最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年07月10日

石川、奨吾の拙守にもめげないメンタルの強さも見せた完投敗戦劇【男の勲章】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

今日はBSで放送があったので、そっちで見る。
石川はひところに比べて、確実に良くなっている。
具体的には、シンカー、カーブといった球種で簡単にストライクを取れるようになったことだ。ゾーンに行くようになった。不調時はゾーンから遠くはずれるボールが多く、(バッターに)振ってもらうのも困難で、常にカウントを悪くしていた。テンポのいい石川が戻ってきた。

この3連戦、いずれもスターターが良かったので好ゲームとなった。今回も石川の出来を上回るディクソンの姿があった。
ディクソンは真っすぐ系は動かしてくると思っていたのだが、今日はフォーシームが多かったんじゃないだろうか?左打者のインサイドにズバズバ速いボールが決まっていて、宝刀ナックルカーブやチェンジアップの攻略がより厳しい状況に追い込まれた。序盤は若月の構えたところに行っていない、いわゆる「逆球」が多かったんだが、球審が逆球も取ったことでディクソンがノリノリになってしまった。典型的なゴロアウトピッチャーなはずなのに、3回までで5者連続を含む7奪三振という異常事態。

石川の悪い癖が3回裏に…
あんまりいい当たりのヒットがあった訳でもないが、なんとなく2死満塁とピンチを迎えた。ここで今日昇格、初スタメンの吉田を迎えた。オリックス低迷の原因はこのバッターの不在といっても過言でないぐらいの存在。そうはいっても、吉田といえども今季初出場でいきなり結果を出すのは難しいところ…と思っていた。2-1からの4球目、どういう意図で投げたか判らない(このカウントからは釣り球はないでしょ?)が、真っすぐが高めに浮き、センター前へ運ばれた。これもいい当たりではなかったが、「投げたコースが高けりゃ持っていかれる」典型的ヒットになってしまった。
ここでの2点は痛かった。1点ならまだしも…。ツメが甘いというか、それが石川の石川たる所以でもあるが(笑)何度も指摘している、ピッチャーには2つのコントロールがあって、勝負所での決め球制球力の無さって、奴?
続くロメロのピッチャー返しを石川好捕。好捕するも、取ったボールを叩きつける怒りのパフォーマンス!これはロメロに打ち返されたことより、前の打者へ甘く行ってしまった自分の不甲斐なさに腹を立てている感じだった。こういう感情の発露はいいね。俺はそういう人間的弱さをマウンドで見せるピッチャー好きだよ。同点2ラン打たれて、マウンド上にへたり込む投手、とかね。

その後も石川は粘った。最少失点でラストイニングまで持ち込もうとする。でも、それもかなわなかった。
サード中村奨吾の横着クンプレーが今日も炸裂!
サードはホットコーナーっていうじゃないですか。8回裏、もう絶対追加点を上げられない局面での先頭打者、3塁線を襲う打球が飛んで来たら、体で止めてもツーベースにしないぞという気迫が欲しい。ホットコーナーを守る選手には技術もさることながら、まずはそういう闘志が欲しい。悪いけど中村からは微塵もそういったものが感じられない。あの打球、逆シングルで取りに行って抜かれてツーベースって…石川、マジで奨吾と金輪際口聞かないぐらい怒ってもいいね。
「今度打って返してくれればいいよ」
とでも言うんだろうけど、それなら「猛打賞+1ホームラン」、これぐらい打ってもらわないと困る。
いやショートはもちろんの事、サード奨吾も見たくない守備ですわ。やらすならセカンド。大地と争って、大地より打てなければ使わない。それでいい。とにかく全軍の士気が下がるプレーをいくつすれば気が済むんだ?っていうぐらい、楽に取りに行こうとするプレーが身に沁みついているからね。

石川もプチンと来てもおかしくないところ、無死1,3塁から小谷野のピッチャーゴロは冷静にゲッツー取るなど、心の強さは見せた。まあその後もT-岡田にダメのダメを押されてしまったが…かなり変化球に意識があるところで(それまでの3打席カーブ、シンカーにクルックル回っていた)、2球内側の真っすぐでストライクを取り意表を衝いた。そこから何で決めるかと思ったら、カーブに戻って、それをチョーンと合わせられてレフト前へ運ばれた。ボールゾーンだったから、運が無かったとも言えるが、真っすぐ2球見せた後だけにシンカーの方がより有効だったような気もした。結果論と言われるかもしれないが、遅いボールで「巻く」意味が、その前のキレキレの真っすぐ2球を見せられた後だと、よく判らない。速いボールの後なら入ってくるボールには対応できるでしょ?(この回は江村がマスクをかぶっていた)

打線は井口が流れをブッタ斬るゲッツーなどをかましていたが、未だスタメンで使うべき存在なのかねぇ?代打で顔見せ興行の方が、今後のチームバランスの上でもいいんじゃない。外国人打者4人に、40代の打者2人って…このチームは若手がのし上がるには厳しすぎる環境だなぁ。うち若手の1枠をベテランのような横着なグラブさばきの選手使ってるから、若さが感じられない…最後の翔平のダイブがよっぽど爽快だったわ。
大地、角中といったところはいい当たりを放っているのだが、いずれも野手の正面に飛ぶという不運…まあ、これは相手投手がいいコースに投げていたりするのでしょう。ハードラック!引き続き、その調子でバットを振ってほしい。角中は以前は振らないようなボールを結構空振りしていたりもするが…まあ今日のディクソンの出来なら致し方なし。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

さ~て、明日は…リッジおじさんかよ!?
ガーーン、ガーーン←(なぜそこまでショックを受ける?)



posted by mansengo at 01:39 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
鴨川キャンプのサード特守では、明らかに奨吾>翔太に見えたんですけどねぇ。松山コーチが熱心に逆シングル指導されてましたよ。今どんな気分なんでしょうね。僕は奨吾がサードの練習をしてること自体が気に食わなかったですけど。クルーズを手本にしてくれたと思ってたら、ナバ◯ロも手本にしちゃったみたいで... 笑えない... 僕の中では未だにサードこそ大地です。出来れば背番号6で。
Posted by R.O at 2017年07月11日 01:16
>R.Oさん
書きこみ&鴨川キャンプ秘話、ありがとうございます。
サードでも逆シングル捕球の指導をしていたんですか!?
大地はファイタータイプなので、確かにサード向いてそうですね(なぜ、そういった構想が出ないんだ?)
Posted by mansengo at 2017年07月11日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。