最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年06月27日

JRキューポ、Gポイント等価交換ルート守られる!

HOMEnanaco・Edyなど電子マネー > この記事

7月7日からの導入が決まっているJR九州の「JRキューポ」。
「JQ CARDエポス」及び「JQ CARDエポスゴールド」ユーザーにとっては、その動向が大変気になるところでした。
6月27日、JR九州のサイトで、その概要が発表されました!
JRキューポいよいよ7月7日誕生(pdfファイル)

↑ キューポへのまとめ方をHKT48のメンバーが動画で紹介してくれております。

1つの「JR九州WEB会員ID」に「JQ CARD」を5枚まで、記名式の「SUGOCA」をこれまた5枚まで紐づけられるようです。
肝心のポイント交換の方ですが…

・Gポイント
・Ponta
(JRキューポ300ポイント → 300Ponta)
・Tポイント(JRキューポ300ポイント →300Tポイント)

なんと、「JQ CARD」「SUGOCA」との交換サービスを提供していたGポイント、旧「eレールポイント」から交換出来た「Ponta」「Tポイント」全部そのまま「生き」のようです。
Gポイントに関しては、
JRキューポ 1,000ポイント → 1,000Gポイント
100Gポイント → JRキューポ 100ポイント

と、「改良」しているじゃないですか!?(7月6日までは「100Gポイント→90JQポイント」と10%分減額でした)
もっともGポイント特有の「交換手数料5%」が新たに発生するようですが、半年に1回でもGポイントの広告案件をこなすだけで、この手数料はゼロになるので、「実質等価交換」と言っても差し支えない形です。たとえそれをこなさなかったとしても、
10% → 5%
と手数料は減額している訳ですから、完全に「改良」です。

JRキューポ → Gポイント → 三井住友カード・ワールドプレゼントポイント →ピーチポイントやら「千葉ロッテマリーンズVISAカード」の内野ペアチケットやら…おめでとうございます、俺!!

ただ、Gポイントの方のお知らせに多少ひっかかる文言も…。

「JRキューポ」へと名称が変わりましてもポイント交換はご利用いただけますが、ポイント交換にご利用いただく交換パートナーのIDが、SUGOCA IDであるかJQ IDであるかにより、交換ページが異なりますのでご注意ください。
◆JRキューポ(旧SUGOCAポイント):SUGOCA IDを利用してのポイント交換
◆JRキューポ(旧JQポイント):JQ IDを利用してのポイント交換

「SUGOCA ID」と「JQ ID」で分けて、それぞれ交換する場所も違うところから交換する形のようです。
JR九州WEB会員IDではなく、あくまでも「SUGOCA ID」「JQ ID」と言う事は、基本的に「SUGOCAポイント」「JQポイント」はシステムとしては温存して、形式的に「JRキューポ」にまとめて見せている形。JR九州WEB会員IDから解除した場合、元のポイントに戻るようです(その際ユーザー側がどのような形で管理できるのかは不明ですが…)。
7月6日で「JQ NET CLUB」(JQポイントの管理画面)も無くなるので、個別のJQ CARDの「JQポイント分のJRキューポ」がどのような形になっていくのかは不明です。それぞれのJQ IDをしっかり記録しておかないと…
「SUGOCAポイント」の方はネット上で確認する術がありません、JQ CARDと紐づける以外には。これまたJR九州WEB会員IDから解除すると、券売機のみで判る形でしょうか。既にJQ CARDにオートチャージSUGOCAを設定しているユーザーには若干の「改悪」ですね。(SUGOCAで貯めたポイントは、キューポになっても引き続きGポイントへは交換出来ないんですね…)

JQ CARDを2枚以上所持されている方は、
「ポイント交換サイトからJQポイントに交換するためのJQ会員番号」
というものが、カードの番号とは別に発番されており、これを利用してGポイントとの交換を行ってきました。
筆者のように「JQ CARDエポス」→「JQ CARDエポスゴールド」に切り替えたものは、カードの番号は替わりましたが、このJQ会員番号は最初のままです。このJQ会員番号がGポイントの言うところの「JQ ID」だと思われます。

又、SUGOCAオートチャージで紐づけているSUGOCAも、ゴールドカードになりましたが、特に変更手続きをすることなく紐づいたままです。
こちらはオートチャージ対応で紐づけると、券売機からSUGOCAのみでJQポイントをSUGOCAにチャージ出来る状態になりました。
「eレールポイント」もJQポイントに交換したりしたので、実質
「今のままでも、セルフでキューポのようなおまとめが出来ていた」
ことになります。 キューポは完全統合ではなく、今までの「寄せ集め」を多少見栄えをよくしたもの、といった認識でよいのではないでしょうか?
問題はJQカードセゾンのような、別のJQ CARDをおまとめ登録してしまってもいいものかですね…
おそらく、Gポイントへの交換は「JQ ID」で管理されるのであれば、まとめても意味がないところです。ただ、
「エポス&セゾンで貯めたキューポを合算」→「Tポイント」または「Ponta」
には出来るかもしれませんね…。こちらは、10日程待ってみましょう。
還元率的にセゾンの出る幕が無い?いえいえ、エポスからはチャージ出来ない「nanaco」や「ココカラクラブカード」にチャージ出来ますし、ココカラなんてPO…いや、何でもないです。


とにもかくにも、「JQ CARDエポスゴールド」のGポイントへの還元率は保たれ、更にGポイント→JRキューポの「逆交換」のレートが改善されました。
そして「Tポイント」「Ponta」にも直接交換可能で最大3%還元…となると、やっぱりチートカードですね。
JRキューポ統合の「Qデー」迫る【統合後予測】
↑こんな大間違いな予測を立てて、すいませんでしたっ!

Gポイント
Gポイントへ登録して、JQ CARDで貯めた「JRキューポ」をGポイント経由で「メトロポイント」等に交換しよう!
JRキューポ 1,000ポイント → 1,000 Gポイント → 1,000メトロポイント → 900ANAマイル
↑ソラチカカードを所有しているユーザーの場合
参考:JQカードエポスゴールドのANAマイル還元率の実際

なお、7月7日から大々的に「JRキューポおまとめ登録で総額1,000万プレゼント」キャンペーンも開始されるようです(10月31日まで)。
(3サービスおまとめ)WEB会員+JQ CARD+SUGOCA
100名…10,000ポイント
10,000名…300ポイント
(2サービスおまとめ)WEB会員+(JQ CARDまたはSUGOCA)
60,000名…100ポイント
九州にお住まいではない方には「3サービスおまとめ」はハードル高そうですね…もっとも僕は対象です。ええ、10,000ポイント当たる気がしてきました。最低でも300には引っかかるだろう…でも「2サービスおまとめ」の方が当選人数は多いぞ?と思ったら「3サービスおまとめ」ユーザーは両方抽選の権利があるようです!とりあえず100ポイントGET(さすがに6万人も当たるこれは外さないだろう…)。

また7月7日から8月6日ぐらいにかけて(一部8月31日まで)、JRキューポがいつもより多くポイントが付与される企画が九州各地で行われるようです。「いつもより多い」だけでなく、「いつもは付かない」九州のファミリーマートや駅構内の自販機でも期間限定でキューポを付けてくれるようです!
9月には九州へ行く飛行機の便を取っているんですが、上記のキャンペーンへの参加はかなわないようです…残念。でも「列車予約でポイント4倍」は8月31日まで有効のようなので、予約だけでも8月末までにしておこう…っと。

【2017年7月追記】
 JRキューポおまとめ登録でW永久不滅?…実際にサービス開始後、2枚のJQ CARDを登録してみました。衝撃のポイントワールドがここに!



posted by mansengo at 22:25 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。