最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年10月15日

初球からガンガン行ってるのに5四球選んでる西武打線の恐怖【則本撃沈】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

CS1st初戦、菊池対則本の「パ・リーグ左右のエース対決」といっても過言ではないぐらいのマッチアップだったが、呆気ない程簡単に勝負がついた。則本がマウンドにいる間しか試合を見ていないが、「則本のやられ方」に関して、今日は書いてみよう。

一体今日の則本はそんなに悪かったのか?
いや、そうとも思えない。ただ途中メンタルが崩壊したことは誰の目にも明らかだった。
1回裏に2点、3回裏に5点取られて、4回105球という信じられない球数で降板した。4年連続奪三振王になるぐらいだから球数が少ないタイプの投手ではない。が、しかし、その代名詞の三振も1個しか取れていないのだから、「ライオンズ打線どうなってんの?」って感じだ。メヒア、栗山を外した今日のスタメンが「今季のベストメンバー」だと思う。
秋山-源田-浅村-山川-森-外崎-中村-炭谷-金子
とにかくファーストストライクをブンブン振ってくる。先制2ランの浅村なんて、初球顔のあたりののけ反るようなボール投げられているのに、次のインハイの「普通打ってもファールだろ」っていう角度で入ってくるボールを、うまく腰を回転させてレフトスタンドに叩きこんでいた(昨年「球辞苑」で内角打ちの極意を語っていた事を思い出した)。打ち方もそうなんだが、初球のアレを見せられての2球目でこのスイングが出来ることに戦慄…

そのクセ、3回なんて各打者ボールを見極めて、四球で歩くバッター3人に「甘いファーストストライクを逃さない輩」が絡んでビッグイニング。
確かに則本のレギュラーシーズン中の対戦成績も
1勝2敗 防御率5.76
と、飛びぬけて西武戦の成績は悪い。でも奪三振率は他と変わらないし、与四球もそこまで多くない。しかし被打率が3割に乗っかってる(ちなみにロッテ戦は.206な)。うまく走者が貯まっているところで、一本打たれているのだろう。
今日もいいボールを放っていたと思うよ。でも…
「西武打線相手だから、ボール1個分でも甘くなっちゃいけない」
「相手はウチ(楽天)に8勝0敗の菊池だから、これ以上点はやれない」
「今日の球審、アウトロー取りやがんねーな!」
っていうプレッシャーが失点する度に「いらだち」に変わっていき、最後は完全に「切れた」状態で投げているんじゃないかと思えるぐらい、酷かった。
結局上記のプレッシャーが試合状況の変化によってかかり、勝負前には「強力西武打線から逃げない」と誓っていたはずなのに、どうしてもストライクを取りきれなかった。初回、2番の源田にスライダーが切れすぎて膝に当ててしまった。ところが当てているにも関わらず、「スイング、スイング!」と源田の空振りを主張するぐらい気合が入っていた。スローVを見るかぎりでも「完全にバットは止まっていない」と思えるものだったし、あの辺から審判への不信感は募っていた。結局この気持ちを引きづったまま浅村に先制2ランを浴び、初回から完全に相手ペースの試合にしてしまった。
スライダーが曲がりすぎて、打者に当ててしまったことにより、このボールが使いづらくなり投球の幅が狭まってしまった部分もあったかもしれない。ライオンズ打線がそれを消せた分、狙い球を絞りやすかったのかも?スライダーの曲がり幅を小さくしようと調整してきた雄星とは対照的な、スライダーの「出来」だった。

西武は地味だが、外野守備が完璧だったことも、試合の流れを引き寄せる要因だったと思う。初回2点を先制した直後、雄星が銀次に三塁線を破られるヒットを打たれる。完全に破った訳だから「ノーアウト2塁」と反撃の狼煙をあげるにはうってつけの長打になるはずだったが、なんとシングル止まり。これはレフト金子のポジショニングと打球への寄せの速さが生み出した「隠れたファインプレー」。結局次打者島内の送りバント失敗併殺という結果も、このプレーに起因している気すらする。
更に7対0と大きく点差がついた4回表にもペゲーロがライト線に飛ぶ、フェンスにワンバンで当たる痛烈な当たりを放つのだが、これもシングル止まり…打球の速さの問題もあるが、外崎のクッション処理も完璧で、余計な塁を与えないことで、相手に反撃する「隙」を与えない試合運びが出来ていた。

この試合、解説・片平、ゲスト・引退したばかりの片岡というゴンドラだったが、片平の打撃解説がものすごく細かいところまで言及していて、非常に参考になった。
第1打席の源田の構えを一目見て「グリップを上げましたね。調整期間中にフォームの修正をしてきたんでしょう」と指摘。もうこの辺の観察力からして、信頼のおける「目利き」であることが判る。
さらに山川のアウトステップが理に適っている、と。確かに山川はホームランを量産し始めてから、警戒され、インサイドに投げ込まれることが増えてきているからかもしれないが、アウトステップすることによって「つまる内野ゴロ」になっていない。スライダーでかなり外のボールを振らされている印象も強いんだが、不思議と追い込まれてからはバットが止まるんだよね…早いカウントとステップの位置を変えてきているのかもしれない。そうなるとフォアボールも選べるようになるし、率も下がらない。山川の躍進はこのあたりの工夫にあるんじゃないかと、今日見てて思った。(片平さんが「アウトステップ」というヒントをくれたんで、ステップの位置を観察するキッカケをくれた)

炭谷銀仁朗が猛打賞。守備でも島内のバント失敗ゲッツーに追い込む機敏な動きを見せ、雄星を助けていた。元同僚の片岡が銀ちゃんの活躍に目を白黒させ、アンパイじゃなくなっている事に驚いていた。
「今までだったら、ショートゴロだったはずなんですけどね…」
一緒にやっていた頃は、かなりベンチから野次っていた気配アリアリだ(笑)片平がバットが内から出るようになってきているので、(かつてはショートゴロになってしまっていた振りが)ファールで逃げられるようになって、淡泊な打撃じゃなくなってきていると評していた。今年の打率は.251。捕手の打率と思えない位「ハイアベレージ」だ。
前に文化放送で炭谷が平安から入団してきた頃にホームランを連発していた話題になった時、解説の石井が「凄く打てるキャッチャーが入ってきたなと思いましたが、打撃に関してはそこがピークでしたね。」とヒドい事を言っていた。彼の本当の打撃開眼はプロ12年目の2017年でしたか。

炭谷とは対照的な結果に陥っている嶋の打撃不振に関しても、片平さんは言及していた。
右狙いすぎなんじゃないでしょうか?右を狙うのはバッティングの基本ですが、しすぎると腰がうまく回らなくなってくるんですよね」
と、あまり語られることの無い右打ちの弊害にも触れていた。
いや〜、今までは「気のいいオッサン」ぐらいにしか思ってなかったんですが、独自の打撃理論を持ってそうで、もっと話を聞いてみたいと素直に思った。

それにしてもレギュラーシーズン同様に則本を打ち崩したライオンズ。つながりだしたら止まらないイメージがある。初球からガンガン振ってくるクセに、要所では四球を選んで、つなぐ…浅村は1打席目は2球目を本塁打で、2打席目四球。逆に山川は1打席目四球で2打席目は初球を安打。積極性とつなぎの意識が高い水準でミックスしていて、理想的な攻撃が出来るメンバーが揃った。手負いのホークスより野手に関しては明らかに状態は「上」。それにしても好投手・則本の攻略に関しては、秘策があるレベルなのか?それとも各人の状態が上がってきているから、当然の結果だったのか?それぐらい見事な攻撃で驚かされました。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 01:28 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。