最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2017年04月29日

平沢、試練の3三振3失策。西武神外野&ザル内野の前にドロー

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨日のゲームはテレ玉の中継(をネットする千葉テレビ)で見た。
「これって文化放送の音声をそのまま流しているのか?」
と最初、そういう聴覚に襲われた。
実況:上野、解説:大友、レポーター:あさりど堀口…
TV中継って感じじゃない、上野の実況にまず違和感(いつの間にか文化放送退社してフリーになってたんだな)。そして大友さんは、既に飲んだくれオヤジ系解説に近いものだった…ただ話の内容自体は悪くなかったような気もする。

ヒットが12回を通じて「4本」…
貧打ここに極まれり!
と叫びたいところでもあるが、序盤から中盤にかけては、外野にいい打球が飛んでいたりもした。3番清田、4番大地、5番井上のクリーンアップはいずれもいい当たりをしていたが、清田、大地の大飛球は秋山や木村の前に「外野フライ」にされてしまった。
また3回表には2塁にダフィーを置いて、伊志嶺がセンター前にヒットを放つのだが、これも秋山の好返球の前に先制のチャンスを潰された。

すると、その裏、相手1,2番の連打から、3番浅村のゲッツーの間に先制される。浅村は率だけ見ると高率だが、
「あれ?つい最近までは4割半ばぐらいまで行ってなかった?」
と思ったので、最近5試合に限って見てみると1割台だった。前節オリックスにスウィープされているので直近打率が軒並み低いのは判るんだが、「何の問題もない」的な見方をしているゴンドラと違って、
「浅村、何かが狂いだしていないか?」
と思わずにいられない昨日の全打席だった。浅村って、あれだけブリブリ振り回してくる訳だから、メカニズムが狂うと苦労するタイプだと見ている。実際昨年の前半は大苦戦してたわけだし(でも後半自称「神ってる」状態になって持ち直した)。

試合序~中盤あたりの西武外野陣のサーカスショウの後に来たのは、それとは対照的なザル内野ショウだった!
6回表の逆転は田村のセンター前安打を秋山にかっさらわれるところから始まるのだが、この辺での大友の解説が秀逸だった。2-2カウントで粘っていたのだが「追い込まれて軽打狙いになる田村くんの打球はセンター右寄りにおっつけてくるので、気持ち前に守ってそっち方向にスタートを切る準備をする。秋山くんの準備の賜物。普通、0死で後ろに逸らすかもしれないあのライナーに飛び込めないですよ」
というような感じで秋山のプロ中のプロのプレーを分析していた。田村の打撃の特性を把握している時点で「おっ、この人は他球団の選手もちゃんと見ている」と信頼がおけるね。
プロ中のプロの後がおそまつ君の連続。ゲッツーを焦って、エンドランがかかっているため微妙なタイミングの2塁に放って、走者がブラインドになって遊撃が落球するプレーでアウトを1つも取れず。さらにはロッテが荻野のタイムリーで追いついた後の、2死からファースト・メヒアが、やや1,2塁間寄りの打球をバックハンドで取ろうとして取りきれず、エラー。またしても相手内野陣の考えられないミスの連発で、この試合唯一の得点「2」がこの回に入った。浅村は打撃に迷いが出てきたからか、間に合うか微妙なタイミングでそのまま2塁へ投げてしまう「雑さ」が出たね。こういうところからも、打撃に影響が出ているんじゃないかと憶測出来る。

それをミスでお返しするのが現状のマリーンズ…
平沢が3失策記録したが、うち2つはエラー裁定には厳しいものだったような気もする。1個はメヒアの三遊間寄りのゴロを踏ん張って1塁に投げるもツーバンになり、アジャがこれを取りきれず…ショートとしてはやや肩が弱いような気もする平沢の送球も萎えるが、それをワンバンで捕りに行かないアジャのノーセンスに目まいがしてくる。
このミスの直後にミセス…notエロス直人が登場。バントがあるはずなところなのに、ヒッティングで追い込まれる。ところがここからがイヤらしい。涌井のいいコースに決まったスライダーをチョーンとバットの先で捉えてセンター前。フラフラと上がった分、1塁のメヒアから見ても躊躇わず3塁へ行ける打球になり無死1,3塁の好機を作られてしまう。
「艶めかしすぎるぞ、エロス…」
エロスは8回に内取締役と対戦するんだが、メヒアに対して完璧な投球をして、
「今日の俺様のスライダーはキレキレだぞ!」
と確信したはずの内(1死取っただけでガッツ)から、追い込まれてから事もなげにストライクからボールになるスライダーを見逃し続け四球…
「どうやったらこんなに橋本マナミなみにイヤらしいポーズでバットを止められるんだ…」
とゴクリと生唾を飲んだ。

(話は6回裏に戻る)無死1,3塁。セカンド、ショートは中間で打球によっては6-4-3(または4-6-3)orバックホームの選択。サードは3塁走者の動きを見てバックホームとゲッツーの選択。外崎の真正面サードゴロに3走メヒア突進。これはホーム返球かと思われたところ、ダフィーが3塁走者の動きを目視で確認した上での、
5-4-3…
なんだ、コレは!瞬間頭が飛んで状況を忘れてしまったのか…「こう来たら、こう」っていう確認が疎かだったのかなぁ。 しかも目視した分のタイムロスで取りたかったはずのゲッツーも取れず、打者走者を1塁に残すし。
涌井にとっては酷すぎる失点。でも、この後を抑え踏ん張るところは「さすがエース」。

その後はこちらがチャンスを全く作れないまま、相手の度重なるチャンスを中継ぎ陣が凌いで、なんとかドローに持ち込んだ。
9回裏の益田が1死1,2塁のピンチを背負うが、ここも不調への階段を歩み始めていると思われる浅村のゲッツーに救われる。サードはダフィーが「懲罰」と思われる交替で翔太に代わっていたが、これダフィーだと状況的にテンパっていてサヨナラになっていたかもしれない。やや強めの打球をバックハンドで処理して、そのままベースを踏み、1塁へ転送。かなり冷静に事に対処していた。ここセカンドに投げて5-4-3を狙ってもおかしくない場面だっただけに、より確実な5-5-3を選択出来る翔太にセンスを感じた。

平沢のその後のエラーに関しては
「ヒットだろ?」
と思わざるをえない当たりだった。取って投げても間に合わなそうな当たりをエラーとか…あと大地にエラーが付いているのは、アジャの捕球ミスで、公式記録員の裁定が最低だった。とにかく動きが緩慢なんだよなぁ…いや、まあ打撃でホームラン連発している外国人選手が、あんな感じのファースト守備をするのは「致し方ない」で我慢できるところなんだが、2割5分切って、待望のホームランもまだ出ていないところを見ると…
いや、他が酷いから使い続けてもらえるんだが、新外国人のポジションによっては「元の木阿弥」になるかもしれないんだから、ここが正念場と思って結果を出して頂きたい。
マリーンズの打者の打球が外野にいっても失速することを上野が嘲笑するような実況をしていて、凄く感じが悪かった。
感じが悪いんだが、
「何もいえねぇ」
と思ってしまう位、それが事実なんだよなぁ…貧打って根深いよ。ノーパワー野球を推進してきて、勝てないだけでなく、野球的な魅力も失いかけつつあるわけで…。

「貧乳…もとい貧打とエロスを語らせたらアンタの右に出る者ナシ」と思ってくれたら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 08:49 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
いつもエロ楽しいブログありがとうございます。
 昨日の上野アナひどかったですね。アウトカウントや打席のバッター間違えまくり(いずれもロッテの攻撃の時でしたが)、内重役の縦スラをナックルカーブと連呼する始末。昨日は埼玉だけでなく千葉にも中継されていると解っててこの実況。半分は文化放送の松沼兄弟解説を聞いておりました。
 6回のあとの伊東監督の主審への抗議ってなんだったんですかね?スポナビで見直すとバント後の守備妨害じゃないかって言ってますが、監督のイライラぶりが伝わって、痛々しかったです。
Posted by 雨降りサーカス at 2017年04月29日 10:29
>雨降りサーカスさん

書きこみ、ありがとうございます。
握りや軌道はナックルカーブっぽいところは、あるといえばありますよね…まあ、それでもアウトカウント間違い等は酷かったですね。
伊東監督は最近よく審判にイチャモンつけて鬱憤晴らしてますよね。作戦立てる程走者も出ないので、ヒマなんでしょう(笑)
Posted by mansengo at 2017年04月30日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。