最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年06月26日

石川の球威戻るも「アレ」も戻る

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨日の試合は前半5回まで見て出かけたので、後半は見ていない。その部分を先ほどダイジェストで視聴&及び1球速報で打たれたカウントやボールをチェック。
立ち上がりの石川を見ていたら、
「こりゃ完封するかもしれない…」
と冗談抜きで思った。それぐらい球が走っていて、不調に陥る前よりグレードアップしているんじゃないか?と感じさせるぐらいのモノを見せてくれた。

ところが4回にモレルに同点打。実はモレルの1打席目が伏線になっているんじゃないかと思った。三球三振だったんですよ。しかも1度もバットを振ること無く…外国人打者と思えない消極性で、
「ノー感じ」
とバッテリーが受け取ってしまったのかもしれない。やや、なめたような1球が命取りになってしまった。
そして逆転を許す7回の投球。小谷野へのボールは打った方を褒めるべきなのかもしれないが、ロメロに0-2からのカーブを打たれたのを見ると、
「相変わらずだな…」
と思わざるをえない。配球もそうだけど、勝負球カウントじゃないところで、中途半端にストライクを入れて、手痛い一打を食らう。クラの言うところの「コントロールには2種類あるんですよ」の、2種類目のコントロールの無さ(参照エントリー)。四球を出さないだけがコントロールじゃないんだよ。受ける田村が「石川さんはコントロールが戻った。大丈夫でしょう」と太鼓判を押すコメントが入ってたけど、バッテリー揃って「過信」している危険性は感じた、この言葉を聞いた時。

打線は昨日のエントリーで指摘した「4番6番」が元に戻ってた(笑)で、やっぱり0死1死で1塁に走者を置いて4番に回ってくる。
パラデス2併殺打
今度はパラデスが2併殺打かよ…ま、でもパラデスの足でアウトになるなら、しょうがないよ。彼の1塁への到達スピードはかなり速いと思うから。パラデスは1本目の安打のスローを見た時、上体が倒れることもなく振れているし、「ヒット狙いの延長がホームラン」といった日本の野球スタイルになじむような方向転換を、ようやくしてくれたようだ。ペーニャの加入がいい方向に向いたか?日本人コーチの言う事は聞けなくても、日本で成功したドミニカの先輩の言う事なら信用おけるってか?もっともペーニャ自体に関しては、今のところ打てそうな感じが見えないのだが…。パラデス専属の臨時コーチを雇った、とでも思おう!ええ、そうやって言い聞かせてます、自分に…。

結局先制するも、タイムリーなしの敵失による1点のみか。
8回表に代打伊志嶺のツーベースを突破口にチャンスを作っているが、無死1,3塁からの「オートマ」で三振ゲッツー。そのボールがチェンジアップだったことを見て、「このシチュエーションでチェンジアップでアウトになってしまうのか…」と若月の果断&強肩を褒めるべきなのか、翔平のスタートの悪さを嘆くべきなのか…俊足なのに盗塁数が伸びない。2点差だから3塁走者は動いてこないという「読み」も相手に上を行かれたKOTESAKI流。小技決まらず、タイムリーも出ず、では「打つ手」もナシ。万策尽きて、◯◯待ったナシか??

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:06 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。