最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年06月24日

パラデスの打率がチーム打率を上回る日が来るとは…

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

土曜のほっともっとフィールドの薄暮ゲーム。
松葉VS唐川というマッチアップなら「今日は打撃戦だな」と思った人が多いと思うんだけど、豈図らんや典型的ロースコアゲームなった。
もっとも「よく1点に抑えているよな…」と感じないこともないゲームでもあった。

ペーニャを4番に上げて、パラデスを6番に下げた。
角中5番を不動として、4番6番を入れ替え「大砲は4番か6番に置く」という方針を鮮明化させたKOTESAKI流師範。では何故入れ替えたんだろうか?ここに今日の敗戦の一端がある。
初回アップアップ状態だった松葉を攻めて、サントス2塁打、好調三木にも送りバントさせず、無死1,3塁という絶好のお膳立てを1番2番で作りだした。1番2番で無死1,3塁なんて春先にはまったくなかった形。ところが大地の犠飛で先制の1点入れるも、ペーニャが併殺打で1点止まり。
ペーニャは昨日見せたような叩きつけてサードの頭を越すような、高いバウンドの打球を放った。今回は残念ながら小谷野の頭の上を超えてゆかなかったが、問題は「足」だ。昨日ツーベースヒットで2塁へ滑り込んだ際に、太もも裏を痛めたらしい…あの位の全力疾走を1回しただけで、もう故障への入り口…このようなコンディションの選手を緊急補強してきたわけです。

なので、まったく全力疾走出来ない状態なので、自ずと併殺打が増えるだろう(実際2打席目も連続併殺打だった…)。
初戦、4番パラデスが激走して、ゲッツー崩れで1塁に残ったことにより得点につながったことを覚えておいでだろうか?
何が言いたいかと言うと、「同じ大砲を4番6番に分散して置く場合、足が速い方を4番に置くべし」。安廃論(「安打」廃止論)的思考ではこうなる。
実は4番打者と6番打者のシチュエーション別打席を計測していくと、4番より6番の方が「2死」で回る確率が高いと思われる。つまり6番打者は併殺打を打ちたくても打てない「2死」で回ってきやすいので、自分の足の事は考えず塁上をクリーンにすることだけに注力すればいい。そういう立ち位置だと考える。
4番はなんだかんだで、0死1死のチャンスで回ることが6番より多いと思うので、「比較して少しでも足が速ければ、そちらを4番に置いた方がいい」と思うのだ。もちろん4番と6番を任せられることになる両大砲の打力的な差や調子が変わらない場合の話だ。ゆえにマリーンズの現状を考えると、4番パラデス、6番ペーニャの方が得点期待値は上がる(と、俺は思う)。打球の速い強打者に併殺打は付き物だが、少しでも「ゲッツー崩れ」からワンチャン残せるような配慮が、現代野球では求められていると思うぞ。
それにしてもパラデス。ペーニャ加入で真っ先にファーム落ちを宣告される立場かと思いきや、なんとチーム打率を超えた!
ロッテ .217 パラデス .221
これは事件ですぞ!!

松葉が崩れそうなのに崩せなかった。
唐川は危なげなかったが、逆球だらけだった。
唐川は確かに右打者のアウトコース、真っすぐとカットボールの出し入れは良く、これが打ち取る原動力になっていたと思うのだが、決め球はキャッチャーの構えたところには来てないボールも多かった。でも腕の振りがいいんだろうね…ど真ん中近辺にいっても空振りが取れていたりした。
6回まで四球を出さなかったことで、味方の攻撃のリズムを作りだしていた。アバウトな制球力でも球威でなんとかし、とにかくゾーンにぶっこんで四球を出さない…っていうのがニュー唐川の目指している場所だと思われるから、今日は彼の理想に近い内容になった。
7回、先頭のロメロに四球を与え、今日2つ目のボークを取られた時は、
「この回は、さすがにやられるな」
と思ったけど、T-岡田にはホームラン性のファールを打たれるも、彼を歩かせ、なんとか後続の打者を打ち取り、凌ぎきった。
松葉は1回無死1・3塁、2回2死満塁(しかも2死1塁からの8番9番への連続四球だから内容最悪)のピンチを1点で凌ぎきれたことにより救われる。4回ぐらいから力みも取れ、いい感じで「抜いている」事が中盤の好投につながっていた。このピッチャー、フォークの球速が142,3出ているのが驚きだ。昨シーズンだったか(何かの雑誌で発表されていた)フォークの球速ランキング上位の顔ぶれを見て、涌井や松葉がランクインしていことは覚えている。
143のフォークって…イラブクラゲのフォークの球速と同じ数値なんすよ!!
向かうところ敵なし状態だった頃の伊良部のフォークと…まあ松葉の場合、真っすぐのスピードが140後半程度だから、逆に真っすぐと球速差が変わらないことを利用したフォークとなる。ほぼスプリットの効能だね。

唐川、松葉共に7回でお役御免。ともにHQSを記録して、先発投手としては、これ以上ない「結果」を出した。あとは継投戦。
バファローズは8回黒木、9回平野…
マリーンズは8回大谷、9回内…
この既定路線の中で、どっちが点を取るのか?の勝負となった。
黒木は前日炎上し、なおかつペーニャの頭付近に投げ込んで、危険球退場している身の上。それでも今日も行かねばらないのが中継ぎという仕事の辛いところ。ペーニャに対しては内側は投げきれなかったが、真ん中高めのボールゾーンに見せて「高低」で攻めていこうという按配。それほど内側に来てなかったのに、高めに来るたびにペーニャが若月の方を向いて、一言二言…よっぽどナーバスになっているのか、あるいは若手捕手に「アツ」をかけようというベテランならではの駆け引きか?結局最後はアウトコースにスライダーを決められ、ペーニャ手が出ず…。ここから角中、パラデスに連続四球を与えるも、代打井口を力勝負で打ち取った。
その裏大谷は、1死後一発を警戒しなければならないマレーロを迎えて、田村の指示通り全球インサイドに投げ込んでセカンドゴロに打ち取った。前日初対戦の涌井が様子見で全球アウトコースに行く慎重な攻めを見せたのが裏目に出て、ライトスタンドに運ばれた。それを受けての全球インサイド勝負の選択に出た、田村のリードに「メリハリ」を感じた。感じたのだが…

大谷はん、このバッター(小島)長打ないですさかいに、ど真ん中にいっときましょう!フォアボールだけは絶対ダメですよ。

カキーーーーン!
大谷「タムラ~~~(恨めしそうな声)」

大谷はん、ワテの意図をくみ取ってくださいよ…「ど真ん中」言うのは言葉のアヤで、ど真ん中に投げ込むつもりで来いって言うことですよ。ホンマにど真ん中に投げる人なんて、どこにいてます?

まあ、昨日一発打たれているマレーロという関門を抜けたことで、バッテリーに油断が出来てしまったね…
オリックスベンチの福良監督を見ていると、いつ見ても「冴えない顔」してるよね(その横にはかつてマリーンズベンチにいた地縛霊が…)
こういう渋ーーい表情しているから、ロクな結果が生み出されないんじゃないかと、金曜の継投ミスなんか見ても思った。

でも、今日の小島先発2番起用は…
神采配の領域
かも?

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

今日も9番先発だった翔平はノーヒットだったけど、1打席目の粘って四球や、ナカジをライトゴロにしてしまったバックアップは見事だった。
「1日2善」ぐらいを続けて、KOTESAKIの懲罰の魔の手から逃れろ!



posted by mansengo at 23:54 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
四番に足が早い選手を置いた方がよいは納得。以前、ポールプポが四番打者は無死で打席に立つ事が多いという内容を見たことがあり、意外と足が早いおかわり君が四番は理にかなっている?
Posted by ポール at 2017年06月26日 11:31
>ポールさん

書きこみ、ありがとうございます。
>以前、ポールプポが四番打者は無死で打席に立つ事が多いという内容を見たことがあり、
プポも4番が無死で回るっていうことを把握していたんですね…情報提供、誠にありがとうございます。
Posted by mansengo at 2017年06月26日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。