最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月25日

ナバーロと中村奨吾のキャラ設定変更に関して

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨日の試合は2対2の3回裏あたりから見る。媒体は千葉テレ。スカパーと契約しようがクラさんの時は千葉テレ一択。ナバーロについて、クラさん。
もっと積極的に行った方がいいですね。デスパイネだと初球から振っていく。振ることによって、相手バッテリーに考えさせることが出来るんです」
そう、俺がず〜っと今季言い続けていたこと。さすが師匠!
ナバーロは消極的すぎて、チャンスボールをいくつ見逃していたか換算出来ないぐらい。その損失を試算すると…いや奴を取ってきたこと自体が損失だったことを忘れていた。

ただ復帰後、積極性が出てきたのは何度か指摘している通り。
この日も3打席目は初球からいって、
「それでいいんです」
とクラさんも言っていた。とにかく出塁率がよかろうと、左投手対戦打率が高かろうと、1番に置くのは間違っている。リードや偽装スタートなどの揺さぶりの仕事しないからね。1番っていうのは出塁することより、出塁して相手バッテリーを揺さぶることの方が大事だから。
積極的に行き始めてキャラ変えようとしているんだから、1番に置くのはどうかと…。

♫く〜る、きっと来る
やはり来ましたか本日のスタメン、中村奨吾。
この歌は中村起用におののく我々のテーマソングというより、無限にチャンスを与えられている奴らが、どんなに大失敗しても、
「どうせ今出ている奴らも、すぐケガで離脱するんだから」
とタカをくくって、鼻歌交じりで連中が歌っている歌かもしれないね。
く〜る、きっと(またチャンスが)来る
ただちょっとはキャラ替えようとしているのか、1打席目は12球粘った末の三振。そして2打席目もそれなりに球数放らせての四球。3打席目も四球…さすがにチャンスで右投手がマウンドにいた4打席目は替えられたけど、打席では違ったところは見せた(まあ守備ではいつものように…)

粘り。球数を投げさせてチームに貢献したい。
だがこれは諸刃の剣で、
「不必要にカットして粘っていると、バッティングが崩れていく恐れがある。春先の中島卓は確か3割打ってましたよね?今の打率はご覧の通りです」
と、クラも指摘していた。さすがクラ!中島はカットすることに専念するあまり、どんどんポイントが近すぎる状態になっていって、ズバリと来て振り遅れたり、手が出ず見逃すようになってきた。まあ、でも守備の人であることを自覚して、低打率でも自分は生きていけるんだ、という自信があるなら「球数を放らせる」仕事に専念するのもアリだろう。
ポイントが近くて粘っても打撃を崩さないのは、角中のような特殊才能の人だけだろう。だから粘るということは、率を犠牲にして自分を売り込む行為にもなるんだが、果たしてそれだけでアピールできるか怪しいところである(結局は打てないと使ってもらえないですから)。昨年から常々、奨吾に関しては、
「どのキャラで行くんですか?」
ということを問いかけてきた当ブログ。とりあえず今は粘りキャラになってみましたが、ポイントを近くにおけない打法だけに、そう長くは続かないと予想します。(粘るんだったら、そもそももっとバットが体から巻きつくように出てこないと)

試合内容を殆ど振りかえっていないな!今更振りかえるような試合でもないか!
5回まで同点で、6回7回をどう凌ぐのかと思ったら、「高野2イニング」のギャンブル継投が成功。高野は確かに気風のいい投げ方で、ボールにも力があると思うのだが、いかんせん変化球の制球がアバウト。そこへ来て2イニングス目に球審秋村に「アヤ付け」されていて、どうなることかと思ったが、なんとか乗り切った。あれは2段モーションとして注意を受けたのだろうか?変な影響が出なければいいが。
マリーンズは9安打放っているが、実は8本が先発吉川からで、ファイターズ中継ぎ陣からは1本しか打てなかった。しかも、その1本、デスパイネの奴はセカンド田中賢介のエラーくさい当たりだったし…クラさんが、賢介は片膝がついて逆シングルになるようなコースに飛ぶ強い当たりに弱いようなことを言っていた。こういう細かいシュチエーションの事例を引っ張りだせるのがクラの強み。いや今日のクラは往年のキレを感じさせる名解説。シーズン途中「クラさんもモウロクしたなぁ」なんて言って、ほんと申し訳ございませんでした!

それと白村がフォークの握りでサインを伺うところを見て、
「最近では、高校野球でも取り入れているところがありますよ」
と言っていた。プロのいいところがどんどん伝播していく時代になったんだなぁ…とシミジミ。これはいつ頃からだろう。95年にマリーンズ戦で19奪三振を奪った野田はしていたような。マリーンズではブライアン・シコースキーもこれをやっていて、真上からガバッと挟むように一旦ボールを持ちあげていたので、俺はその仕草を「UFOキャッチャー」と名付けていた。
いわゆる真っすぐの握りから、グラブの中で変化球握りへ変更してバレバレにならないようにするための防護策。
白村の2イニングス目は3人で終わっているので、後から振りかえると無為の回に映るが、この回が一番チャンスだったように思う。白村のフォークの制球が整っていなく、奨吾が四球、1死1塁で打席にナバーロという場面。奨吾がモーションを盗めたゆえにスタートを切ったら、そこにセンターへ抜けようかというナバーロのライナーがドンピシャのタイミングで飛んできて、盗塁のためにセカンドに入ろうとしていたショートが難なく取れる当たりに…まさに「ハードラック!」(←クラの口癖)
この時の白村はホッとしたような憔悴しきった顔をしていたから、これが抜けていれば、あるいは展開も変わっていたかもしれない。

結局、春先からずっと頑張っている南のボールの力がだんだんと落ちてきていて、そこをファイターズ打線につけこまれた。もうちょっと真っすぐに勢いがあれば、フォークを見極められるような事もなかったんだろう。春先から真っすぐ比率の高さをずっと懸念してきたが、やはりこういう時期が来たか…。こうなった時に、エイ、ヤーだけの成功は脆いのだ。ボールが走らなくなる時がいつか来る。南の真っすぐの球質を絶賛した作新学院のレジェンド江川卓は、プロ生活9年と短い活動期間だった。自分の真っすぐが走らなくなった時、潔くユニフォームを脱いだ。彼のように、エンターティナーとしての第2の人生が約束されているような人はいい。南にはそういうものがありますか?とりあえず、あのヒーローインタビューではムリだろう…奥さんの活動を復活させる新山千春パターンで行け!(←それって「ヒモ」やん!!)

今日のヒーローインタビューは杉谷だった。途中出場から満塁でのタイムリー…ってデジャヴ?ここで、レアードがヒーローインタビューに乱入して水をかける手筈だが…あ、今日はなかった。デジャヴじゃなかった。
レアードって、うちのザルサードを見慣れているから言う訳じゃないけど、
「巧い」
よね。特に俊足の打者走者角中を間一髪刺した高いバウンドの処理は痺れた(5回ウラ)。お腹の左横の位置で取るタイミングで、ショートをカットするように右前に出てくるんだけど、これが一番ロスなくスローイングに移れる「自分の捕球スポット」なんだろう。ゆえに難しいプレーにも関わらず、スローイングに余裕があり破綻が無い。(ナバ…以下、省略)あの回、先頭打者が出塁していると、1点じゃなく、もう1点入っていた可能性も高い。吉川もアップアップだったしね。そういう意味では昨日最大のビッグプレーは、このプレーだと思った。

クラの解説が聞けない地域の皆さん、「疑似クラ」記事は如何だったでしょうか?今後も疑似クラに期待する方はクリック!マリーンズのblogランキングに飛びます。

しかし平沢は代打でも出てこなかったか…一塁大悪投のお仕置き的措置?



posted by mansengo at 10:50 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
深い野球の見方。毎度勉強させていただいております。ありがとうございます。

全くどうでもいいことなのですが、昨日、今日と引用されている貞子のテーマ曲「♫く〜る、きっと来る」。

「feels like “HEAVEN”」という曲なのですが、おそらく十中八九勘違いしている歌詞。正しくは、「Oooh(ウーウー) きっと来る」なんだそうです。かくいう自分も最近知りました。

皆さんそう思ってるし、本当にどうでもいいことだとは思いますが、ご参考までに。

投稿本当にいつも楽しみにしておりますので、大変だとは思いますがよろしくお願いします。
Posted by 3度の飯よりロッテ好き at 2016年08月25日 13:27
>3度の飯よりロッテ好きさん

書きこみありがとうございます。
そうだったんですね!思いこみ、ってこわいですね…
今後もご期待に応えられるよう、頑張りたいと思います。
Posted by mansengo at 2016年08月27日 08:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。