最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年07月23日

JRキューポ乱獲の旅のはずが九州オートチャージ放浪記に…

HOMEnanaco・Edyなど電子マネー > この記事

ooita201707 (7)

福岡にもない、JQ CARDエポスのカードカウンターがある大分(現状、JQ CARDエポスの専用カウンターがあるのは大分と鹿児島だけかな?)。駅ビルは巨大で、その屋上には天空にそびえるような「お堂」も見えます。
写真には写っておりませんが、この左側にある別の高いビルの屋上は、大分の街を見下ろせる天然温泉の「露天風呂」になっており、おんせん県の面目躍如たる威容を誇っております(こちらの入場にも「JQ CARD」の割引が効きます!)。
「JQ CARDエポスユーザー憧れの街・大分」を目指し、SUGOCAにJQ CARDエポスからオートチャージして準備しましょう。今回のJRキューポスタートダッシュキャンペーンはJQ CARDもさることながら「SUGOCA」利用でキューポが貯まる企画が多いんです。勿論SUGOCAに現金でチャージしてもいいところなんですが、そこもクレジットカードからチャージして「両取り」出来なければ、このブログの名折れです。(その掟ゆえに翻弄される旅行記の始まりです)

SUGOCAオートチャージには2016年に対応完了済みです
更に今回の旅に備えて、それまでスマートICOCAチャージ用に「JR西日本」に指定していた、エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」を「JR九州」に変更指定して、万全の構えです。「選べるポイントアップショップ」に指定したところは、ポイントが3倍になる、エポス特有の特典です。

大分空港に到着し、バスで宿のある別府を目指すんですが、途中「杵築」という街で観光する予定を入れました(これもオートチャージを実行するためのワンクッション)。
バスの券売機が空港内にもありました。
ooita2017s (2)
あ、Edyが使える!!
Edy専用の券売機もあります。バスの切符をEdyで買えるのです。岡山にもあって感激しましたが、あるところにはあるんですね…。

ooita2017s (3)
そのお隣には「めじろんnimoca」用の券売機も。「めじろんnimoca」とは「nimoca」の大分県バージョンで、nimoca他、SuicaやSUGOCAなどの交通系電子マネーとも相互利用可能ですから、SuicaやSUGOCAでも買えます。買えますが、nimocaで買えば「nimocaポイント」が付きますから、nimoca有利です。ちなみにこの段階ではSUGOCAの残高は0ですので、SUGOCAで買う事は出来ませんでした。SUGOCAは前述の通り、「ポイント3倍」状態になっているのでオートチャージさえ出来れば高還元に出来るところなんですが、とにかくオートチャージさせなければ真価を発揮できません。
更にこの右隣に「クレジットカード専用の券売機」もありました。大分空港のバスは「現金」の他、「Edy」「交通系電子マネー」「クレジットカード」といった支払方法でもバスに乗れる訳です。

ooita2017s (1)
まず「杵築」の町を目指しますので、リムジンバスの「杵築IC」というバス亭までのチケットをEdy券売機で買いました。
九州を旅行する上で気を付けなければならないのが、「街の中心地にバスターミナルがあるけど、駅からは遠く離れている」ケースが多いことです。この杵築も「街」と「駅」が離れていることは事前調査で織り込み済みです。ところが「杵築IC」と「街」も離れていることまでは理解しておりませんでした…(この時までは「杵築IC」と「杵築バスターミナル」が同一箇所にあるかとも誤解しておりました)
バス亭で右往左往して判断つきかねるので、近くにいる職員らしき人に聞いてみました。
「あの~、杵築IC行きを券売機で買ったんですけど、これで杵築に行く路線バスには乗れないんですか?」
「それは高速バスのチケットよ。どこ行きたいっと?」
「杵築の町中です」
「杵築ICは高速道路の近くだから何もなかっとよ。町まで、そこからタクシーを使わんと」
「アチャー、じゃあこれ(チケット買ったのムダになってしまうけど)を諦めて、普通に路線バスに乗ればいいんですね…」
「あそこにおる人に、そのチケット返せばよか」
自動販売機でEdyで購入した乗車券でしたが、現金で返金してもらえました。
(やってしまった…Edy現金化)
いや、もちろん故意ではないんですが、気分は良くないですね。マイルは付けなくて結構ですから(でも付いてしまったりするんだろうな…)。

つまり「杵築」は「JR杵築駅」と高速バス用の「杵築IC」、さらに路線バスの「杵築バスターミナル」という3つのスポットが、いずれも離れている場所にあるので、間違うと地獄です。街中を観光したい場合は「杵築バスターミナル」を目指すのが正解です。なので高速を走る別府や大分行きのリムジンバスではなく、路線バスに乗らなければなりません。
大分空港のバス乗り場は皆、高速バスを待っており、路線バスのホームで待ってるのは僕だけ…大分空港は途中バス亭らしく、乗ってみると2人の「先客」が乗っておりました(後で調べてみると、国東方面から大分の中心部を目指すバスのようです。かなり距離ありそうですが…)。

ooita201707 (2)
杵築は風情のある城下町で、武家屋敷の街並みが残っております!
日本でただひとつの「サンドイッチ型城下町」と言われているそうですが、坂のアップダウンが激しい箇所があって、折り重なるように古い家が建ち並んでいて、まさに壮観でした。

ooita201707 (3)

1時間強程度街歩きをして、杵築バスターミナルに戻りました。
ここから杵築駅までは路線バス。随分小ぶりなバスで、マイクロバスのような観光バスのような…「国東観光バス」という社名が入っておりました。大分交通かと思っておりましたが、Wikipediaで調べると大分交通の100%子会社でした(こちらにその小ぶりなバスの写真も掲載されております)

ooita201707 (4)
杵築駅に到着しました。こちらも城下町を感じさせる駅舎ですね。
ooita201707 (5)
そんな杵築駅の掲示板にも「JRキューポ」のポスターが…。

ここで「一作業」する必要性があります。それは「SUGOCAオートチャージの設定変更」です。今回の旅のミッションを遂行する上において、「SUGOCAにそれなりの残高」が残っていないと、お話になりません。かといってSUGOCAに現金チャージするのは「負け」です。エポスゴールドカードの2%超のポイントを取り逃してしまいます。
2016年に初めてオートチャージ設定した時は「残高が1,000円を切ったら、1,000円チャージ」とミニマムな設定に変更してしまっておりました。それを今回一気に10,000円ドーンとチャージ出来る設定にしておく必要があるのです。

ooita2017s (4)

ooita2017s (13)

ここで、まさかの「しくじり」をしてしまいます。
券売機の文字を見ずに設定してしまったのが原因でした。
JR九州の券売機は「オートチャージ設定金額変更」の画面、
「オートチャージ入金金額」
「オートチャージ判定金額」
の順になっておりました(上の2枚目の写真参照)…これ関東風と逆だと思われます。関東風の場合、
「何円切れば、何円チャージ」
という順だと思います。上が判定金額、下が入金金額のはずです。 (※追記…JR東日本はJR九州と同じでした。でもPASMO陣営はやはり「関東風」です。PASMOでしかオートチャージ設定変更したことがありませんでしたので、SuicaがSUGOCAと同じなのは知りませんでした)
残高1,000円切れば、10,000円チャージしたいと思っていた今回、(項目の文字をよく確認せず)何の気なしに、
上段 1,000円
下段 10,000円
という、普段の流れのままに数値を入力してしまいます。
つまりJR九州では
「入金金額 1,000円 判定金額 10,000円」
になってしまい、「残高10,000円切ったら、1,000円チャージ」と、やりたい事と逆の設定になってしまったのです…。

これに気付くのが電車に乗った後、「ICカード残高読み取り」という「おサイフケータイ」アプリに付いている機能で、スマホにSUGOCAをかざして残高を確認した時です。SUGOCAの残高が
870円
と表示され、「ほえ?」となりました。
9,870円になっていると思っていたのです!

ooita2017s (5)
残高1,000円ピッタシじゃないのは、早速駅構内で水分補給したから(130円のジュースを買った訳です)。
ご覧のように「JRキューポがたまる!」自販機でした。キャンペーン期間中のみ、SUGOCAによる自販機の飲料購入でもポイントが付きます。

ooita2017s (6)
この瞬間のために、ここまでのどの渇きも我慢してきたんだぜ、ベイベー!

別府に到着して、まずはホテルに荷物を置き、ひとっプロ(温泉)浴びます。
ひとまず旅の途上でかいてきた汗を流し、再び出かけます。本来は別府の町を散策しようかとも考えていたのですが、初日から大分に行く事にしました。何はともあれオートチャージさせないと、この旅は何も始まらないのですから。

ooita2017s (8)

そこで別府駅のSUGOCA対応券売機で再びオートチャージの設定をいじります。
入金金額 10,000円
設定金額 1,000円
これで本来したかった「残高1,000円切ったら、10,000円チャージ」になりました。杵築駅で130円のジュースを買い、杵築-別府までの運賃が引きぼられておりますので、既に1,000円以下になっている訳ですから、あとはオートチャージを待つだけ。

ところが…

大分駅に着いたら、SUGOCA残額
130円
になっております!!
おいおい、どうしちまったんだ、俺のSUGOCAちゃん。
こんな重要局面で萎えるのか…ICがEDになっちゃってるよ

そこで大分駅で状況の方を説明し、職員の方に原因究明に動いてもらいました。まず、別府から大分までの運賃をリセットして、もう一度改札口を通るように促されました。それでもオートチャージは実行されず、残高130円のままです。
「もしかしたら1日に2度設定変更したら、翌日になるまでは新たな設定にならない縛りなどが存在するんじゃないですか?」
筆者は当初より、この辺が怪しいと睨んでおりました。いろいろ規制しないといけない中で、不当なオートチャージを避ける防御策があると思います。交通系ICカードの残高が最高20,000円までに規制されているのも、この一環でしょう。筆者がネットマイルのポイントを3倍にしてnimocaで受け取る九州の旅を敢行した昨年も、この壁をどうクリアさせるかに頭を使い、準備しました(まあ現在は出来ない方法になってしまっておりますが…)。

職員さんは「そんなことはないと思います。過去にも無かった」と答えてきます。「お時間の方は大丈夫ですか?」もとより覚悟の上で、この問題解決に当たっているので「大丈夫です」と答えました。職員もワラワラと何人か寄ってきて情報交換したり、関係部署に電話で問い合わせたりしてくれておりました。くれましたが、10数分待って、出てきた回答が、
「こちらでは、どうしてそうなったか判らないので、おそらくクレジットカード会社の方の何らかの規制にひっかかったんじゃないかと思います。恐れ入りますが、クレジットカード会社さんの方にお問合せ頂けませんでしょうか」
というものでした。

そんなに激しく利用している訳でもないので限度額に引っ掛かることもありません。クレジットカードの線は薄いな…と思いつつも、電話で問い合わせてみるか…電話代の方が、結構高くついちゃうかもな…大分からだし…待てよ、ここは大分だった!

ooita2017s (9)

まさかこんな形で訪れることになるとは思いませんでした…
アミュプラザ大分にあるJQ CARDの入会受付ブース。エスカレーターをボ~ッと上がっていたら目に飛び込んできたので、駆け込みました。
受付を担当していた女性の方に事情を説明すると、社員らしき男性が隣にいて、替わって対応してくれました。
エポスカードの利用状況などを確かめられるセンターの方に電話してくれて、筆者のカード利用に何らかの制限がかかっているのか確認してくれました。結果は

で、何ら問題ないとの事。エポスカード側としても特に原因不明との事でした。残された道は「JQ CARD事務局」に質問することですが、これは営業時間の方が終了。既に時刻は19時近かったと思います。
結局、翌日筆者の携帯電話に再度状況の方を連絡して頂けることになりました。とにかく今日は、SUGOCAにオートチャージ出来る状態にはならないということです。
「何をしに大分まで来たんだ、俺は…」
失意のどん底で空腹なこともあり、とにかくJRおおいたシティ内で腹を満たそうと思いました。

ooita2017s (11)

ooita2017s (10)

この時間でしたが、ランチメニューと思われるような「とり天定食」をオーダー出来ました。とりは、から揚げだけではなく「天ぷら」にする食べ方もあるようです、大分では!これが、かなりイケる。
生ビール14時以降380円
という訳の判らない時間設定です。
「これ14時以降何時までが380円なんですか?」
「ラストオーダーまでです」
「え?じゃ今(19時過ぎ)も?」
居酒屋さんなどでは開店間もない早い時間や、1杯目だけ、生ビールを安くする試みをよく見かけますが、「14時以降いつでも」っていうのは初めてで面喰らいました。で、もちろん注文(笑)
プハッ〜、ビールもウマイ!
ちなみに、このお店「JQ CARD決済で5%OFF」にも、なりました。

このお店で定食が出てくるまでの間、ビールジョッキ片手にSUGOCAオートチャージについて、いろいろと検索をしてみて、新たなる事実を発見しました。それは…

オートチャージサービスは1日あたり10,000円、1ヶ月あたり50,000円を超えてのご利用はできません。
JQ CARD | SUGOCA オートチャージサービス

この規制の存在です。これはSuicaにはないローカルルールですね。Suicaも限度額20,000円であることはSUGOCAと何ら変わりません。変わりませんが、オートチャージの方は1日20,000円までは可能です。
このルールに従うと、杵築で1,000円オートチャージしてしまったのだから、別府で10,000円オートチャージ出来たら、1日チャージ金額合計が11,000円と10,000円をを超えてしまうので「不可」判定となる訳です…
「そうか、そういうことだったのか!」

結局、JR、エポスカードの現場レベルで問い合わせても判らなかった事を自己解決させました。メシを食い終えると、その足で再びJRの改札口、JQ CARDエポスの入会カウンターに足を運び、問題解決出来た旨を報告。
「おかげさまで問題解決致しました」
などと挨拶したけど、誰かがこの事実を知ってくれていれば、もうちょっと時間を食わずに済んだのに…と思い、恨めしい気持ちにもなりました。
別府へ帰る前に三度券売機で設定。
オートチャージ入金金額 9,000円
オートチャージ判定金額 1,000円
にすれば、とりあえず「本日分」のオートチャージが完了します。
翌日残高が結構残っていても、
オートチャージ入金金額 10,000円
オートチャージ判定金額 10,000円
にしてやれば、都合2万円分は旅行中にチャージ出来ることになります。

オート2回崩れの変はこうしって収まったのじゃった…(大分では戦国時代「二階崩れの変」というお家騒動がありましたので、それにあやかって。大友氏のお家騒動なので「大友二階崩れ」とも。)

続きは夜の別府で「楽天ペイ決済フリーズ事件」や、翌日の大分でJQ CARDやSUGOCAで割引してもらったり、街歩きしながらnimocaと使い分けた話など。こちらもクレジットカードや電子マネーに興味のある方なら必見の内容だと思いますので、乞うご期待!

続きはこちら→ 大分でSUGOCA・nimocaを使い分ける旅 その2



posted by mansengo at 11:53 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。