最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年05月22日

岸キラーすぎる大地に又も救われる

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨年だったか一昨年だったか忘れたが、文化放送の「かわのレポート」内で、
「ヤバイです。今日の岸さん、打てそうな気しかしません」
的なことを、大地が言っていたのを覚えている。
「おいおい、そういうのは黙っておいた方がいいんじゃない?(笑)」
と思ったものだが、その日も3本のヒットを連ねて、
「これはマジモンだ…」
と驚いたことがあった。

昨日も3安打放ち、挙句の果てには逆転2ラン…
相性の良さではかたずけられない位、魅入られるように大地の打てるポイント・タイミングでボールを投げ込んでしまう仕組みになっているようだ。実は4打数3安打の「唯一の凡退打席」のセンターフライも、相当いい感じで捉えていた。「紙一重」と言ってもいいぐらい。でも岸攻略マスターの大地からすれば「何やってんだオレ。こんなイージーミスするなんて!」と、もう1回ネジを巻きなおすキッカケになったのかもしれない。
不可解なのは嶋が「打ってください」と言わんばかりのところに放らせたことだ。この辺まだ、岸-大地の相性の良さのすさまじさを体感してないからかもしれない。前回対戦でも岸からホームランを打っている筈なのだが…もうちょっと痛い目に合わないとインプットされないのか?(笑)

それにしても「大地の逆転2ラン」といえば、4月に俺も見に行った平日デーゲームで、宮西から打ったホームランも8回裏の「逆転2ラン」だった。あの時も3連戦勝ち越しの原動力になる一発だったし、値千金弾だよなぁ、どっちも…全11勝中2勝がこの勝利な訳だし。
この大地まで「ギリ4打席回った」ことが勝因かもしれない。おそらく岸は8回までだったでしょうから(俺は大地のところから松井裕樹投入もあるかもしれないと思ったけど、さすがにそんな逃げるような降板をさせて岸を辱められないという思いが楽天首脳陣にもあるんだろうな)。
なので岸から10本放った(うち大地が3本だけど…笑)他の「脇役」打者達の「つなぎ」も賞賛しなければな。
特に4回に2死からタイムリーを放った翔太。9球粘った末に打ち返した。表に「2点目」を入れられ、「岸相手に2点差は重すぎる…今日もダメなのか」と思い始める展開で出た一撃だっただけに、これがデカかった。翔太は次の打席でもアクロバティックに内角球を捌き、身体能力の高さを見せつけてもいた。
ダフィーがベンチに下がったことによって「三塁翔太・遊撃三木」の、(この前も書いたけど)現状一番守備が安定している三遊間になった。そのダフィーを守備要員に使う、もうどうなっているのか判らんチーム状態だなぁ…。
42歳井口っさんが、最後ヒットを打ってなければ、やはり大地に回っていない。他のバッターが岸のアウトサイド低目に「見逃し三振」を連発する中、チョーンとそのボールにもバットを出して、拾って外野の前に打球を落とす打撃には年季を感じました。

唐川も初回先頭打者の茂木に初球をバックスクリーンに運ばれる衝撃的な一発を食らい、その裏味方が岸の前に「三者連続三振」に倒れ、球場全体が「今日も勝てんのか…」というムードに包まれたところから、よく踏ん張った。昨日はボールが低目に集まっていたので大ケガをせずに済んだ。特にチャンスで回ってきたペゲーロに対して、カーブを低目に集められたことが収穫だった。
また三木が地味ながら守備で効いていた。特に4回表。1点は失うことになるのだが、1死1,2塁から岡島の三遊間への内野安打性のあたりを好判断、2塁へ送球して一つアウトを取ったことがデカかった。体を反転させなければならず難しいプレーだったけど、送球も完璧でツーアウト目をもぎ取った。あれがなければ1点では収まっていない可能性もあった。

楽天側では前日に引き続き田中クレージーKが9番で先発に使ってもらっていた。昨日は打席では見せ場が無かったが、ひとつ守備で好プレーを見せていた。1塁側フィールドウィングシートの網がはってあるところに飛んだファールフライを、網に体を預けるように飛び込んでキャッチ!
「出た、ザ・ハンモック・キャッチ」
捕球後ハンモックに揺られながらも、「ゆりかごダンス」を決めるクレージー。網の中の赤ん坊まで演じきるとは…これは役者としても相当なタマかもしれない。

そして8回から大谷にスイッチし、「9回はどうなるんだろう…」と固唾を飲みながら見守っていると…
内取締役の3日連続出勤!
おおお、あの非常勤役員様が3日連続で出社してきている!!まあ8連敗中も含め9連休の大型バカンスを取った後だから、少し仕事がたまっていたのかも?(笑)
本人的にも相当不安があったであろう中で、話の判る銀次・岡島が商談先の担当者で3球で2アウトにしてくれる。でも代打聖澤にはスライダーも抜けて、四球…結局田中の代打、アマダーをなんとか抑えて逃げ切れた。
ヒーローインタビューで「3連投でしたけど、不安はありましたでしょうか?」という問いに「ハイ」と即答する内。逆にこういう返しが出来るという事は、本人的には「連投行ける」っていう余裕が生まれてきたのかも?でも、すぐ「ポキッ」と、いく人ですから…首脳陣は調子に乗らず大事に使えよ。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:12 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
お疲れ様です。
翔太はオープン戦から、今年はヤル予感がしてました。1安打目はナイス、2安打目は驚き!追い込まれてからインサイドあの捌きが出来るなんて。ちょっと打てない時期があっても、小手先懲罰は暫く我慢して使って欲しいです。
岸キラー、キャップの活躍により監督の面の皮もとい、首の皮一枚繋がった感じですかね⁉ Xデーは交流戦前と読んでいたのですが..
Posted by クルーズ at 2017年05月22日 12:52
>クルーズさん

書きこみ、ありがとうございます。
>ちょっと打てない時期があっても、小手先懲罰は暫く我慢して使って欲しいです。

その我慢が出来ていたら、こんな伸び悩んだ選手だらけのチームになっていない筈ですから…(笑)本人が打ちまくるしかないでしょうね。
Posted by mansengo at 2017年05月22日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。