最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年09月06日

送球イップスに悩む内野手に贈りたい金子誠の送球術

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

ファイターズの遊撃手のポジションを長らく守った金子誠。前任の田中幸雄(コユキ)は他のポジションへの転出を余儀なくされた。その金子の守備力を支えるベースに「強肩」があった。

現役時代の金子の守備を見るにつけ、いつも気になっていたのが
「前軸、前足への体重のかけ方が不自然すぎる」「後足が遊ぶように後から出てくる」
といった、独特のスローイング方法(もしかしたら過去のエントリのどこかで、その事についてつぶやいているかも)。それで素晴らしい送球で俊足の打者走者を間一髪で刺したりするものだから、
「地肩が強いんだろうなぁ…」
ぐらいに思っていた。

最近、とある技術書を読んでいたら、金子誠の「送球の心構え」的な情報に行き着き、目から鱗が落ちた。
アゴ、左肩、左ヒジ
この3点を一直線にすることを心がけることによって、送球は山なりにならず、常に低い軌道でファーストのミットに収まるようになったそうだ!

これを言われて、あの送球の謎が解けた。前足への体重のかけ方は、左肩、左肘と対になっていたのだ(グラブをはめている手が伸びきっているのも気になっていたんだ)。それらを支点に壁を作って、浮くようなボールを放らないようにしていたんだな。
そう、確かにアゴの引き方も尋常じゃないな、と思っていたんだ。「左」を過剰なまでに意識することによって、送球後右側の足が
バタッ
って感じで力なく前の方に遅れて出てきた訳だ。(全体的にルーズに見え)非常に見てくれは悪いんだが、本物のプロ魂を感じる研究の末に、あの送球に行き着いたんだ。
カッコつけて悪送球している諸君は是非見習ってほしい。心がけ次第で、あんなに素晴らしく精度の高い送球が放れるのだから。

「過去の敵軍の内野手の送球をそこまでトレース描写できるアンタがキモいわ!」と呆れ果てた君の1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 10:09 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
う〜む、金子誠おそるべし!研究熱心にも程がある!こんな緻密な選手がバイ・プレーヤーで居たファイターズは強かったわけですね(今でも強いけど)。マリーンズの面々も独自の技を編み出してほしいもんです!
Posted by ハマリーンズ at 2016年09月07日 00:31
>ハマリーンズさん

書きこみ、ありがとうございます。
あの送球は長年の謎で、それが氷解しました。
Posted by mansengo at 2016年09月10日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。