最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年07月28日

投手や打者はなぜ一旦顔をベンチの方向に向けるのか?

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

持っているモノが違うと思われながら、なかなかブレイク出来ないでいる選手が結構いる。
マリーンズでは中村奨吾がその代表格で(最近パラパラ打ち始めてきたけど)、ファイターズでは岡あたりがそうなんじゃないだろうか?昨年の日本一への貢献度から背番号「18」をもらい、外野の定位置確保は確実と思えたところ、ジャイアンツから来た大田にポジションを譲っているという現状…。

この選手の打席で特徴的なのが、打席に入ってピッチャーと正対する前に必ず1塁ベンチ方向へ顔を向ける。バットを見ている訳でもなく、精神統一の一環のように呼吸を整えるだけのルーティーン(よく見ていると息をスーッと吐いている)かとも思うが、一体何か意味があるのだろうか…

ある週刊誌に斉藤和巳が書いているコラムが連載されているのだが、そのコラムにその秘密に連なる話が書かれていた(これは岡の場合では無く、和巳の現役時代の話なので、違う理由かもしれないが…)。
オリックスのルーキー黒木の最大の武器を不調時の修正能力であると掲げ、自分の現役時代に不調時、どのように修正したのか、その修正ポイントを列挙して説明しており、興味深く読ませてもらった。
その中でやはり呼吸の話も出てきていた。ヨガの先生を招いて朝晩レッスンを受けていた…というところまで踏み込んでいたようだ。(マリーンズの選手の中にはマリーンズヨガガールを活用している奴はいるんだろうな?)

そして彼のフォームの特徴でもある「右足を上げた後、一度三塁方向を見てから投げる」行為だが、彼はそれを「意図的にキャッチャーから目線を外すことで、目線のバランスを取っていた」と説明している。
ずっーーと見続けることで目線がブレることって、ありますよね。おそらく見続けることより、一旦「目線を切る」ことによって、そのバランスを保っているのでしょう。
大なり小なり、あるいは意識的無意識的の違いこそあるけど、選手は皆これをやっていると思う。和巳や岡は、それを自分の中で意識付けするためにも、あえてオーバーに「目線を切る」行為を入れているのでしょう。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

先週末から今週のウィークデーゲームまで1週間5試合、1試合も見れなかった…。



posted by mansengo at 09:23 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。