最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年05月10日

JRキューポ統合の「Qデー」迫る【統合後予測】

HOMEnanaco・Edyなど電子マネー > この記事

7月7日の「JRキューポ」への統合が刻一刻と近づいて参りました。
列車予約の「eレールポイント」と、JQカードのポイント「JQポイント」、ICカードのポイント「SUGOCAポイント」というJR九州の3つのポイントが統合され、同じ一つのポイントとなります。


「JQ CARDエポス」あるいは「JQ CARDエポスゴールド」持ちには気になるところですが、それぞれに登録して使ったことのある筆者の「予想」を書いてみたいと思います(あくまでも個人的予想ですので、真に受けないで下さいね!)

jrkyupoyomi

昨年11月28日に発表されたプレスリリースには、こんな参考図が記されておりましたが、「3つのサービスのポイントを1つにおまとめ!!」というところの下の部分、黄色のマーカーを引いたところに、ご注目下さい。

JR九州Web会員サービスに「JQ CARD」「記名式SUGOCA」のカード番号情報をご登録いただくと、ポイントを1つにまとめることが出来ます。

つまりJR九州Web会員サービスの「eレールポイント」が「主」で「JQポイント」「SUGOCAポイント」が、それにぶら下がる「従」という形で収斂されるんじゃないかと思います (企業合併でいうところの存続会社が「eレールポイント」なんじゃないかと…)。
実際にJR九州Web会員になって、JR九州の列車予約をして「eレールポイント」を少額ながら貯め、「JQポイント」に交換経験のある筆者だから判る部分もあるので、ご説明申し上げたいと思います。

複数のJQ CARDがいろいろなイシュアから発行されているのですが、JQ ポイントを合算することは出来ません。たとえ同一人物が複数のJQ CARDを作っても、JQポイントを管理する画面は「別アカウント」になってしまうのです。
列車予約で貯まる「eレールポイント」は「JQポイント」と「Tポイント」「Ponta」に交換出来ます。「JQポイント」へのみ1ポイントから交換可能(PontaやTポイントへは500ポイント~で、交換のハードル高し)なんですが、JQポイントに交換するには「そのeレールポイントが貯まることになった列車予約を、当該JQ CARD決済で行ったものだけ交換可能」となるのです。つまり他のクレジットカードを使って列車予約すると、JQポイントへは交換出来ません。これは「他のJQ CARD」であっても、然りです。
あくまでも「1つのJR九州Web会員に、1つのJQ CARD」しか紐づけられないことになり、別のJQ CARDで決済してしまうと、その分のeレールポイントはJQポイントに交換出来ないのが現状なのです。

参考:JQ CARDエポスゴールドへの切替余波「JR九州」のネット予約で貯めたポイントの消失危機

つまりどこまで行っても「1つのJR九州Web会員に1枚のJQ CARD」という原則は、ついて回ることになるでしょう。
「列車予約が出来るJR九州Web会員サービス」に「JQ CARD」と「SUGOCA」の番号を紐づけ、その1アカウントに貯まるポイントが「同じ」になるということでしょう。
「別アカウント」の他のJQ CARDのポイントが入りこむ余地は引き続き無い、ということになると思います。
このタイミングで他社とのポイント交換も止める可能性が「高い」と踏んでおります。或は「主」である「現eレールポイント」と交換可能である「Ponta」「Tポイント」とだけポイント交換を残し、「従」である「JQポイント」「SUGOCAポイント」は「eレールポイント」に組み込まれる形で姿を消し、「従」の方のポイント交換は停止…と。

そうすることによって、Gポイントを挟んだ「エポスポイント」と「セゾン永久不滅ポイント」の実質的交換も塞がれることになります。JQポイントによる他社同士のポイント合算を直接的には阻んできましたが、実際はGポイントをかますことによって出来てしまっていたものを放置してきたのも、この統合のタイミングまで暫定的に許していただけの線が濃いんじゃないかと睨んでおります。
そうはいっても統合をきっかけにポイントの流通量を活発化させ、増やしていきたい思惑があるのかもしれませんから、そうなると外部流入の道は残してくれるかもしれません。その場合は、
「JRキューポ 10:8 Gポイント」
なんていう交換レートに落ち着くかもしれませんね。
あるいは「Gポイント→JRキューポ」の一方通行交換、とか!
今までは「JQポイント→Gポイント→SUGOCAポイント」と、JQポイントをSUGOCA化するための意味合いが、Gポイントとの提携にはあったと思うのですが、JRキューポで統合されればこの部分は考えなくていいということになります。そうなると「一方通行」の線も濃いんじゃないかと…(現にSUGOCAポイントとGポイントの交換は「一方通行」です)。

仮に「8掛け」で相互交換の道が残されれば、ソラチカルートで「0.72」でANAマイル化出来るので、依然それなりにANAマイルを貯めるカードとして機能するんじゃないでしょうか?
いや、10:7や10:5もありうるかもしれません…参考までにセディナカードがGポイントへ「10:8」での交換を実施しております(ただし5,000ポイント以上からは「等価交換」可能です)。これより兌換率が下がるクレジットカード会社からのポイント交換は無いので、「8」が下限じゃないかとは思いますが…。

さて大逆転で「Gポイント等価交換」の道は残されるのか?
運命の時「Qデー」(2017年7月7日を個人的に勝手にこう呼んでおります)が刻々と迫っております。
JQ CARD関連の情報はこちら→JQ CARDエポスゴールド総合情報局

【2017年7月追記】
JRキューポおまとめ登録でW永久不滅?…実際にサービスが始まって、2つのJQ CARDを登録してみました。新しいポイントサービスがここに!



posted by mansengo at 03:55 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。