最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年09月07日

3度3点差に突き放す本塁打放って追いつかれる…【チェン、生き急ぎ投法】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

「あんたら、アタイに任せればいいことが判ったろ!」

昨日の試合はほぼ通しで見れた。BSで放送されていたので、そちらで見る。

序盤は静かすぎる投手戦。ていうより、早ぇー。確か1時間、19時になったかならないかで、もう5回だった。
その原因の一つがチェンの
「生き急ぎ投法」
なんか英二にでも入れ知恵を入れられたのか、とにかく凄まじいテンポで投げ込んでいた。たまらず間を持たせようとするライオンズ打者陣…。このテンポの良さにつられたのか、球審もアウトコースがかなり広くなり、打者が「え?」と驚くようなところでストライクを取ってもらえた。球審をも巻き込むチェンのソワソワっぷり。
岡本は毎回不思議投球を繰り広げている投手。防御率5点台で6勝を挙げているんだから…あ、マリーンズには誰もいなかったっすよね?6勝投手。立ち上がりから「甘いところに来ているのに、打ち損じているな…」と思ったが、二廻り目は(点を)取ってくれることに期待が持てそうだった。案の定、4回にペーニャが死球の大地を1塁に置いて、甘く高めに入るスライダーを完璧に振りぬき、場外にボールが出ていくような特大2ラン。更に5回は吉田が1-2から、肩口から曲がってくるカーブを狙いすましたように左翼席へ。「吉田のホームランゾーンって、あの辺だったよなぁ…」っていう事も併せて思い出す。

チェンの出来を見ていると、この3点差は大きいように見えた。
が、チェンもツメが甘かった。せっかく3点差にしてもらったのに、その裏先頭打者への四球。2死まで漕ぎ着けたが、それまで判定にも助けられて抑えていた秋山に一発を食らい、あっという間の1点差。
6回表に味方が2死から角中のヒット、奨吾のフルカウントからの本塁打で再度3点差に突き放すも、その裏、2死から2つの四球を与えマウンドを降りた。飛ばして来た反動もあるんだろうが、最後の印象が悪いな…
で、マウンドを譲り受けた南。やはり迷宮入りしているのか、真っすぐが走らず、フォークのキレも悪い。4人の打者に対して2四球1安打で2点取られ(いずれもチェンの自責)、秋山を2死満塁で迎えるというトンデモナイ事態を招く。結果的にファールフライに打ち取れたが、ここで同点に追いつかれたり勝ち越しを許していたら、最終的な勝利も無かったかもしれない。

マリーンズは7回表、先頭の代打加藤が初球をセンター前に運ぶ。代打で出てきても初球から行けた事に翔平復活の狼煙を見た。しかし続く吉田がバントを2球見逃しツーストライクと追い込まれ、更にスリーバント失敗…ああ…こりゃダメだと思った。ネクストにパラデスが立っているという(いろんな意味で)絶望的状況。で、そのパラデスが流し打ちの2ラン!たしかペーニャが加入した頃は逆方向への安打が増えて、兆しが見えた時期もあったけど、再び光を見つけたのか?まあ時すでに遅しだが…とにかく、これで3度「3点差」に突き放した。7回だし、さすがに、もう追いつけまい。

ところが大谷が栗山に一発を浴び2点差。更に四球と代打メヒアのヒットで2死1,3塁とピンチを招くと、前日敗戦投手になった松永を秋山にぶつけ、なんとかファーストベースへの「競争」に勝ってアウト。2点差のまま9回へ。そして問題の人です…

seibu20170905 (16)

↑ 前日投げ込みを行わず、アップだけしていた内

内のスライダーが西武打線に見切られてきているっぽいんですよね…「縦スラはボールになる。だから見逃せ」と見逃し三振是認の橋上戦略的攻めを食らい、結局2点差を守り切れず。
中でも一番驚いたのが、山川への敬遠。1点差に詰め寄られて1死2塁の場面で、サヨナラの走者を許す敬遠をするか〜?いや、この時の山川は瞳孔が開いちゃってて「マジ危ない人」って雰囲気を醸し出していたが、それにビビッたようにストライクが入らなくなり、最後は歩かせた。「格」の問題もあるし、この敬遠はショッキングな対応。ヘビに睨まれたカエルのように追い込まれ、結局は追いつかれ、更に1死満塁という絶体絶命の状況から2つのアウトを取らないといけない場面になったが、ここを切り抜けた。外崎を打ち取っても、まだ代打金子が残っている時点で「負けるな」と思ったけど、最後の最後で踏ん張った。
ライオンズも.288の金子や19本塁打のメヒアがスタメンで出れないのだから多士済々。最後はリミッター解除して「DH→捕手森」の奇策まで飛び出し、国家総動員法発令の非常事態に入っていた。

10回抑えの増田から1死後、荻野が安打で出塁。ここまで4打席音無しだった大地が1・2塁間を破り、荻野を3塁へ導く。そしてペーニャが犠牲フライを打ちあげ再度勝ち越し点を奪った。
増田って肝心な所で打たれているイメージがある。確か西武が破竹の10何連勝して「ホークスを3タテすれば、あるいは…?」っていう8月初めの頃のゲームで、延長10回に増田が松田にタイムリー打たれて負けたゲームがあったじゃないですか。このゲームを取って勢いを持続していれば、ホークスとの差ももっと詰めていて、昨日のようなゲームも取って「あるいは逆転優勝」もあったかもしれないと思うのだ。あのゲームは昨日のゲームより、もっと凄まじく、1対7の6点差の8回裏から、8回9回で6点取って追いついていた(まあ、それら全部勝つぐらいじゃないと、追いつけないゲーム差ですけどね)。

試合自体はロッテ西武の関東ダービーではありがちな泥仕合でしたね…でも、シーズン序盤はこんな打ち合い、望むべくもなかったので「ようやく殴り合いが見れた」という満足感にも浸れたゲームでした。
最後はピッチャーがいなくなって、プロ初登板の成田を10回裏のマウンドに送るというヨレヨレな勝利でしたが(笑)
成田は緊張からか、自分のボールが行ってなかったけど、縦回転のいいフォームしているね〜。溜めも利いているし、小柄だけどリリースポイントが高く、角度のあるボールを放れる投手だと思った。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:38 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。