最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年09月16日

続投を拒み続けるニュータイプの投手・石川

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

石川の完封で「直接対決」の勝利。石川に尽きると言っていい試合にも関わらず、本人は
「もうダメです」
と、終盤毎回のように降板願いを出していたようだ。これだけ中継ぎ陣に負傷者が出ているにも関わらず、状態が悪ければ降板を願い出る…エースの気概がないのか、本当に不安だから打たれてチームに迷惑をかけたくないからなのか、とにかくエースっぽくない新しいタイプのピッチャーだ。でも、この継投全盛時代に3完封も挙げられる力はまさしくエースそのもの。おまけに今や完封より希少価値がありそうな無四球試合をしておいて、
「普通です」
と言い切りやがった!ダメなのか凄いのか、全く判らない!

立ち上がり、ボールがバラついていて、おまけに真っすぐの球速も出そうにない。さらに球審の両コーナーが極端に狭い…石川-田村のバッテリーはカーブに活路を見出し、真っすぐはインサイドの見せ球と割り切って投げていた。ここ最近調子が悪いのを自覚しているだろうから、とにかく丁寧。決め球のシンカーも今日は内・外両サイドとも低目に決まっていた。終盤は若干球も浮き出し、危ない気配もあったが、イーグルス打線が最後まで的を絞り切れなかった感じで、甘いボールを打ち損じて顔をしかめているバッターが多かった。これもインサイドに見せ球の真っすぐを見せている効能だろう。球速は出ていないんだけど、きっちり、今日の球審的には手が上がらないけど、ストライクかボールか判らないところあたりに投げ込んで、(次の球以降の)バッターの踏み込みを抑えた。

打線は塩見から10安打放って5回KOにつなげる。10安打で3点しか取れなかったのは、いかにも「ピストル打線」なんだが、この状況でよく集中して点を取ったということにしましょう。急ごしらえのクリーンアップ(細谷-角中-井上)で、それぞれ打点を挙げての3点だから打順もはまったんだろうし。塩見は両サイドが狭い球審に苦しめられ、ボール先行になって常に打者有利カウントを作っていたので、5回10安打もやむなしという感じ。それでも四球を出さなかったのだから「粘った」とも言える。
翔太がいろいろミスっていた。第3打席のバント失敗に、最終打席ヒットで出塁し、次のバッターにせっかく2塁に送ってもらったものの、荻野のショートゴロで飛び出し3塁でタッチアウト…明らかに3塁寄りのショートゴロだったから、「それで走るか…」っていう当たり。そこそこヒットが出だしたんだが、攻守走にミスが目立つ。

復帰してきた清田が若干打線のブレーキになっていたが、ライト守備の方は健在で、2つほど石川を救うプレーがあった。
4回は石川が唯一のピンチらしいピンチを背負った回だったが、清田の好守と岡島のチョンボがなかったら失点していた可能性もあった。岡島は前も同じようなミスをマリーンズ戦でしでかしてたよな?(ライトフライなのに、抜けると確信して既に2塁をオーバーランしていて、あえなくダブルプレーを食らう)追う展開の時に、どうしても逸る気持ちが抑えられない性分なんだろうが、ミスの多い「やらかす」イメージが強い選手だ。

マリーンズ打線は5回まで10本ものヒットを放ったが、イーグルス中継ぎ陣の前には4回1安打に抑えられた。果たして、この「デスパ抜き」打線で終盤戦どれぐらいやれるのか?
タイトルが視野に入ってきている石川は、残り試合も昨日のように「のらりくらり」と行くのか?真っすぐの球速を取り戻したいという思いは本人にはあると思うのだが、果たして…。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:08 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。