最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年07月13日

涌井の7回3失点は好投なのか、そうじゃないのか

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

結局昨日の完敗試合に関してはネタエントリーで済ませちゃったけど、最近流入している方は「ガチ」を求めているのかもしれないので、最低限振りかえって寸評を書いてみよう!

涌井は7回3失点。先頭の松田に3-1から先頭打者弾を浴びた他に2失点。
「よく投げた」と言えば、その通りだが、犠牲フライもカンチャンタイムリーも、ボール1個分中に入った分やられた。
でも、いつもの涌井だって、このぐらいの失投はしている。それを逃さないホークス打線の集中力が、普段通りの涌井、他チームに投げれば9回2失点ぐらいにまとめていた内容に対して、7回3点をもぎとったと言っていんじゃないだろうか?

2点目、3点目の点の取り方がソツ無さすぎる。2点目は先頭柳田のツーベースの後、4番打者内川の進塁打だし…完全にヒットを打つことより、一塁方向へゴロを打つことに腐心する内容だった。己を殺す、まさにチームバッティング…この場面で4番が「1死3塁」の状況を作れるバッティングをする。脱帽だ。次の中村のあたりはむしろセンター荻野が好捕した類の当たりだろう(俺は打たれた瞬間、抜けたと思った)。楽々の犠牲フライ。
そして3点目は、1死から細川に送りバントをさせ、次の本多に代打カニザレスを送ってカンチャンタイムリー。昨日初めて知ったんだがカニザレスって、もう36歳なんだな…苦労しているんだなぁ。

この場面も細川の送りバントが効いた。何年か前、多分6,7年前のこのブログの創成期に「リーグでバントがうまい人間の双璧 ゴリ、細川」なんて書いた記憶がある。とにかく球を殺すのがうまい。この2人のバントは安定感があるんだよなぁ。
その超絶バントがうまい細川に対して、5回の無死2塁のピンチでは、
「ピッチャーとサードがダッシュして、ショートが3塁ベースに入る」
いわゆる3塁タッチプレーで殺しにかかるシフトを敷き、涌井のフィルダースチョイスにつながる。元チームメイトで長年バッテリーを組んでいたので、細川のバントの質の高さは実感しているんだろうけど、涌井としてもリーグ一を自認するフィールディングの見せ場。若干打球が強く、自分のダッシュも良かったので、「いける」と見て3塁へ放る選択をしたのだろう。
無死1・3塁で何でもできる本多、という絶体絶命の場面。本多のセカンドゴロで、3塁走者長谷川が飛び出し、3本間でタッチアウト。これは解説のサトも指摘していたが、まさにコリジョンルールの「落とし穴」。昨年までだと、無死1,3塁で自重出来ていたケースだったと思う。そして、打者走者が本多なので併殺は考えづらく、1死1,3塁でチャンスが続いていた。これが1死1,2塁、更には2塁走者が細川と、「この回ゼロに抑えられそう」な方向に風向きが変わった。試合の流れ自体が変わってもおかしくない5回表の「0」のはずだったんだが…。

おそらく、この回のこともあって、7回表に工藤監督は細川に1死からバント、代打カニザレスで1点をもぎ取りに来たのだろう。隙が無さすぎる試合の組み立て方。打率1割3分台の細川にバントシチューエションで打席が回る、巡りの悪さ自体が昨日のマリーンズの「運のつき」だったのかもしれない。

打線は7回5四球と荒れ気味の武田から2安打するのがやっと。5回表ゼロに抑えた後、1死から田村が「チーム初安打」を放って出塁するも、続く清田のいい当たりはサード正面を突き、運も無かった。
清田の低迷に関して、サトは「運もない」と言っていた。また練習ではいいカンジなのに試合では打てない要因を、ピッチャーにタイミングが合わせられていない、と分析していた。
昨日の武田に関しては、向うも工夫していたと思う。バッターのタイミングが合うポイントでボールを放らず、大体において一呼呼吸分早く始動していた。これで打者の立ち遅れを誘っていた。元々「投球の間合い」の良くない投手だったので、リズムをよくしてバックに気持ち良く守ってもらうためにも、このように早めているのかもしれない。向うにもいい守備が出ていて、これもなかなか攻略出来なかった要因。

守備ではとにかくナバーロの動きが悪すぎて、目を覆う。昨日は記録上でも失策していたが、バントの時はベースカバーに遅れるし、取ってからの送球もナゾの余裕をかまして、連携する他の野手のリズムまで狂わせている。
攻撃に繋がらないのは、こういった守備でのリズムの悪さ。常に準備不足で1歩目の出足が遅いんだから、守らせておけば、昨日のようなイージーエラーも頻発するだろうよ。
このクソ守備とトレードオフで許されるぐらい打ってるか?と問われれば、YESとは答えづらいだろ?ヒゲグッズで営業には貢献しているのかもしれないが(笑)営業成績で残留とか決めそうな恐い球団だから、こりゃ来年もダメかもしれないね。
8回の継投に関しては、伊東監督の中で東條の評価が上がっていると、前の試合までで感じていたので、あまり驚かなかった。右打者インサイドへのナチュラルシュートが武器みたいなことを入団前言っていた記憶もあるんだけど、今のところ外一辺倒だよな…誇大広告外国人選手みたいな言行不一致だぞ、現状。

「変なネタポエム書いてないで、”ガチ”の方書いとけ」と思った君のガチ1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

ああいう精神的ダメージの残る敗戦をした夜は、大体ネタに走る…それがこのブログの伝統。



posted by mansengo at 09:47 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。