最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年06月14日

石川懺悔の1勝【筒香とのWBC不調組対決を制す】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

DAZNで横浜DeNA戦を視聴。解説は多村!
「荻野選手は内角高目と外角低め、斜め(「たすきがけ」だったかな?)に強いところがありますね」
とホットゾーンが頭に入っているのか、見ながらなのか判らないが、そんなことを言っていた。データも見ずに解説に臨んでいる人が多い中、この姿勢は買いたい。荻野が外角低めから内角高目、帯状に強いゾーンがある理由はバットの出る角度の問題だろう。逆に内角低目から外角高目がウィークポイントということになる。

そんな荻野が今日はサントスに代わって1番に起用される。
「相手が左腕っていう理由だけで、サントスはずしかよ!」
K・O・T・E…こってこての…
このコッテ起用が珍しく的中。で荻野猛打賞。打率も2割台に乗せてきた。

序盤は相手石田と石川の投手戦の様相。石田はオープン戦の時(マリーンズ戦)に炎上したのを覚えている。この試合の前まで2軍にいたようなので、オープン戦からの不調を引き摺っていたのかもしれない。なので、打ち崩せるんじゃないかという淡い期待を抱いていたのだが…。
結局打ち崩せたのは継投に入ってから。これぞまさに、
D・O・R・O・N・A・W・A!
グラウンド整備のインターバルというエアポケット。石田に代わってマウンドに上った、ベイスターズ中継ぎ陣のビハインド組と思われる人達の自滅ショウが開演した。久々マリーンズが相手泥縄継投のどさくさに紛れ、ビッグイニングを作りだした。
特にひどかったのが3人目の須田。三木への死球でマリーンズに待望の2点目が入った後、田村が走者一掃のツーベース。もう見るからにストライクを取るのに汲々としていて、まさかまさかの次打者石川へのフォアボール…結局、荻野にも痛打を浴び、マリーンズがこの回5点入れた。

石川の前の打席、初球のバントの姿勢を見て
「こりゃダメだ、バットにボールが当たりそうもない」
と思ったところ、ワンストライク後のバントはきっちり決めた。セフティーバント気味に走りながらバントするんだが、「なんで、その必要があるんだよ!?(笑)」っていうツッコミどころ満載の打席だった。
須田からもらった四球の際も、「ここは立ってるだけの、見逃し三振だな」と打つ気ナシでOKの打席だったはずだが、3-2から謎のスイング
これに須田が動揺したのか、フォアボールを勝ち取った。
「おいおい、次の回の投球が大事だから、ここは出塁しない方がいいんじゃないの?」
と思わずにいられなかったが、荻野が石川の「勝利への渇望」に応えた形で追加点を入れることに成功した。二言目には「バテました」男、よくホームまで還ってきた!

肝心の投球の方だが、毎回1本ぐらいヒットを浴びるんだが後続を切り、危なげなく回が進んだ。特に筒香との
「WBC帰り不調組対決」
は面白かった。2打席目、3打席目と、内角ベルトの高さの真っすぐを決め球に見逃し三振を奪う。若干シュート回転しているんだが、典型的やられるパターンの「内から真ん中」ではなく、「ボールゾーンからのインサイドギリギリ」の、いわゆるフロントドアで、「ボール」と早目に判断した筒香から三振を奪えた。筒香が不調なのは、この見逃し方を見ても判る。ストライク、ボールの判断が早いもの。去年ポイントをかなり近くして成功した面影がそこには無い。そういう打者に対しては「真っすぐの方が安全」ということなのだろう。また、それだけボールの威力が戻ってきているという自信もあったのだろう。
真っすぐが走ると、シンカーのキレも増す。勝負処で「間違わない」コースへ持って行けてた。(カーブは若干高めに入るケースが多く、それは捉えられていたが…)

5点差離すと、後はゆとりのピッチング。若干甘いボールもあり、1点を返されるが、ストライクを取ることを重視してサクサク進行させた。このサクサク感が野手のリズムを生み、9回の加点にも繋がる。いや、ベイスターズ中継ぎ陣のボール球の多さ、リズムの悪さの賜物か…5人で9回195球も放っているもんね。マリーンズからすると快勝だけど、内容的には「酷い試合」の部類に入るかも。

石川はヒーローインタビューでも相変わらず恍けた味を出していた。
インタビュアー「今シーズン、この後も期待していいですか?」
石川「(ため息まじりに)どうでしょうか?」
オオオオイ!そこはウソでも「ハイ」というところなんだけど、正直と言うか、恍けているというか…まあ、こういう石川節が聞けるのも
「戻ってきた」
ということなんでしょう。
本人も期するものがあるのか、帽子のツバが
だんだん曲がっていってる!

DAZNは事情があるのか時間の関係か知らんが、ヒーローインタビューまでやらなかった。Yahoo!スポーツで石川のヒーローインタビューの映像があったので見たのだが、スポナビが提供しているじゃん!?
え、今日スポナビライブでも見れたの?
もう広島戦と横浜戦はDAZNじゃないと見れないと思い込んでた…。(DAZNのLIVE中継は「CAST」出来ないので、PCで見るしかない。出来ればTV画面で見たいもの)
ま、でもDAZNで見たおかげで多村の解説を楽しめた。テンション相当低目だけど、解説の内容はいいね。
実況は小笠原だった。彼の紹介で知ったのだが、マリーンズの先輩投手の開幕からの6連敗以上は、96年の園川の「7」。これは95年の第1次ボビー政権による快進撃の翌年、先発ローテの一角と期待されながら結局1勝も出来ず「0勝7敗」で終わった年だよね。そして、もう1人。園川以上の「8」連敗をマークしたのは…

その話題には触れるな!!

「え?兄さんって石川よりクソみたいなピッチングを延々と続けてたの!」と驚いたあなたの1票!マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 02:12 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。