最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月24日

ナバーロ対大谷翔平、チキンレースの行方

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

1塁到達平均タイム。いくら荻野貴司や岡が稀代の俊足だとしても、超えられない壁がある。彼らは4秒を切れないのだ。
そう、右バッターの壁
信じたくないが、荻野貴司より、大谷翔平の方が1塁到達平均タイムはいいのだ…ちなみにリーグ1位が岡田で、2位が大谷翔平だそうだ。(つーか大谷翔平って、何物なんだよ!?)

よっこらせー の、あらよっと

こんな感じで真正面のセカンドゴロを処理して1塁へ投げるナバーロに対して、1塁への到達スピードNo.2の大谷翔平が1塁ベースを駆け抜ける

間一髪、ナバーロの勝ち!

冗談言わすな。なんで、あんなセカンド凡ゴロが「ギリギリアウト」のタイミングになっているんだよ。しかも1本じゃなくて、2本も。学習能力が無いのか?いや、奴のことだから…
ワザとに違いない! (ニヤリとしてたし)

最早、どこと戦っているのか判らない人達をウオッチングする日々です。
「6回が鬼門」と常々言われているスタンおじさんの今日の鬼門は1回でした…確かに大地のエラーなどでバックに足を引っ張られてたのは確かだが、何もそれを最悪の形で示さなくても…陽岱鋼へボール先行して、カウントを取りに行ったところで手痛い一発。まあ、自責点が付いていないだけで内容的には「いつもの通り」。
自責点が付いてないから調子に乗りだしたのか、途中危ないボールをいくつも放るものの、全体的に低調気味なファイターズ打線にも助けられ5回をクリア。
「確かどんな状況でも5回でスタンリッジを替えるって言ってたよな、伊東勤は?」
と思いながら、誰を投げさすのか考えながら見ていると、そのまま続投。
そして6回を抑えると、満面の笑みでベンチに戻ってくる。落合相手に軽口を叩いているような様子も映し出され、試合展開に憮然としていた伊東勤に
「どんなもんじゃい!」
とドヤ顔で一声かけていたのが印象的だった。スタンよ…
まだチームがリードしたわけでもないんだぞ
この人も「6回クリアゲーム」という別のゲームに熱中しているわけだ。

「1塁でどれだけギリギリのタイミングでアウトにするか」を競うチキンレース中のセカンドと、「6回を無失点に乗りきることに全力投球。後の事は知らん」ゲームをプレー中の先発投手。「9イニングを相手より多く得点することを競うゲーム」をしていると思えねぇ…そして極め付けは…

来る、きっとく〜る
もはやゾンビというより貞子。6試合連続連続安打中の黄金ルーキーに替えて、
「バッター 平沢に代わりまして 中村奨吾」
さすがにもう「代打」、しかも平沢の「代打」で出てくるとは思わなかったわ!無限だ。マジで奴のチャンスは無限だった。この交替に現地マリンでは恐怖の悲鳴が上がる。
最早伊東勤の「どこまで中村を使えるでショー」という優勝争いとは別次元のチキンレースを見せられている気分に。
その奨吾、期待(?怨嗟の中だろ!)に応えて1安打出す。これで明日へのパスポートも勝ち得てしまった。

まあ、そんな平沢も大地顔負けの
「やらかしちゃいました、テヘ」
的な1塁大暴投をかます。確かに君には未来がある。だが6回を抑えて大満足、スタンドのキャッシュ君やワイフに手を振ってるだけの陽気なスタンおじさんだって生活がかかっているんだよ?(とてもそのようには見えませんが…)
君のエラーが原因で、自慢のパパが単なるプーになってしまう可能性があるんだよ…
そう、君にはお仕置きの必要性がある。だから、ここで
中村奨吾
そして明日もマリンで恐怖の悲鳴が上がる
来る、きっとく〜る

そんな奨吾も、サードの守備に就いたら、打球を取れず後ろにやる。
「またエラーか!」
と思ったら、ショートに回っていたエラーマンこと大地がリカバリー。ファースト細谷も福浦ばりに足を伸ばして、大地の送球を受け間一髪アウト。やるじゃん、このザル内野。
いや、平沢もエラーこそしたが、センターへ抜けそうな当たりをうまく回り込んで処理したプレーもあったので、悪いところばかりじゃなかったことも付け加えておこう。問題はセカンドのチキンラン野郎ですわ…。
チキンラン野郎、打席では4打数ノーヒットだったけど、ただ前に比べて積極性が出てきているので、甘いボールを捉えそうな雰囲気は出てきた。1球今までだったら間違いなく開いて打っていたツーシーム系のボールを、逆方向に(セカンドライナー)おっつけるように打った打席もあった。(まあ、今更打ち始めたところで…)

スタンリッジは7回でお役御免。尻上りにストライク先行になっていき、3回以降はヒットも許していなかった(甘いボールをファイターズ打線に助けられた側面も中盤ぐらいまではあったが…5回以降は本当に良かった)。今までも6回に点取られたぐらいで交替せずに7回まで投げさせておけば、もっと違った結果もあったんじゃないか?と勘ぐらせるものがあった。
8回3点ビハインド。負けられない(はずの)ゲームでこういった場面で誰を投げさせるのかと思いきや、上がってきたばかりの松永だった…

しっかり調整してコンディション整えてきたワイは無敵。大谷とかマジ、カモ(笑)

だからシーズン中に調整するなって、言ってるんだよ!!
(でも大谷に全く打撃をさせないで三振に取ったところは、ちょっとだけシビレた…)

優勝争いとは別のゲームに興じている連中になぜかほほ笑んでしまっている君の1票!マリーンズのblogランキングに飛びます。

投手:サイレントK・石井 対 打者:細谷…この対決…
どっちの方が袖が長かったんだ!?



posted by mansengo at 00:23 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。