最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年06月04日

パラデスとバティスタ、日本野球へ順応しようとする気持ちの差

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

The 小手先流采配炸裂!
5回表、ふって湧いたように2死満塁のチャンスが訪れる。相手先発・野村から四死球を3つもらい、9番まで打順が回ってしまった。
前のイニングで、野村に打席が回り、自らチャンスメイクして塁上に長い事いたので、その反動が出たように制球を乱していた。いや、マリーンズからすると「いらないお中元」だった。

a. 二木続打(=続投)
b. 代打パラデス

究極の選択を迫られるのだった…さあ、あなたなら、a、b、どっちを選ぶ!?
ちなみにここまでのスコアは
M= 003 1
C= 003 0
という過程で4対3の1点リード。
俺は答えを見る前から回答を知っていた。なぜなら…
小手先流
だからだ!

【事例その1】小手先流セ・リーグ野球代打策
伊東政権初年度、先発でブレイクしつつある西野が、東京ドームでの巨人戦で4回まで頑張って1対1というスコアを保っていたのだが、5回表に打席が回ると、あっさり代打が送られた。
「セ・リーグの野球知ってますから」
的な事を言ってウソぶく小手先流師範。その試合の結果は忘れたが、若手投手に経験つますとか、後ろの投手の枚数とか関係なしに、とにかくセ本拠地のゲームは先に動きたくなるのが小手先流。
これぞ、まさに The KONISHIKI!…じゃなかった The KOTESAKI !
東京ドームシティにはKONISHIKIの店もなかったっけ?「とっくに閉店してます!」って?そのお店の閉店と、エリック・ヒルマンの肩にKONISHIKIが乗っかったの、どっちの方が先だったのさ?

だからここも、パラデスがネクストにいたのブラフだなんて一切思わなかったよ。もちろん俺も小手先流師範も、その結果なんて知ったこっちゃない。

20170603parade
↑ 注釈付き、野村対パラデス全投球内容(拡大可能)。
制球に苦しみアップアップの野村に対して、自ら「パラデスゾーン」を作りだし、真ん中に近いボールをのけ反って避けてストライクを取られたりして、とにかく面白かった。

師範もこの結果を知ってましたから。
「これでいい。これがセ・リーグの野球」
と思いきり自己満足に浸っておられましたから。

さあ継投の方はどうなる?昨日の今日で
「ナイター・デイ」
24時間の猶予も与えられない、投手には苦しい連投タイムの始まりです。もちろん、向うも条件は一緒だが。
5回は有吉。「まさか有吉2イニング行かせるんじゃねーだろうな?」とも思ったが、6回は松永だった。
松永は先頭の8番打者・石原に初球ツーベースを打たれる(フォアボール出さなきゃ、何でもいいってもんじゃねーぞ!)。
するとカープベンチはここで支配下登録即1軍登録した、秘密兵器ともいうべきドレッドヘアのドミニカンを打席に送りこんだ。
「ここは3塁へ送れるタイプの打者の方が嫌だけどなぁ…しめた、これは助かるかも?」
なんていう淡い期待を抱いたんだが…

もうね、ボール球の見送り方から堂に入ってんの。
NPB野球に順応しようという必死さが、その選球の仕方一つ取ってみても判る(と、同時に、ど真ん中のボールに諸手を挙げて避けるパラデスの映像が脳裏にフィードバックされる…)。
聞けばウェスタンでブッチギリの三冠王らしいじゃないの!
カウント2-1と、自らバッター有利なカウントを作りだし、松永がカウントを取りに行ったド甘い真っすぐを、モノの見事にセンターバックスクリーンやや右へブチこむ…
NPB初打席が逆転本塁打
の満点デビューかよ。
この打席とパラデスの打席。比較したくなくても、比較しちゃうじゃないか。同じドミニカ人。高いお金貰って千葉の大型送風機と化している人と、育成契約という待遇にもめげずに、謙虚に日本野球に挑戦してきた人。
まさに、リアル、
うさぎとカメ!
今まさにカープ・アカデミー出身の掘り出し物が、ジャパニーズ・ドリームを掴もうとしている。パラデスも一応ドミニカのなんちゃらベースボール・アカデミー出身なんだけどなぁ…メジャーの厚遇に慣れてハングリー精神を失ってしまったのか?バティスタのツメの垢でも煎じて飲んでほしいわ。

ま、でもチームとしては、スタメンが全員2割台に乗っかってきたし、極上の弱いチームから「普通の弱いチーム」に昇格してきたような気もする。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

そうそう、バティスタのヒーローインタビューには謎のドミニカ人通訳がついていたのだが、明らかにインタビュアーの言葉を正確に伝えているとも思えず、「ヤッパリ…◯◯◯デスネ」とカタコトの日本語でバティスタの言葉を訳し続け、この通訳の独壇場と化していた。凄いもんを見た。



posted by mansengo at 00:04 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
通訳さんの件…自ら発掘した怪人リリーバー、サンチェの通訳も勤めたボビー・マルカーノ氏を久しぶりに思い出しました!
思いの外、彼の日本語は流暢でした。
それにしても現役時代に阪急、ヤクルトで大活躍したマルカーノ氏が通訳として現れたのには驚いたものです!
Posted by ハマリーンズ at 2017年06月05日 01:48
>ハマリーンズさん

書きこみ、ありがとうございます。
>ボビー・マルカーノ氏を久しぶりに思い出しました!
マルカーノやバルボンは流暢だったので、驚きはそれほどなかったんですが、カープのドミニカ人はカタコトすぎで、ヤバすぎです!(笑)

Posted by mansengo at 2017年06月05日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。