最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年09月22日

勝利も心の底から喜べない人達…清田、アジャ…そしてスタンリッジ

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

「直接対決」で2対0での勝利を収め、西武も負けたことによってCSまであと一歩のところまで詰め寄ったマリーンズ。序盤の展開を見ている限りでは
「たぶん、負ける…」
といったものだったが(5回まで1安打)、一球をきっかけにマリーンズの流れに。

その一球とは6回1死からの、清田のデッドボール。またしても頭部直撃で、清田も切れた。本人はやれるアピールをしていたが、場所が場所だけに「大事を取って」ということになってしまう。出場機会に飢えている清田にとって、これによって生じる「空白の期間」が一番痛いのだ。
マリーンズも盟友荻野の離脱に続いて、清田が数日いなくなるだけで、ネモか細谷にレフトを守らせなければいけなくなり、層が一段と薄くなる…でもネモはレフトで銀次のレフト線の当たりをシングルで止める、「いい出足」をしていた。
結局、美馬は危険球退場。自身初の二桁に向けて気合の入りまくったピッチングを見せていた美馬も、1球の過ちで好投をフイにしてしまう。もう1回登板機会があるだろうけど、この死球は美馬にも悪影響を及ぼすかも?
ブルペンは美馬の好投で鼻歌まじりだっただろうし、慌てて肩を作るのが早そうな金刃が出てきた。金刃は常にボール先行となり、苦しいピッチングだった。最初に対戦した岡田には3-0となり、1球ストライクを取ったものの、次のボールをど真ん中に放り、岡田がモノの見事にセンター前に返し、先制。

このボール、実は「ウェイティング」の指示を無視して打った1球だったようだ。昨日の解説は暴君サトだったんだけど、このコメントを聞いて、
「3-1からウェイティングのサインが出るんですね…」
と半ば野球の方向性に疑問を投げかけるように呟いていた。
そんな消極野球していたら、伸びるもんも伸びないだろう…伊東野球の限界を俺も感じたね。(ここは「ど真ん中カウント」とも言うべきシチュエーションなんだから、ウェイティングはありえないと思う)。
暴君は全国放送(CSだけど)だと、千葉ローカルのような傍若無人な解説じゃなかったけど、チクリチクリと痛いところをついてくる(笑)

暴君の矛先はマリーンズ首脳陣だけではなく、イーグルスの3塁コーチにも向けられる。6回1死2塁から、ペレスのセンター前ヒットで本塁憤死した藤田に対し、真喜志が手を回して誘導したことにダメ出し。
「得意技:首脳陣批判」
のサトの本領発揮だ!この場面は次の打者が4番のウィーラーなのだから、止めて1死1,3塁にした方が、守備のいい岡田の返球ミスを期待するより得点確率がいい、とその理由をロジカルに説明していたぞ。

スタンリッジが鬼門の6回を岡田の好返球にも助けられ「0」で乗り切り、味方に勝ち越してもらった後の7回もマウンドに向かった。ところが1死から銀次にヒットを浴びただけで、
「ハイ、それまでよ」
これにはスタンリッジがブッち切れた!
もうマウンドから降りてくる間からブツブツ言ってる。
「クソボス、クソボス、クソボス!」
108球、そろそろ潮時な野球のボールの縫い目の数。でもこれだけ快調な投球なら、自分はこの回最後まで行ける!と思っていたのだろう。
伊東監督が握手を求めに来ると、ちょっと「フザケンナ」っていう意味でか強めにタッチしていた。機嫌がいい日は監督と肩組んじゃうぐらいだったんだけど…。 (こういう人間臭いところは好き)
でも内容は良かったね。とにかくコントロールが良かった。スタンリッジに関しては常に「アバウト」という言葉で表現してきたけど、これだけ狙ったところに投げられるんだ!という驚きもあった。やはり来季契約へのアピールの時期になってくると帳尻を合わせてくる(笑)
これをシーズン序盤から出来ないのだから、どうなんでしょう?まあ保険に残す手もあるが、競争相手となる外国人のスターターがもう1枚は必要。
全体的にカーブ・スライダーが良かったが、5回の2死1,2塁、ピンチでの嶋へのフロントドア・スライダーには痺れた。そこまでインコース要求もアウトコースへ行ってしまう投球が続いており、暴君が
「スタンリッジは右バッターの内角へ投げきれないタイプの投手なので、キャッチャーがアウトコース中心にしてあげる工夫も必要」
なんて言っていて、
「どの口がそういうんだ!!(爆笑)」
と、現役時代のお前のリードの課題がまさしくそうだったんじゃないかと猛烈に画面にツッコンだよ。
いかにもインコースからアウトコースへ流れる球道のボールだらけだったので、不意に訪れたインスラに腰を引いてしまう嶋。これは田村のナイスリードと言わざるをえない。

追加点がないと絶対にヤバいマリーンズ。8回裏、2死3塁で3番角中。イーグルスバッテリーは当然敬遠。アジャ勝負か…と思いきや、
「バッター井上に替わりまして、デスパイネ」
ここで来たか!手首も良くないのに1球目からフルスイング。そして2球目貫禄のセンター前…さすがです。喜ぶベンチの面々。しかしもちろんアジャは複雑な表情。自分の替わりのバッターが打っても、そりゃ嬉しくないだろう。でも君自体がまだ「替わり」でしかないのだ。この怒りをエネルギーに変えて、残り試合で結果を出してくれ!せせこましい采配が大好きな、大砲育成能力に著しく欠ける指揮官を乗り越え、掴み取れ!(おかわりは後任のナベQが使い続けてブレイク。伊東さんは勿論我慢できませんでした)

「あんた暴君が好きなのか、けなしているだけなのか判らねぇーよ」とツッコンだ君の1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

恥ずかしがって「We are」をしている連中にまでダメ出しする暴君!
「僕は益田のWe areが好きですね」
って、そこまで俺と同じかよ!



posted by mansengo at 10:11 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。