(アウトになっているけど)外野フェンスギリギリ、遠くまで飛んでいるのが印象に残った。藤田は俺がマリンに見に行った試合でそのような打球を放ち、次の試合のオリックス戦でホームランを打っていたので「ああ、やっぱりバットが振れているんだな」と思ったが、CSではバントさせられたりで調子は落ちていってますね。対して枡田はグングン上げていってるのが判る状態。それにしても「戦慄の」ホームランだった。
あとソン・チャーホウ。このピッチャーも力のあるボールを投げていて、意外と四球で崩れないので「来年要注意の投手」だと思って見ていたが、レギュラーシーズンより先にポストシーズンでプロ入り初勝利を挙げましたね(笑)
実は終盤のマリーンズ戦に2試合2回1/3投げているんですが、
打者8人に対して奪三振5、被安打0
という結果なので、キリキリ舞いさせられた印象しかありません。
「おいおいポストシーズンで自信をつけさせるなよ…」
と思いながら、オコエと共に経験を積まれることを恐れながら見ている。(オコエの場合は平沢の発奮材料になる可能性もあるので「可」かも?)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:30 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。