最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月19日

復活!害人・ナバーロ、早速「千葉の至宝」福浦クラッシュ

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

初回の守備から萎えた。
島内のセカンドのグラブの先っちょに当たって抜ける、右前安打。
「普通のセカンドなら取ってるやん…」
そう、奴が帰ってきた。害人・ナバーロ。さあ、これから何発やらかしてくれるのか、逆に楽しみになってきたぜ!

そして極めつけは2回裏。1死1,2塁のピンチでアマダーが3塁へ強烈なゴロを放った。しかし正面なので、打球の強さとアマダーの足を考えれば余裕でゲッツー。
5−4−ウワーッ!
5−4−ウワーッ!
4がなかなか投げない。相変わらず、変に溜めてから投げようとするも、そのボールがライト側に逸れる…福浦が必死に倒れ込みながらも、その送球を捕球しようとするも、足が離れてセーフ。せっかく打ち取ったのに唐川は2死1,3塁で、マリーンズ戦に強い藤田を迎えることになる。藤田には歩かせ気味に対処し、9番足立と勝負。なんとかここは踏ん張ったが、ナバーロのせいで余計な球数を消費させられた。(このことが後に泥縄投手陣を呼び覚ますことになる!)
ここもナバーロには失策が付かなかった。害人、記録に残らないところでいくつやらかしていることやら…。

福浦は4回の打席までプレーしていたが、謎に4回裏の守備からネモがファーストに就いた。後で聞けばナバーロの逸れた送球を捕球する際に腰を痛めたっていうじゃない!
お前、本当に何しに戻ってきたんだよ…
痛みの程度が判らないが、その後2イニングプレーを続けたという事で「軽傷」だと思いたい。これが元で戦列離脱なんてことになったら、戦力的にも「営業的」にも痛すぎる…この先短いチャンスで2,000という数字を追いかけなければならない選手なのに、こんなことが原因で離脱したらやってられない。

ナバーロはなぜ送球の際に溜めるのか?取ってすぐ投げてりゃ訳ないところを、自らギリギリのタイミングに追い込んでから放る。投手がモーションに入る前、手持無沙汰の時にグラブを空中に投げて遊んでいる(通称:グラブくるりんぱ)ぐらいだから「遊び心」なのかもしれないが、チームにとっては迷惑すぎる。
もし肩間接周囲炎の影響なら、ちょっと同情する。それって、ぶっちゃけ「四十肩」でしょ?俺、今同じような症状だから(笑)マジで腕上がるのが痛くなってくるんだよ…ああいうふうに腕を上まで上げれず、横から放るっていうのは、その辺が怪しい。もっとも治ってないんなら、そういう選手を使うか?っていう話だが。
打席では3三振&1内野安打。内野安打は食らいついて執念のコースヒットだったが、1塁へものすごい勢いで駆け込んでいた。契約への執念も感じたし、足も結構速いのだ。でも、
「今までもちゃんと全力疾走していれば、野球の神様ももっと違った結果をもたらしたんじゃないの?」
としか、言えない。

唐川は6回2失点で、数字だけ見ると合格点だが、ここのところの試合に比べるとボールがバラついており、安定する前の唐川が戻ってきてしまったような調子だった。その調子で2失点に抑えたんだから「前進」と見てもいいのかもしれないし、その逆の危険性もある。特に真っすぐのバラつきがひどく、途中からかなり球速を落として、ストライクを入れることに汲々としていた。ニュー唐川は一にも二にも、真っすぐの強度が旗頭なわけだから、このような「置きに行く」ボールを連発するのは本意ではないはずだ。

相手打線はウィーラーを欠いても、ペゲーロ、アマダーといった一発のあるところが残っており、さらに島内、今江、茂木、岡島、銀次…といった比較的アベレージの高い日本人打者がラインナップに揃っている。春先首位打者だった岡島や、日本代表経験のある聖澤が常時出場できないぐらいの選手層で、打線力は現在向うの方が上。前日10点取られた打線を3点に抑えたんだから…もっとも唐川の後を継いだ、7回大嶺、8回阿部、2人で1失点だったけど、ともに先頭打者を四球で出すし、内容的にはかなり怪しかった。
イーグルスの攻撃で気になったのは2番今江にどのような役割を授けているのか。今江に都合3回、無死1塁の場面で回ってきたが、1回は「強行」でゲッツー、3回は「強行」でチャンス拡大の2塁打、7回は「送りバント」だった。回が深くなって僅差なら「送りバントもあるよ」ということか。守っている方としては見極めづらい。フェイクも入れてくるし…もっともその辺の今江の立ち位置事情をうまく活用していたのがボビー(笑)
送りバントに関しては天下一品。何度か書いているけど細川と双璧なぐらいウマい。3度無死一塁で回ってくるんだから、1番の「島内台風」が凄まじかった。
3番や5番といった、クリーンナップに起用されているルーキーの茂木だが、コイツは常にクソボールを思いっきり振ってくる。(投げる側は)ストライクはいらない、とさえ思えてくる。
「あれだけボール球にもダボハゼのように食いつているのに、2割7分台キープしているんだもんな…」と、妙に感心してしまった。

対してこちらはナバーロが6番に入ったが、貧打が解消されるわけでもなく、この正念場で戦列を離れていた打者がいきなり実戦復帰して試合勘を取り戻している余裕があるのか?というようなチーム状況においても「害」になっている。もっとも平沢を起用し続けるぐらいだから、もはや優勝は諦め、「若手は育成、外国人は翌年の契約に向けての見極め」といった個人主義的な意味合いにシフトしたんだろう。少しでも奇跡を信じているファンの気持ちをないがしろにするような采配で、(ファンの)多くは受け入れられないだろう。もっとも俺はその点に関しては肯定している。でも、だったらナバーロも使う必要ないよね。もう「答え」は出ているんだろうし。
本日から当たるライオンズも、急失速のホークスを叩き3カード連続勝ち越しと波に乗っている。勢いの違いを思い知らされるシリーズになるのか、はたまた「意地」を見せるのか。まだまだ続くよ。

千葉の夏 貧打の夏

「そのコピー見だしてから金鳥の製品が買えなくなったわ!」という貴方も1票!マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:51 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。