最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月18日

「だんだん、細谷が不憫になってきた」平沢育成観察日記

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

ようやく初ヒット…21打数1安打。「さいたま市か!」
.048

8回表の最終打席「ここでヒットを打たないと、また下がるぞ…横浜に向かって行っちゃうぞ!」
.045

平沢「早く人間になりたいよー」
この低打率では人間扱い出来ません!まずは子供の背丈と同じぐらい(.130ぐらい?)にしてから…それまでは市外局番扱いです。

大嶺翔太 .095
「長崎か!って…地元の方に帰り始めてるじゃねーか。サイナラ〜」

市外局番のような絶望的打率の面々がラインナップに並ぶマリーンズ。果たしてこれで首位争いに割って入っていけるのでしょうか?
自動アウトになる人が1人じゃない場合は難しいよー。少なくとも3イニングは「三者凡退=無為」な時間帯を相手に与えてしまうんだから。

スタンリッジは順調に夏バテしてきているみたいで、昨日の5回1/3、5失点で防御率は4.16。QS(6回3失点)をずーーっと続けると防御率4.5になるので、クオリティ・スタートって意味わかりません。
このピッチャーは適当にゾーンにブッこんで、球威や曲がり幅でなんとかしようっていうタイプなので、ボールの力が落ちて来れば真ん中近辺に寄りだしていく仕組みになっている。毎年交流戦以降に率を落とすことを春先の好調を受けて立ち上げたエントリーで指摘したが、ほぼほぼ順調に予想通り推移していると見ていいだろう。
2016年交流戦前 4.17
交流戦後(8/17まで) 4.64
伊東監督が次回登板から(鬼門の)6回まで投げさせず、5回でスパッと替えることを示唆していたが、こうなることはデータ面などから予測出来なかったんだろうか?つーか、6回まで投げられないスターターに億出しているの、まさか?(年俸はよく知らん)

昨日の試合、最終的なスコアは5-10だったが、途中までは拮抗していた局面もあり、
0-1 → 0-3 → 2-3 → 2-9 → 2-10 → 5-10
こんな推移だった。
6回表に2点取って1点差に詰め寄ったが、ここもやっぱりデスパイネだった。2-0から塩見がカウントを取りに行ったスライダーが真ん中に甘く入ってきたところを叩いた。
20160817desupa

ここは自分的にも疑問に思う攻め方だった。3点差1死1,2塁で4番を迎える訳だから長打警戒、とりわけホームランがダメな局面。1球目外で様子見した時、キャッチャーは何を感じたのだろう?外の真っすぐに無反応でしょ。インサイド1本釣り。近めで長打しやすいボールを待っているというヨミを入れて、おかしくない局面でしょ?3点差をなんとかしようとするのが4番打者の「勤め」なんだから。
そこから2球インサイド要求した意図が知りたい。2球目はきっちり塩見がボールゾーンに投げたからいいが、投手サイドから見ると、「四球も長打の次にダメ」と思っている訳だから、2-0でインサイドに投げようと思ったら、どうしたって厳しいコースに行きようがない。しかも真っすぐ狙いのところにスライダーでしょ。それほど真っすぐとの球速差があるボールじゃないんだから一番危険。バッテリーからすると
「ホームランにならなくて、むしろ済んだ」
と思わなければならない球。
ただ足立は普通のルーキーより年かさのルーキーのようで、サブちゃんがマウンド上にいる時は肩を抱きながら、投手と打ち合わせしていた。そういう意味では「投手に寄り添う女房役」には見えた。そういや最近「女房役」という言葉が死語になりつつあるのか?世間の女房が皆…いや、何でもない。恐妻=サト…ザビッチ!

せっかく1点差に詰め寄ったのに、スタンリッジが点差を差し戻し、その時点で伊東監督プッツリ。「5回でスパッと替えておけば…」そんな恨み言も聞こえてきそうだけど、じゃあこの展開で6回7回を誰に任すの?という疑問も…結局、今回スタンリッジの後を受けて出したピッチャーが「候補一番手」だったわけでしょ?最近は大嶺祐太&香月で賄おうとしていた形跡があるので、この辺だったんでしょうが、スタンリッジを早めに替えたからって、とてもいい結果が待っているとも思えない。
「どうせなら最低6回は任せる」
にしてしまった方が、むしろいいような気さえしている。
多分、昨日出したピッチャーの中で唯一無失点だった黒沢を試すんでしょうが、ノープレッシャーの中で投げたのとは訳が違ってくるからなぁ…

しっかし解説のグリーングリーン雅裕(応援歌がグリーングリーンだった)、辛口だなぁ…現役時代は常に批判の的にされそうなプレーヤーだったけど(笑)
でも、ところどころ間違ってたなぁ「香月は今年から球種が1つ増えたんじゃないですか。チェンジアップは今年から…」って、おいおい入団時からの決め球だぞ。むしろ近年は真っすぐの割合が増えてイメチェンした印象。

普通このペナントの展開になってきたら、「よし、行ける!」と意気込んで勢いが加速しなければならないところ、力不足を露呈するような戦いぶりを見せてしまうのだから望みはない。最後の3点加点も西宮の3連続四球のもらったチャンス。まともに点が入るのが1,2番が出塁して、角中・デスパイネで返すパターンしかない。最近はデスパイネが高い確率でこの「少ない好機」で結果を出していたので、なんとかなっていたが、「好機」の数を増やさないことにはまともな勝負にはならないだろう。夏休み後半の楽しみはズバリ1点のみ。
「平沢の育成観察日記」
もっとも、結果を出し続けているのに使ってもらえない細谷が不憫にもなってくる…2割7分のバッターを温存して0割台の選手を2人並べるんだからなぁ。まともに勝負に行ってるのか、育成モードに入ってるのか、わからん…。

伊東迷采配で気分が育成になってきてしまった人々は1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:11 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。