最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年08月28日

二木対デスパイネ(良くもなく)、二木対松田(悪くもなく)が全ての試合

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

井口が「若手選手に出場機会を譲ってやってほしい」と自ら身を引くことを決断し、引退試合を除くと、昨日の試合が最後の出場になったようだ。引退試合後の福岡の試合にも出てくるんじゃないか…と予想していた俺の読みは外された!
でも自ら2軍行きを選んだのが「来年戦力になりそうな奴を把握するため」っていう理由じゃなきゃいいんだが(笑)

打線は和田-モイネロ-岩嵜-サファテの前に3安打11奪三振と捻られ、まったく勝機のない試合だった。井口引退リサイタル福岡興行編なので、4番起用は致し方ないものとして、2番翔太、3番清田という謎の「和田対策」打線を組んだKOTESAKI流。この2,3番が和田の前に3三振を食らい、敗戦を象徴づけた。しかし和田って、これが故障明けなのか?故障前よりアップグレードしているような気もするのだが…1廻り目は殆ど真っすぐオンリーぐらいで押して、2廻り目はそれに合わせてきているマリーンズ打者陣をあざ笑うかの如く、カット・スライダー系のボールで簡単にカウントを稼ぎ、チェンジアップで抜いたり、やっぱり真っすぐで押したりと自由自在。松坂世代だから既に36歳なんだけど、同世代の投手達と比較すると「若々しすぎる」内容の投球を見せつけた。

孤立無援の中、2試合連続完投敗戦を記録した二木。ポイントはデスパイネとの対決となった。昨日見ていて、デスパは
1打席目 変化球狙い スライダー → レフト前安打
2打席目 真っすぐ狙い ストレート → レフトオーバー先制タイムリー
3打席目 変化球狙い フォーク → レフト前タイムリー
と、打席毎に狙い球を変えていた事を、打席内のタイミングの計り方で見ぬけた。
「田村は近くにいて感じないのかなぁ…」
と思う位、デスパの狙いの方を投げさせてしまっていたような気がする。2打席目は直前の真っすぐにマン振りしてきて(結果:空振り)いるのに、更に真っすぐ要求…1打席目変化球でやられているから、真っすぐで押したのか?
伊東監督は「デスパイネに対して変化球中心の逃げの投球をしていた」というような事をコメントしていたが、デスパって、かなり狙い球を絞って「ヤマを張ってくる」タイプのバッターだからトンチンカンなことを言ってると思うぞ。
変化球は二木のフォークに的を絞っていた感じだが、1打席目はスライダーを叩き、3打席目は「本狙い」の方のフォークをバッテリーは使ってしまった。よだれをたらさん勢いで振ってきてたぞ。

二木が大けがをしなかったのがデスパイネを単打で抑え、次の松田を確実に仕留められたから。
1打席目 無死1塁 併殺打
2打席目 無死1,3塁 併殺打
3打席目 無死1,2塁 三振
4打席目 無死満塁 三振
全部「無死」のおいしすぎるビッグチャンスに打席に立ちながら、最悪な結果を量産し続けた熱男あらため冷男。これ全部本塁打打てれば8打点上げれてますね。まあ2打席目は併殺の間に1点入れているので、一応貢献しているといえば、いるような気もするが…(打点は付かないが、三振だったら点が入らないところを、ゴロ打って三塁走者は迎え入れている)
この松田に対して、2打席目はゲッツーシフトで「1点やむなし」という形で守らせたが、4打席目は無死2,3塁で前の打者デスパイネを敬遠させて、満塁にした上でバックホーム体制シフトを敷く。
「なるほど、冷男勝負ね。二木は敬遠のヨツダマまで投げさせて交替か…」
と思ったら続投!よく、この状況で凌ぎきったよな。8回裏、あの試合展開であれば、4点目入れられれば「終了」だから、「絶対に0点に抑える、1点以上入れられてしまうなら何点でも一緒」の満塁策で致し方なしの場面か。もっとも3点差でサファテが手ぐすね引いて待っている事を考えると、「既にどっちでも一緒」っていう気持ちで見ていたけどね(笑)
冷男、期待に応えて三振。「翌日には引きづらない」と言っていたが、前の日のタイムリーエラーから、いいところナシ。

「二木対塁上に走者が貯まった状態でのホークスの5番6番」
これが全てのゲームだったが、(その前の)絶不調状態だったギータに3本打たれてしまった。1本目は完全なラッキーヒットで二木からすると不運なだけだったが、2本目はコースヒットくさいが一応外野まで打球を運び、3本目は手応え十分。不調なバッターも「H」のランプがつくたびに調子を取り戻してくる。前の2戦は柳田が眠ってくれていたから勝てた面もあったが、やはりこの男を揺り起こすと、うまく行かなくなる。

こういうハードな面子とのガチンコ勝負の経験を糧に、ステップアップの足掛かりにして頂きたいと思った一戦だった。
監督のコメントはもはや他人事。
「よくも、悪くも、序盤は変化球が多すぎた。途中から直球を多めにさせた。二木が打たれる時は、インコースを攻められていない時。ただ、最後(8回無死満塁)は、よく抑えた。完投能力は上がった。来年はローテの軸として、2ケタ(勝利)は狙える投手になって欲しい」
2打席目はデスパも真っすぐ狙いだったんだけどね…この根拠のない真っすぐ多目指示に精神論野球を感じてしまう。監督の暴走を止められない戦略コーチって、どんなデータを提供しているんだ?

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 08:26 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。