最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年08月03日

やはり危なっかしかった6回7回と、4安打で勝ってしまった打線

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

昨日の試合に勝ち、連勝した。勝因は初回の角中の3ラン。
「真っすぐ系を待っていて、タイミングを取り損ねたところに、チェンジアップが来て、たまたま合ってしまった」
結果的に打ててしまったことを、苦々しく思うようなヒーローインタビューで、自分でもあまり答えたくないのか、勝手に巻いてインタビューからドロンしていた(笑)

ここから上がっていく選手と、そうじゃない選手。
「結果がすべて」と割り切れると調子も上向くんでしょうが、どうも「内容にこだわる」タイプなんだよなぁ…そもそものバッティングスタイルが「人が打てないようなボールですら打つ」形なのに!
でも、4打席目のセカンドゴロは、ピッチャーがグラブに当ててなければセンター前に抜けた当たりだったし、それをヒットと換算すれば、この3ランとトレードオフで「内容的にも打った」っていうことにしようよ。

デスパのタイムリーも「チェンジアップを待っていて、真っすぐに対応」。こちらも狙い球と違うボールに負けずに、力で、センター前に運んだ。
この場面はメンドーサが簡単にツーアウトを取った後の荻野貴司への四球からだった。そしてすかさず盗塁。警戒網の中、成功させる盗塁成功率10割男。クラさんが「いいスタートを切ったのが視野に入ってきたので、大野が焦って、送球が逸れた」と指摘していた。やはり驚異の俊足のプレッシャーは凄いんだなぁ…四球でも出塁出来ると、確実にチームに貢献できる足。メンドーサもスコアリングに背負えば、もっと楽に迎えるはずだった「3番根元」にも、慎重にならざるをえない。そういう効果テキメンであった。

それにしても3番根元って…来るところまで来たな、という印象。ここから「3番井上純」なみのサプライズ・サクセスがない限り、まあ打線が生き返りそうにない。この日も安打の総数が4安打。角中、デスパ以外の安打は岡田の2本だけ。4点のうち、2走者は四球の走者だし、連打は望むべくもない状態だ。大地、田村の下位で打棒をふるっていた人達に陰りが見える。無限チャンス君は相変わらずの、無限凡退を繰り返しながらも、スタメン確保。250打席立って打率2割切っている野手って、近年いただろうか?

スタンリッジは序盤安定している。なぜか5回のインターバルを過ぎると、人が変わる。6回表先頭の谷口を抑えると「ヨシヨシ」といった表情をしていた首脳陣も、西川の機転を利かしたセフティーバントで、スタンリッジがお約束の「1塁悪投」をしでかしたところで顔色が変わる。スタンリッジのカリカリもスタート。カリカリさせるようなことをするんだから、日ハム打線も相当いやらしい。ここまで出していなかった四球を大谷に与え、中田に三遊間を破るタイムリーを打たれると、もう諦め。
「諦めるのはいいが、ここから「泥縄」継投を始めるのか?」
と思っていると、イ・デウンが東條。おっと変換ミス…登場。いや東條でもイ・デウンでも、どちらでもさして変わらない場面。
イ・デウンはいきなり賢介に四球を与え、レアードに犠牲フライを許し、陽岱鋼をなんとか三振に切って取って切り抜けた。
レアードの犠牲フライはツーシームで変化した分だけ助かっていたが、チョー危なかった。球威だけ。スピードだけは152〜3を常時計測していた。しかし、まぁ、狙ったところには行ってないこと。

7回は大谷だったが、2死後にピンチを招き、投球時に左足に違和感があるような素振りを見せていたので、「もうダメか…」と思われたが、交替させることもなく「大谷対決」に臨ませ、なんとかライトライナーに仕留めた(まぁ、すごくいい当たりでしたけど…)。
懸案の6回7回を「なんとか」、まさになんとか乗り切って、勝利に結びつけたが、いつ「タガ」がはずれてもおかしくないような泥縄継投であることは間違いない。ここも、結果に一喜一憂しているうちに決壊するでしょう。イ・デウンが本当に使えるのであれば、もっと早く上げていたんでしょうが、ビハインド要員と思わしき人達より後から昇格してきている段階で、首脳陣が「綱渡り継投」を強いられていることが判る。あとは個々の「意地」や「来季契約への執念」にすがるしかない。

よく勝ったな、と思うゲーム。これで連勝だが、前の試合でも、この試合でも、終盤相手のビハインド要員ですら打ててない、という現実が重くのしかかる。2位のチームと4位のチームの方が「投手の質量」が優っていることが明らかになった連勝でもあった。日ハムや楽天は1人、勝利の継投に組み入れられている人が不調やケガで持ち場を離れても、「替え」がいくらでもいるということだ。夏場の戦いはこういう消耗戦に強いチーム体質かどうかが勝敗を分ける。そこでイ・デウンに頼らざるをえない我が軍。果たして、明日はあるのかどうか。このまま「3位」という中途半端な結果を出してしまうと、来年以降も同様な「骨太じゃないチームなのに、なんとなくAクラスにいるし、ま、そのうちなんとかなるでしょう」なんていう考えをフロントが持ち続けるんじゃないかと危惧している。
なんとなく、っていうのはもうコリゴリ。本当に強いチームに成長するには、この夏、膿をだすように「実力通り負け」た方が将来につながるような気もしているのだが…まあ現場は目先の一勝にもがき続けるしかないのかもしれないが。

骨太な構造改革を望む方は1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 09:05 | Comment(3) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
更新お疲れ様です 無限チャンス君…明らかに清田より重症ですよね…
ところで…オメ○&オ○○○です。気がつきゃブログ二位じゃないすか(笑)
えっ!?オメガッ(ネーティブなオーマイガッ)&オメデトですが…何か?
Posted by 新米 at 2016年08月03日 13:15
お疲れ様です。いゃあ〜な予感的中じゃないですか?さっき、恐る恐る公式サイト覗いたら、大谷が膝やって全治6週間!!変わりが黒沢って。
前半戦、このリリーフ陣で誰がビハインドで投げるの?って位充実していたのに。。今やとても豊富なビハインド陣(笑)。
もう古谷、唐川連続完封とか超サプライズないと厳しいですね〜!?
Posted by クルーズ at 2016年08月03日 17:21
書きこみ、ありがとうございます。

>新米さん

オーマイガッって、それはあちらの女性のあえぎ…いや、なんでもないです。大阪に行った時インチキくさく「押さないと教えてあげないよ、チャン」なんて書いたので、その影響かと思われます、ランキング上昇は(笑)

>クルーズさん

どんな予感か忘れました、常に悪い予感が当たるので(オイオイ)
実力がついてのサプライズはOKですが、勘違いにつながるだけの奴だと、本人もファンも後々失望しますからね…。
Posted by mansengo at 2016年08月04日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。