最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月31日

審判と風に弄ばれる秋風「聖戦」の幕開け

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

非常にインターバルの長い試合だった。
リプレー検証に、退場劇に伴う1塁コーチの押し付け合い、負傷による中断…さらに三者凡退のイニングが1回表の次が8回ウラだったので、毎回のように両軍投手が走者を背負っていた。

ひとつに風の影響もあったと思う。試合開始当初は風速1mだったのに、気づけば10mを超える強風が吹き荒れ、ホームベース上のボールが不規則に変化していた。変化球が武器にもなり、逆に制球を乱す要素にもなり、序盤ピリッとしなかった両軍先発投手の明暗を分けたのも、その辺に遠因があった。
序盤はどちらかというとバファローズの拙攻が目立った。3つ盗塁を仕掛け、2つ江村に刺された。1つ盗塁が成功したのはエンドランの時だった。3回表、糸井の犠飛で1点返して、なおも1死1塁という場面。ここで安達が2度ほど送る仕草を見せた。1死で、西野のリード自体が小さかったので「怪しい」と思った。そして2-0となった3球目にエンドラン敢行。ところがスタンリッジが高目へクソボールを投げ、安達は大根切りでなんとかバットに当てようとするも空振り。皮肉にも、単独ではない方が「盗塁」として成功してしまった。そして安達のライト前で2塁から西野がホームを衝くも、憤死…と思いきや、これがリプレー検証で判定が裏返った。なんで、この程度で検証しないとなんないのか、意味不明。MLB流に「チャレンジ」とかにしてエンタメ化しないと、見る側は間延びするだろう…スタンリッジにも、この間はキツかったと思う。

反対にマリーンズの攻撃で「怪しい」と気付いた場面。細谷が安打で出塁し、平沢の初球にエンドランを敢行した場面。平沢が1死にも関わらず、投手が牽制する際にバントフェイクを2度ほど入れた。細谷もリードがかなり小さい。
「怪しい」
大体、後ろのバッターが江村で1死からバントするかよ!こういうミエミエのを、よーやるわ…と思いながら見ていた。
荻野貴司がホークス戦に引き続き盗塁失敗していた。ホークス戦の時は失敗時相当悔しそうだった(今季初盗塁死)。荻野のリードの小ささを知ったかぶりまくりのアナが「いつもに比べて小さい」なんて言っていたが、立川がそれに便乗していたのは驚いた。荻野のリードは通常時から小さいだろ…

マリーンズは1、2番がマルチ安打で、3番に1本、4番にホームランが出ているのに4点しか取れなかった。チグハグの典型だな。3回裏は先頭荻野出塁で岡田にバントさせたのに、5回裏は同様のケースで岡田に強行させた。普通は回が深くなるにつれ、より慎重な策を取るもんだが、逆だったことが興味深い。俺は結果論者じゃないので、これを一概に悪いとは言わない。ただ、伊東勤の思想が知りたいね。5回の方が強行の意味を。結果的には岡田が送れず、荻野が盗塁失敗して、角中が三振するのだが、この角中の三振が本日のポイント
西は角中に弱いイメージがある。春先も8回まで勝ってて角中に痛恨の逆転タイムリーを打たれていたことがあった。4回までの西は、どこか「丁寧にいこう」と行きすぎていて、ツーストライク目に最高のボールが行く巡りになっていた。ツーストライク目が打者から遠いサイドで取れ、勝負球(或はその前の「見せ球」的なボール)をインサイドへ投げ込むと甘くなって痛打を食らった。2回裏の2失点は全部そんな形。
ところが、走者がいなくなってスッキリしたのか、角中には大胆に真っすぐ勝負を挑めていた。ここまでの対戦歴から変化球への比重(内にスライダー、外へのシュート)にウェイトを置いていただろう角中が、珍しく2球続けて空振りして三振に倒れるぐらいだから、西の「開き直り」がいい方の目に出だした。中盤から真っすぐを多目に使って行こうと当初からのゲームプランで決めていたのか、あるいは風の影響で配球を変えたのか?とにかく、それがはまった。

6回表に試合が決まる3点が入り、6回裏はかなり楽なマウンドになったと思う。先頭のデスパイネを迎えて、ここでの西の投手心理が透けるように判った。
「前の回角中さんで分断して、味方が3点取ってくれた。ここはホームランを打たれてもいい覚悟で攻め、フォアボールだけは絶対に出さないぞ!」
実際ホームランを打たれる訳だが、マウンド上の西は「やっぱり打つなぁ」と他人事のような受け止め方が出来ていた(それを裏付けるように、マウンド上で含み笑い)。これも全て、5回裏を角中で終わらすことが出来た故の余裕だろう。角中&デスパイネという強力な接着剤を剥がすことに成功した。とにかく角中が塁上にいるので、デスパの併殺打も多いんだが、その分気付けば打点王も取れそうなぐらい打点も増やしてきている。
「デスパにMAX1打点しか稼がせない」
状況を多く作れれば、マリーンズ打線は封じられる。大体、角中で回が終わることがほとんど無いから。初回1番2番が簡単に倒れても、2死から簡単にヒット打って出塁しよるから(笑)

安達や西野が勝負処でいいプレーを見せてピンチの芽をつんでいた。(安達は)平沢のセンター前へ抜けようかという当たりを、足元で捌いて難なくフォースプレーにしていたが、「ウマい」っていう前にポジショニングがいいよね。安達はとにかく大胆なポジショニングを取っている。難しい打球に追いつけるのは、そこがあってこそ。状況や打者、投手の球質などによって、的確に守る場所を替えている(それ確認するのが楽しかったりする)。

最下位チームに打ち負けるというか、完全に力負けですね。これからも下位チームに「厳しさ」を教えられるウィークが続きます。夏場はピッチャーがヘタっているから、打ち勝てないチームは落ちていくしかないよね。あとはそれの「程度問題」。
いっそCS出場権を失って、悔しい思いをした方が翌年に繋がるんじゃないの?
スタンリッジに関しては、当初から後半戦落ち込むことは織り込む済みだったけど、予想以上によく頑張っていると思う。今日はいろいろ集中を乱される事があったし、江村との呼吸も合わず、なかなか投げたいボールのサインも出なかった。
崖っぷちの金澤は打席内で粘りを見せていた。この時期、来季への去就が不透明な連中の「本気」にゾクゾクさせられるものがある。単なる順位争いなんかより崇高な「聖戦」を、畏まって正座するぐらいの勢いで見れるあなたが本当の「野球好き」。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

佐竹ってイーグルスのレギュラーだった頃でも「地味で大人しい奴」と思っていたのだが…ヤルね!



posted by mansengo at 01:51 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。