最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年09月15日

加藤翔平の逆転3ランが飛び出る前2打席について

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨日の試合は3-4の9回表2死から、加藤翔平の逆転3ランが飛び出して勝ったが、翔平のその前2打席を見ていると、
「大丈夫か、翔平。さすがにそこはウェイティングだろ…」
と思った。その理由と背景、及び3ランの場面を振りかえろう。

まず5回表の3打席目。田村が3球目、高濱が初球を打って4球でツーアウトになっていた。2対1と1点勝ち越している状況で、仮にここで少ない球数でチェンジになってしまうと相手に流れがいきやすい。なのでトップバッターをおおせつかっている翔平も、その辺を理解した上で打席に入っているかと思えば2球目のアウトサイド低目のカーブに手を出し、センター前ヒットを打ちやがった。百歩譲ってファーストストライクを叩きにいっていいとしよう。でも、アウトサイド低目のカーブなんて狙って行くか?凡打になる確率が高そうなボールに手を出している訳だから…ど真ん中近辺の真っすぐなら判るけどね。(翔平の対右投手外角低め打率は.269あることにはあるが)

さらに8回表の4打席目。状況は前の回にダメを押され、2対4の2点ビハインドに変わっていた。ここは是が非でも出塁して、なんとかこちらに再び流れを引き寄せたいところで初球のチェンジアップにセンターフライ…
いや俺はねファーストストライクを積極的に狙って行くのは全然いいと思っている人だけど、「状況的に」「役割的に」マズい場面ってあると思うのよ。翔平がそこを判ってて手を出しているのか疑問に感じてしまう2打席だったのよ。
「おいおい、また干されちゃうぞ、そんなことしてたら…」
と感じざるをえない2打席だった。

翔平の強運はもう1打席回ってきたことだ。投手が有原からクローザーの増井に代わっていたが、前の打者・代打清田が「抜けフォーク」で三振に倒れた。
ジャスト・ルッキング!
のウザいアナウンスと共にウィンドー・ショッピングしただけでベンチに帰る清田…(まあ、あれは打者としては対処のしようがない)。でも昨日の清田の打席での立ち位置が若干ホームベース寄りに変わったと感じたのは俺だけ?
「初めて投じたフォークが抜けたが、ラッキーにも見逃し三振に取れた。この投手心理をネクストから見て翔平はどのように考えて、この打席を送るのか?その辺が見物だな」
と思う。皆さんはどう考えますか?この場合フォークは投げづらくなると考えるのが普通です。なので真っすぐが来る確率が高まると、読める訳です。

katou20170914_5daseki

ところが2-0からのフォークに手を出しやがった!見逃せば3-0になるところ、前2球を見逃し、それより若干高目に来たから振りに行って落とされたのか?球種云々ではなく、この状況で、外角低目に手を出すところに危険性を感じる訳です。ファーストストライクを振りに行く事は全然いいんです。でも「狙いを絞っているのか?」に疑問を感じる3打席だったので、トップバッタータイプとして生きていく上で、状況的にウェイティングを選択してほしい場面があることを感じてほしいと思った次第です。まあ、そういう事気にせず最高の結果出しちゃうところは凄いっすけどね。
福浦にも「初球から振っていくことは、プロの打者でもなかなか出来ないことだから、その良さを失わないように」と、食事の時に言われて感激したらしいけど、それも時と状況によるだろ…と思った夜でした。
ちなみに翔平の4本の本塁打は初球「2」、3-1からが「2」で、初球の次ぐらいに出やすそうなカウントではある。

試合的には見所が多かったが、有原対ペーニャの4打席目の対決が印象深いかな。4対2で勝っているピッチャーが走者3塁でホームランバッターを迎えました。こういうところで簡単に敬遠指示を出すのがKOTESAKI流野球でした。有原はペーニャに2発放たれて苦手にしているバッターのはず。それでも「一発で同点」の場面でしっかり勝負に行っていた。
そこまで終盤チェンジアップが多めだったのでペーニャもそこを意識していたのかもしれないが、有原は真っすぐでグイグイ押した。この姿勢。マリーンズの伸び悩んでいる中堅投手に、是非とも見せたい場面だ。結局こういう恐怖に打ち克って勝負しなければならない場面で敬遠指示を出すKOTESAKI流野球やってちゃ、選手は絶対に伸びないという事。(大体順位的に失う物はないはずなのに、目先の勝利優先で簡単に敬遠の指示を出すんだからなぁ…)

ま、でも昨日は「パルキー・オン・ザ・ステージ」だったな。初回の角中のあたりを好捕したかと思えば、ランニングホームランにしちゃうし、せっかく関谷攻略のキッカケになりそうなマリーンズの連続エラーの回に牽制アウトになっちゃうし、ダメ押しで荻野のセンター前ヒットをツーベースにしちゃうし…昨年「優等生」に変身したパルキーが、一昨年までのチャラチャラ野球に戻っちゃった夜でした。個人的には嬉しいけど(笑)
必殺の牽制をまたもみせてくれた関谷はお見事。あの連続エラーで無死2,3塁の回を、相手の拙攻にも助けられているけど、自らの「技」で凌いじゃうのだから。この前、「久保+小野晋吾」なんて書いちゃったけど、それはさすがに久保、小野晋吾に失礼だね。これじゃ両者を単純に足し合わせちゃってる(笑)
「(久保+小野晋吾)÷2」か。
それと荻野の走塁も見事すぎた。12日のオリックス戦でのショート犠牲フライに引き続き、抜け目ないというか。でもライトの松本は翔平の右前打の時、しっかりチャージからの素早い返球で2塁を伺う翔平を1塁に釘付けにしていたし、やはりパルキーの「シングル止まり」セルフジャッジを問題視しないといけない場面か。

両軍、来年へ向けてのゲームだったが、思いのほか好ゲームになって、見る側としては「そういう野球をやってくれ」という要望に応えるものになっていた。
でも内取締役はフォークばっか放ってましたね…やっぱスライダーに自信が持てなくなってきたのかなぁ…

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

そんな中、覚悟はしていたけど飯山さんの引退表明報道が来たね…寂しいね。



posted by mansengo at 09:27 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。