最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年09月05日

涌井の初回が全てになってしまった試合

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

土曜のゲームは未見。日曜の試合は映像のみで視聴(音声は一身上の都合によりシャットアウト)。
序盤の失点がそのまま敗戦に繋がってしまったようだ。

涌井の立ち上がり、先頭金子を討ち取ったものの、ボールの精度を見ていると、
「よくないなぁ」
と今日も不安を感じさせるモノがあった。秋山にはなんとお尻にぶつける死球。先頭の金子に対しては例によって開き気味だったので、修正をこめようとして、秋山の時、ボールが引っかかりすぎてしまう…とにかく真っすぐが安定しない。初球からガンガン振りこんでくる好調浅村がこの状態の涌井のボールを見逃すはずも無く、1死1,2塁として4番メヒアを迎えた。

mehia0904

初球のインサイドのシュートはいいボールだと思った。真っすぐがうまく制御されていないのだから、このボールを軸にインサイド勝負でダブルプレーを取りに行く場面だな、と感じた。
ところがインサイドのスプリットがはっきりと判るボールになると、次から2球、アウトサイドへ真っすぐを続ける。3球目もチャンスボール臭かったが、1、2球目のインサイドが効いていたのか、メヒアにしては珍しく待球。「このボールは結果的に効果的なボールになった。もう、真っすぐはいらないぞ。そしてコースは内側。」と思って見ていたら、金澤は外の真っすぐが「来ている」と思ったのか続けざまに選択。若干先っぽにも見えたが、そこはパワーが違う。なんとバックスクリーンにボールを運んでしまった…

ここまでカット・スライダー系は一切なし。3番浅村までは全部真っすぐ系。カット系は1廻り目は封印する段取りだったのかもしれないが、次の打者以降、涌井が金澤のサインに首を振りまくりカット系を放り始めた。スプリットもバットに当てられるか、簡単に見極められるぐらいのところから落ちていたので、あまり効果を発揮していなかった。球種の多さで的の絞りづらさは相変わらずだったが、ストライク・ボールがはっきりしている…これが序盤の涌井の状態だった。
この試合のみならず、ここのところ、ずっとこんな調子。シーズン序盤から中5日連発し、早めにおろしてもいいところも続投(多分、本人の志願なんでしょうが)、結構な球数を放っていた。これで疲れがたまらないはずが無い。スタミナのお化けと思われた涌井も1年1年、歳を重ねているのだ。
大切なシーズン最終盤でエースが6回前後で交替してしまう姿は寂しいものがある。伊東氏のシーズンプランニングに無理があったんじゃなかろうか?もっとも序盤、現在下位に沈んでいるチームの低迷というエアポケット状態の時、涌井に無理強いさせて稼いだ貯金のおかげで、3位は確保出来そうな情勢な訳だから、「貯金は使うためにある」は終盤の失速に備えての言葉だったんですね。(3位に引っ掛かるための貯金…それはそれでトホホな話であるが)

ウルフはマリンに強そうなピッチャーだよなぁ。ファイターズ時代もかなりここでやられている記憶が。とにかく殆どツーシーム。微妙な動きに捉えそこなう打者たち。細谷のバント失敗も、このボールが生きていた。高目のツーシームはストライクゾーンだったしても、バントするには厄介なボールだろう。あの角中が見逃し三振食らうぐらいだから、カットボールとツーシームの投げ分けは見事だった(1打席目の三振は、その前のツーシームが外へ遠く外れた。同じ軌道からバックドア気味にアウトサイドギリギリに、ブレーキの効いたカットボールをこじ入れてきて、前のボールの残像が邪魔して手が出ず)。

唯一チャンスだったのが6回ウルフが降板し、武隈緊急登板になった時。細谷のタイムリーで1点を返し、なおも大地が四球を選び1死満塁となった後、代打井口三振、大嶺翔太の打球は栗山の好捕に阻まれる。翔太は振れてるね。ファーストストライクを絶対に逃さないという気迫を感じる。この場面は0-2と追い込まれてから、武隈の投げミスを見逃さなかった。もっとも捕手のリードに注文つけるなら、「(この場面で)そこに吊り球要求は酷でしょう…」っていうボールだったが。左中間を抜けそうだったが、栗山が倒れ込みながらキャッチ。「泥縄継投」っぽかった6回を凌ぐと、牧田2イニング-9回増田でピシャリ。6回裏しか攻めどころは無く、789回は無抵抗だった。
マリーンズも涌井以降の藤岡-田中-高野が無失点。特に田中靖洋に至っては3者連続三振。偶然ではなく、これは「本物」だ!
翔太はバッテイングは成長の跡が見えたが、セカンドの守備でゲッツー取れそうな当たりを取れなかった。1塁走者中村、打者走者森の真正面のゴロでゲッツー取れないって…ナバーロを見ているのかと思うような、打者走者の足が計算に入っていない「横着」プレー。涌井がアップアップな状態だっただけに、そこでのゲッツー逃しはキツいもんがあった。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 02:54 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
更新お疲れ様です 土曜見て来ました。余裕の大差からのおいおい益田にセーブ着けなくても良いから~(小汗)からの~まさかの一点差勝ち(大汗)
でも…スタメンに無限チャンス二人に吉田マスクだったら(滝汗!!)
Posted by 新米 at 2016年09月05日 13:13
>新米さん

書きこみ、ありがとうございます。
9対8の試合ですね。益田休ませたいところでしたものね…もっとも8月下旬の1勝9敗だった頃、益田の使いどころが全くなかったので、力はありあまっているかもしれません(笑)
Posted by mansengo at 2016年09月06日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。