最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年05月23日

大地にホームランを許した嶋の配球から判る恐怖【この先も地獄か…】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

【追球】楽天・岸「欲が出た」 相手の反応で変えた配球が裏目に (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

まずは打たれた岸側の「言い分」だが、直前のボール「スライダーに対して大地の反応が合っていなかったから」という事だそうだ。11個奪った三振の決め球は全て「真っすぐ」。これだけ真っすぐで決めに来ることが多かったので、裏をかいたようなことをこの記事では書いてあるが、そもそも大地に本塁打を打たれたカウントは2-1のバッティングカウントだから、ちょっと的外れな意見に見えてしまう…

ノムさん、楽天・嶋のリードに「星野監督なら…」 (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース

こちらは元上司の「お小言」ですが、これは試合全体を見ての「喝」なんだろうか?あの部分だけ見て、「それはダメ」と言い始めたら単なるモウロクジジイだぞ。

俺が土日の試合を見て気になったことは1点。
それは美馬先発のゲームの時にもチラッと書いたが、
『本来ある程度の割合があるカーブを捨て、真っすぐ系のボールで押しきろうとした姿勢』
これに尽きます。土日ともに主戦捕手の嶋がマスクをかぶった。ここから何が読み取れるのか?

美馬については登板ゲームの時のエントリーに書いたが、岸も独特の大きなカーブを持っているピッチャー。ところが日曜の岸は、真っすぐ・チェンジアップの緩急でほぼマリーンズ打線を牛耳った。二桁安打放っているから傍目には岸を攻略しているようにも見えるが、実際に試合を通してみた者の感想は、
「きりきり舞いに近い?」
と思える内容だったぞ。11奪三振が全部真っすぐだったことが象徴的。
マルチ安打放っている者が何人かいたけど、クリーンヒットというにはおこがましいものばかりで、天敵大地がいなければ「制圧」されていたような形だった。

この2日間、嶋はなぜにここまで真っすぐを多めに配したのだろうか?
マリーンズ打線の各打者のスイング力が他チームの打線より明らかに弱い…っていう理由なら、この先更なる地獄しか待っていないと思われる。活発な他球団打線の打者達に比べ、
「真っすぐに振り遅れてるな…こりゃ、真っすぐが一番安全(笑)」
とナメきられているとしたら、これほどの屈辱もない。でも実際、そんなような上から目線からの、攻めっぽかったからなぁ。
或は当節の分析力とやらでスイングスピードが計られていたりして、丸裸にされているとか…スイング弱いバッター達にはカーブのような遅いボールはタイミングが合ってしまうかもしれないもんね。なのでカーブ配分を弱めましょう、と。
考えれば考える程、暗い気持ちにしかなってこないことばかり思い浮かんでくる(笑)

首位楽天に勝ち越して上げ潮にも見えるが、内容を見ると、とてもそんな気持ちになれないようなものだよなぁ。実際ウィークエンドは安定している部類のピッチャーが放る順番だから、彼らが「神ピッチング」してくれれば、ある程度試合にはなる。というより、かなりの(投手陣が)ベストピッチをしても大地の2ランが出てなければ負け越していたわけだし…
先乗りからの情報を元に、ホークス投手陣が真っすぐを多めに使ってくるのか?そこが対ホークス3連戦の見所です。

とにかく小手先流野球のなれの果てが、ワイルド・パシフィックリーグでの「力対力」勝負に完敗する野球になっているという事は、この嶋のリードから見ても厳然たる事実であろう。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 05:58 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。