最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年05月10日

この展開で2桁安打にならんか…この展開で内投入しないとなんないのか…

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

今季火曜日初勝利。
この試合は日帰り(?)で仙台で見る計画があったのだが頓挫した。5月はちょっと動きづらい。
昼間のゲームだったけど、とりあえずTV視聴の方は出来ました。

序盤はどっちに流れがいくか微妙な感じだったが、2回裏にイーグルスが「幻の先制」に終わったところから、一気にマリーンズに流れが傾いたようにも感じた(最初細谷のバックホーム&田村のタッチプレーが「セーフ」の判定で、リプレー検証の結果「アウト」と判定が覆った)。昨年ファーストを結構守った細谷だったから間一髪アウトに出来たプレーだったかも?他の怪しい人達がファーストだったら…(恐怖)。
そのピンチを凌いだ直後の3回表、平沢がチーム初安打となる二塁打で出塁。今日は母校仙台育英の生徒が「全校観戦」しており、後輩たちの目の前でいいカッコしたい先輩は張り切っていた。仙台育英の生徒のためにデーゲーム開催している日なのか?平沢先輩の打席の時以外はイーグルスを応援しており、
「現金な応援団だなぁ」
と苦笑してしまった。この後、2死から伊志嶺が四球を選び、このところ3番に入っている細谷が、先制となるタイムリー三塁打を左中間に運んだ。3-2から投げるボールに窮した辛島が投じたカーブが真ん中に入ってきた。これを逃さず打ったが、レフト岡島にもう少しで取られそうな当たりでもあった。細谷は率は低いが勝負強い。数少ない勝ちゲームの勝利打点、細谷になってること多いんじゃない?

次の回も3点入れるのだが、2死から下位打線が連打したことによって、1,2番が返す、イーグルスの1,2番(茂木・ペゲーロ)のお株を奪う「流線形打線型」による得点だった。2番に入った伊志嶺は「犠打」「四球」「適時打」と完璧に3打席こなすも、左腕の辛島がマウンドから消えると、代打・柴田を送られる…。
1打席目ファーストストライクを叩いた平沢だったが、2打席目は2-0からのチャンスボールを見逃し、「もっと積極的に行けよ」と思っていたら、3-1からの真っすぐを逆方向にしっかり運ぶ。こちらはバットのヘッドを返さない「技あり」の一打。これで2塁に走者が進んだため、それほど長打の無い1,2番でもあるので、レフトの岡島がかなり前目に守っていた。2人とも岡島の頭上を越える安打で、追加点を叩きだした。
岡島が前にいたからヒットになったような当たりだったが、走者を貯めたことが大きかった。また辛島のボールが全般的に高く、本調子ではなかったことは明らかで、それゆえに取れた5点にも思えた。
そうはいっても難敵・辛島を早期降板に追い込んだんだから、ここは今後の勢いをつけるためにも敗戦処理系の投手を打ち込んで…
結局4回までに6本のヒットを放ったものの、5回以降2本しか出なかった。うち1本がダフィーの来日初本塁打で、後から振りかえると、この一打がかなり大きかった。それにしても打線が上向きになるには、どこかで「2桁安打」を続けないと勢いもつかないんだが、今日の展開でも打てんか?

チェンは6回無失点。結果を出した。
が内容的には「?」。5つもの四球を出した。初回、チェンのボールがかなり切れているように見えた。球速以上に速く見える。ただ回を追うごとにキレが落ちているように画面越しに感じたんだよね…もちろん、こういう投手は結果が欲しいので初回から飛ばしていったんだろうけど。後から振りかえると4回裏二死満塁のピンチを無失点で切り抜けたのが大きかった。「流線形」で下位がチャンスを作り、1番の茂木。イーグルス打線がつながりまくる、典型的パターンに入ってきたと思ったら、ここをセカンドゴロで切り抜けられた。
チェンの持ち味であるクロスに入るボールを「ボール」判定されることも多く、アンラッキーだった面もあった。審判の判定にめげずに、「よく粘った」とも言える。イーグルス戦の中継TVは常時9分割のマス目が表示され、その打席中1球目から、どのコースに投球が来たのか、打席が終わるまで表示されるんだが、ストライクゾーンに来たと表示されている球の判定が「ボール」になっていることが多かったもの(笑)

問題はチェン以降の継投。7回酒居が2失点、8回有吉が1失点で、まさかの6対0ゲームが、最終回セーブシチュエーションにまでなり、クローザーの内に「重役出勤」をお願いしなければならない事態に陥った。
7回の酒居。「よく2失点で済んだ」というのが率直な感想。清田がフェンス上の金網を恐れずにウィーラーの長打性の当たりをもぎ取ったのが、2点で収まった最大要因。
「今日最大のヒーローは清田」
だと思った。打席ではノーヒットだったけど…(やはり復調していない)。
酒居に関しては東京ドームで見たデビュー戦でも感想を書いたが、「右打者のアウトコース(左打者へのインコース)への軌道」が軸になってくる投手だと思うのだが、その理由と欠点について書いてみよう。
左肩の開きが早く、その分ボールが投手の習性的に右打者のアウトコース(左打者のインコース)へ流れるんじゃないか?このコースへは「いいボール」が行くのだが、他のコースへは自分の思い通りのボールが投げきれていない印象。今日も田村が左打者へのアウトコースを要求すると、コントロールミスを連発して中に入っていた。茂木に打たれたホームランにせよ、続くペゲーロの打席を見ても、そんな感じだった。フォームの習性として投げれるコースへは、狙い通りのキレのあるボールが投げれるが、それにしても肩の開きが早いので打者からは見やすいと思われる。1イニング33球を要し、なんとか2点で収まったのだが、攻撃時間も長く「下手したら追いつかれるんじゃないか?」という恐怖感に苛まれるイニングとなった。とりもなおさず清田のビッグプレーに救われた回であり、試合となった。
ただ最後のアマダーを三振に切って取った時は、田村のサインに首を何回も振りながら真っすぐを投げ込んだ。この辺は向こうっ気の強さも感じる(変化球に自信が無い日だったのかもしれないが)。3-2からのフォークが初めていいコースに決まり、空振り三振を奪い、ようやく7回裏が終わった。

なおも、ここまで防御率0.00だった2人が立て続けに失点するんだから、イーグルス打線はやはり恐い。7番島内、8番岡島…って、もうこの辺なんかは下位打線って感じがしないもんな。聖澤や藤田が控えに回らざるをえないって打線分厚すぎだろ!8回はその島内・岡島の連打の後、途中出場で今日から戦列復帰の(俺の嫌いな…略して)オレ★キラ嶋が、なんと4点差でバント!?嶋の体が本調子じゃないこともあるんだろうけど、8回4点差でバントしてくれて、本来なら守っている側が「楽よのう」と思えるところなのに、この打線の場合はかえって恐い。「この回2点でも取っておけば、最終回ワンチャンあるよ」と相手に心理的圧迫感を与えられる攻撃になってるもんな。
まあ、こんな感じで「薄氷を踏む勝利」にまでなってしまったのが、今のイーグルスとマリーンズの「勢いの差」なんだろうな…

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 01:36 | Comment(1) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
おはようございます。まずいです、勝っても
前ほど喜べない…(苦笑)。どうせもうAクラス
無理だし…になってしまってます。
あと試合内容もねえ…。荻野・伊志嶺は
相変わらずHRバッターみたいにすくってるし、
ダフィーのHRは緩い球をあまり投げない戸村で
バットの軌道の場所に投げてくれただけ…。
この打席だけは、打てるかもな…と思ったら(笑)。
チェンは良かったですねー、二度と
できないんじゃ?ってくらいに。
ただ、中で頑張ってる大嶺・酒居に先発のチャンス
あげたいですねえ。アピールしてるのに
先発できないのは可哀想かと…。
楽天打線は、正直言うとさほどでもないかなあ。
ペゲーロ以外の外人の打率、ダフィー
みたいなもんだし(笑)。藤田が一番恐いです。
ロッテは横浜から移籍した選手に打たれるんです。
ダイエー時代の多村、ホークスの内川、
そして楽天の藤田…。恨みたくなるくらいです。

今ロッテに望むこと…野球を楽しませてください。
無策で打たせるだけは辞めて欲しい…。

ちなみに、読売ファンに、今日の打線のスコア
見せたら絶句してました(苦笑)。
Posted by RYAN34 at 2017年05月10日 04:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。