最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年09月30日

Spotify日本上陸初日に課金に成功!

HOMESqueezebox/海外音楽サービス/ネットラジオ > この記事

何年体育座りして待ったことか…
待ちきれなくてUSアカウントを取ってしまい、数カ月利用してしまった過去…(日本からのアクセスはご禁制時代)

祝・Spotify、日本上陸!

spotifysqu201609_2016_09_6

とうとう俺のSqueezebox touchが火を噴くぜ!

2012年、このブログは野球ブログから外国の音楽サービス情報ブログに模様替えする一歩手前まで追い詰められていた。
黒船Spotifyが来る…
当時「Spotify 日本」などのキーワードでGoogle検索すると、このブログの順位が10位以内だったこともあるんだよ。
しかし来ずに、野球ブログを継続。野球ブログの読者の皆さんにはお別れの言葉まで言っておきながら継続しているという
「やめるやめる詐欺」
の前科を1件作ってしまった。

あれから4年。Spotifyは何度も上陸を噂されながら、結局「噂」に終わった。
「上陸するぞするぞ詐欺」
と言われ続けたSpotify。日本の音楽レーベルや著作権協会は、彼らが思っている以上に手強かったようだ。
そして2016年9月29日午後。日本版Spotifyがついにローンチした。
ところが「招待コード」をお持ちでない一般の方は、11月ぐらいまで「招待コード」の方が来ず、まだこのサービスに触れられないようだ…。

俺も無理かと思ったら、アメリカ在住(ということになっている)のUSアカウントの方を、JPアカウントに切り替えることが出来た。
「30日間無料体験」
というボタンが現れたので、またまたタダで1ヶ月楽しめるのかと思いきや、クレジットカードの情報を入れたら「即課金」されてしまった…まあ、いいや。待ちに待っていたのだから。
ちなみにUSアカウントのまま日本発行のクレジットカードは登録出来ません!(かつてUSアカウントを取る時は、アメリカ人としてFacebookアカウントを作り、アメリカ人としてPay Palアカウントを日本のものとは別途取得&課金設定して、要約使えたんだよな…)
USアカウントからJPアカウントに切り替えると、当然国別に制限も変わるので、聞けた曲が聞けなくなったるすることもある(その逆も)。

取り敢えずは自分の好きな日本のアーティストが収録されているか一通りチェック。
spotifysqu201609_1
spotifysqu201609_2016_09_2

The Grooversは4人編成の「黒歴史」時代のアルバムが3枚あるだけじゃないか!!もうこれは完全な別物で、脱退したボーカルの声聞きたくないんですよね、マジで。(あと、海外の同名別バンドの曲はあるが…)
Four get me a notsはUSアカウント時代に、インディーズの頃のアルバムが数枚Spotifyにあったのを確認していたのだが、アーティスト名で検索しても出てこない…。
ANIEKY A GO GO!は勿論、メジャー時代「デキシー・タンタス」の頃の曲も1曲もナシ。
オリジナルラブはUSアカウント時代に、2010年代インディーズになってからのアルバムがあって、プレイリストに入れてよく聞いていたのだが、日本版は逆に90年代~00年代のメジャー時代のものが置いてあって、インディーズになってからの曲が見当たらない。
この辺、実に興味深い。

他、いろいろ試しに調べて見る。
このブログでも曲を1回ネタで取り上げたことがある、
Key OF LIFEの「ASAYAKE」
”ASAYAKE"で検索してみた。
当該曲は見つからず。でも結構これで順に聞いていったりすると、面白かったりする。
spotify_asayake

カシオペアの「ASAYAKE」がやはり一番に出てきた。
この他ロードオブメジャーやMOON CHILDもある。
レーモンド松屋って、おそらく昭和の歌手だと思われるが、こんなのまであるんだなぁ(笑)

スタッフが編集したと思わしきプレイリストも見てみる。
spotify_jpukrock

何だ、これは! 「Japan Loves UK ROCK」
オアシスやクイーン、スティングなど、いかにも日本人が好きそうな名前が…おっ、俺の好きなマニック・ストリート・プリーチャーズもこの中に…「エレファントカシマシ」って、UKのアーティストだったの?(笑)いや結構それっぽいのかどうか微妙な日本のアーティストがパラパラ入っていて、カオス感が素晴らしい。嫌いじゃないです、こういうの。

さてSpotifyの曲をPCナシでも、ステレオなどに繋いで聴けるSqueezbebox touchに1年ぶりぐらいに火を入れた。ほこりまみれだったので、まずはお掃除してあげてから…

このマシンを本格的に活かすには、Spotify自体より、他のネットラジオなどを「流し聞き」している時にこそ真価を発揮する。
たとえば「SHOUTcast」という世界中の有志が行っているネットラジオのポータルにアクセス。

spotifysqu201609_2016_09_3

spotifysqu201609_2016_09_4

spotifysqu201609_2016_09_5

「JPOP」と入れてサーチしてみる。

spotifyshoutcast_1

ズラズラとJPOPを流している候補局が現れるので、とりあえず「J-Jams」というのを押してみよう。

spotifyshoutcast_2

こちらで今流れている曲名が表示される。
曲はヘッドホン端子からヘッドホンで聞くもヨシ、デジタル出力から手持ちのステレオに繋いでスピーカーから聞くもヨシ!
高音質のSpotifyをピュアオーディオで楽しめる機械でもあるんです。

spotifyshoutcast_3

上の「Now Playing」というところを押すと、こちらの表示が現れ、
「On Spotify」
という文字も見える。ここをタップすると、どうなるのか?

spotifyshoutcast_4

実は今流れている曲名から、Spotifyにそのアーティストや曲が収録されているか、調べられるのである!

spotifyshoutcast_5

spotifyshoutcast_6

spotifyshoutcast_7

「Star Track」にマークしておけば、後で高音質のSpotifyで改めてその曲を聴ける訳です。初めて知ったアーティストの他の曲も聴けるし、こうやって「新しい音楽との出会い」が簡単に出来てしまうのです!

spotifyshoutcast_8

Spotifyに遷移すれば、当然ジャケ写の方も映し出されます。素晴らしい。
Spotifyアプリに遷移してからは「関連アーティスト」なども表示され、それでプレイリスト化したラジオも聴けるようになり、よりその周辺にアプローチしていったり出来ます。
何気なく聞き流してしまいがちなラジオの曲。
「いい」
と感性が働いた瞬間、マーキングできるわけです。

この素晴らしいマシン「Squeezebox touch」なんですが、日本未発売の製品で、私これも4年前「amazon.com(つまりは米国アマゾン)」で個人輸入という形で購入しました。既に製造中止、メーカーのLogitechもこの事業から撤退し、サポートもありません。
スマホやタブレット、果てはNASまで、この製品専用のアプリがサードパーティ製のものを含め多数あり、驚くぐらいに多彩な音楽の楽しみ方を提案してくれます。
(日本のRadikoプレミアムをこのマシンで聞くアプリまで存在します!日本のメーカー品にはRadikoプレミアムに対応している製品は無いと思います。が、残念ながら曲名表示には対応しておらず…)
あと、当然のことながら米国製の製品ですから日本語検索は出来ません…(日本語表示は可能です)。日本語のアーティストはPCなどで検索して、あらかじめプレイリストを作っておく必要があります。

Spotifyが日本上陸した日から楽しめ感無量です。
今日はその感動の一部を記して終わりたいと思います。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。