最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年05月26日

中4日&未経験から12点取っても、ガチ継投のロッテ【一番ビビってるのは…】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

木曜の試合に投げることが多いので、佐々木の投球をじっくり見れることが少なかった。昨日は序盤その投球内容を見れた(途中、所用により2〜4回は見れなかった)。1回はとにかく内容がひどく、「こりゃ今日も負けか…」と思わざるをえないぐらいの酷さだった(特に「タイムリー」→「ボーク」→「ホームラン」のあたりは…)。
打線がよく奮起して、取り返した。と、同時に
「ホークスもけが人続出でピッチャー陣は相当ヤバい?」
から取れたような12点だったようにも感じる。

ホークスも台所事情は火の車のようで、この時期に早くも中田に中4日を強いらないとならない頭数のようだ。中田は制球の悪さを常に指摘される投手だが、こういう馬車馬的な働きも出来るので、俺の中では相当評価の高い投手。ただ中4日は、前回が早期降板だったとしても年齢的にキツい時期に入ってきたのでは?(もう35歳だよ)
さすがにこの状態の投手は打てた。3点取られた後、すぐさま大地・ダフィーが追撃弾を放ったのが大きかった。特に2死からのダフィー。8番がこういう一発を打つと相手に与えるダメージは大きい。
そして4回に一挙5点で、あっさりひっくり返す。これまで不憫な使われ方をしてオープン戦の好調がどこかへ消えてしまっていた翔太が、ライバルたちが次々倒れたため、ようやく「使い続けられる」状態になり本領を発揮し始めてきた。この3連戦も初戦のエラーで「懲罰」から又ベンチを温める事になっていては、この3ランは無かった。3ランより5打席目以外オール出塁の働きが光った。実は凡退した5打席目も内容はいい。特に7球目のファールは、バットに当てるのも難しい左腕の食い込んでくるスライダーをレフト線にポトリと落としそうになるのだから(前にも同じようなコースのボールをヒットにしていたよね)。

またダフィーに関しては、慣れが見えてきて俺はそこそこ打つんじゃないかと思うことは以前も書いた。学習能力のないパラデスと比べると、そこそこ「見極める」ことが出来始めているんで、率はともかく、貴重な一発を打つバッターとしてラインナップに置いておきたいと思わせるものがある(でもそうなると翔太をショートに回さないとなんないので、守備軽視すぎるんだよな…)。いや一発の怖さがあるバッターが1人いるかいないかで、だいぶ違うから…。率や出塁率では語れない、この辺の相手バッテリー心理っていう観点を疎かにして野球を見るべからず。

佐々木の投球を見ていると2回からは別人のように安定し始め、決め球が低目に集まるようになった。その決め球を見ていて「おや?」と思ったのだが、右打者にはフォークを放っているんだね?佐々木と言えばシンカーのピッチャーかと思っていたが、左打者にはシンカー、右打者にはフォークと使い分けているようだ。握りは同じだったが、確かにフォークはサイドハンドなんで落差はないがベース板の上で小さく落ち、左バッターにはベースから逃げるような軌道のシンカー(捻るか捻らないかの違いか?)。
昨日開始時点での右左の被打率が左が.280台で右が.180台だった。
「意外と左右両方に打たれていないんだな…」
とも思ったが、それだけ四球が多かったんだろう。左右で1割も被打率が離れているのはサンプル数が少なく、まだ判断がつきかねるところだ。昨日の内川のを含め被弾3本は全部右からだし。

昨日の相手先頭打者はお待ちかねのムネリンだった。久々NPBの試合で見るムネは相当ウザかった(笑)なんか1球1球パフォーマンスしてるのかと思う位オーバーアクション。長嶋以来のオーバーアクション。デーゲームでもない屋内のナイトゲームで謎に目の下に墨塗ってるし(笑)
スイングも日本時代では考えられないようなフォローの大きさで「全打席ホームラン狙ってる?」っていうような打ち方。添え手の左手を離す、当代主流のフォロースルーでもあった。
それでも、「あ、ムネだな」と思ったのが、大差がついたゲームなのに若手がマウンドで制球に苦しんでいると、
「ノープロブレム、今を楽しめ」
とでも言ってるかのようにマウンドに駆け寄る。さらに集音マイクに耳をそばだてていると、後ろで守っているムネの大きな声が聞こえてくる!
「あんた、どんだけ声出して守っているんだ」
ワールドクラスのムードメーカー。この選手の復帰で、
「慶三終わった…ムードメーカーとしての「格」が違う」
と思ったら、2戦目で活躍してヒーローインタビューで自虐的にその事を話していて笑わせてもらった(「皆さん、アナウンスで「川」崎の時は「ワーー」で、「川」島の時は「エーー?」っていうのはやめてください!」とか言ってた…笑)。
果たしてロエル・サントスの加入で岡田は…明らかにキャラかぶってる奴の新加入は、見ている側もソワソワすんね。

それにしても中終盤も追加点を入れて楽勝ムードだったにも関わらず、土肥が2点を奪われ、1イニングを全うできなかったことで、8回大谷、9回内とガチ継投に走る伊東さん…ピッチャーの四球を殊更怒り、何をビビってんだというような事を言っていたが、この継投を見せられると「一番ビビッてんのは誰だよ?」とツッコみたくなるよな!
東條2イニング目でいいじゃん。本人もアピールしたいところでしょ。そりゃ痺れるゲームでの回またぎはキツいけど、こういう時こそ若手に経験の場を与えるべきところなのに…まあ、こういう起用法を続けてきて、伸び悩む若手(いや、中堅もか?…笑)だらけの今があるんだよなぁ、と再認識させられる一戦にもなってしまいました。(大谷・内の方も「俺たち、この展開で投げさせられるの?防御率悪化したら、いやだなぁ…」っていう戸惑いが感じられた)
そんな若手・中堅たちを尻目に250本ものホームランを積み上げた方、おめでとうございます!

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:01 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。