最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年07月03日

石川、笑顔なき完封【マリーンズnanaco、そごうでGET】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

今日のエントリーは前半「マリーンズnanaco」に関しての情報、後半は7月2日のオリックス戦について、の二本立てです。

marinesnanaco2016

今日は昼間に千葉に行く用事があったので、千葉そごうで「マリーンズnanaco」もGETしておいた。6月のどこかの試合でQVCマリンで限定販売されていたと思うのだが、こうしてデパートで事後販売してくれるのなら、並ばずに済む。もっとも300枚限定。7月1日から31日までが販売期間となっているが、今日この時点で100枚は既に売れている模様だった。
購入金額300円に対して、後ほどnanaco300ポイントがバックされることは毎年恒例なので特に気にとめていなかったが、「ミレニアムカードを持っている人なら更に+500ポイント」を同時に行っていることは事前調査不足でぬかった。
「(恐る恐る)もしかして(西武の)クラブ・オンカードでも500ポイント付くんですか…?」
「いえ、ミレニアムカードだけだと思いますが…確認してみます」
カウンターで対応していた方が裏へ消え、本部にでも電話をかけたんでしょう。
※西武とそごうは共に「ミレニアムグループ」の百貨店。

「すいません、クラブ・オンカードでも付くそうです!」
ガーーン!こんな日に限って携帯していない。日を改めるか…でもマリーンズnanacoの残り個数を確認すると、次に来る機会にまでは無くなっている可能性も高く、泣く泣くそのまま購入。
この時期であれば別のnanacoを船橋西武で買えば、クラブオン500ポイントGET出来るなぁ…でもマリーンズnanacoの300ポイントバック+ミレニアムポイント500ポイントの「千葉そごうでマリーンズnanaco」の組み合わせは、2016年7月のnanacoの購入方法としては最高の手段だと思われる。
ミレムアムポイント(またはクラブオンポイント)はnanacoポイントにも交換出来るので、別々に付与される2つのポイントの合流も可能です!そしてnanacoは勿論QVCマリンでも利用出来るわけです(他、西武プリンスドーム、ヤフオクドームでも)。

でも今年のマリーンズnanacoのメンバー、涌井以外はビミョウ(笑)
昨年活躍した人をモデルにしたんでしょうが、今年見事にコケている人ばかり人選してしまっている。

今日の試合は珍しく録画で見た。早回しで見れるので90分ぐらいで見終わるのは、イイ。でも基本は結果が判っている中継は見ないなぁ。
石川が、結果「完封」していることは知っていながら見たのだが、知らないで見たら、
「今日の石川は5回まで持つだろうか?逆に松葉は調子いいなぁ…」
と思っただろうな。
以前、涌井が登板したゲームでフォークの球速ランキングが表示され、松葉がランクインしていたことに驚かされたことがあった。その辺を確認するのも楽しみ。松葉と言えばチェンジアップが代名詞的なところがあるので、落ちる系統のボールがそれほど必要なのか疑問だが、握りを見たところスプリットに類別した方が良さそうなボール。Yahoo!1球速報を見ると、最初のデスパイネとの対決では、このフォークで三振を取ったことになっていて、この打席では1球しか使っていないように表示されているけど、「ストレート」と書かれてある1球はこの「スプリット」(つまりはフォーク)だった。1球速報入力者が見極められてないなぁ…。
松葉は横の変化も「カットボール」と「スライダー」の「差分」を使い分けていたし、相当球種が豊富だった。これにプラスして真っすぐが昨年より3~4キロ速くなってないか?ものすごいレベルアップしているように見える。

この松葉を打線がよく攻略した。わずかに4回裏だけ。一気にそこで集中して3点奪取していた。デスパイネの先制タイムリーは彼にしては珍しく逆方向への当たりだったし、ナバーロの犠飛も右方向、そしてトドメの大地のツーベースは左中間と、これまた逆方向だった。
これは偶然ではなく、ある程度コーチから指示があったのでは?
松葉のいいボールを引っ張っていては術中に嵌る。見た目にも今日の松葉が調子いいことは判るので、普段ブンブン振り回している両外国人も、ここは素直にうなずき、無理のない方向へ打ち返したのだろう。
まあ、それ以上にファーストに入っていたクラークの3-1プレーの杜撰さでチャンス拡大した向きもあった。先頭・三木のスリーベースも、相手がなめて相当前目に守っていたことが裏目に出た面もあった。相手にもらったとも言えるチャンスを中軸の打者たちが素直なバッティングで返した3点だった。

orixbenchi0702

こらアカンわ…
この地縛霊2TOPが、オリックスベンチをさらに暗くする!
松葉をここで諦めるとは思わなかった。一体どんな目算があって、ここで継投に乗り出したのだろうか?結果的に8回まで点差を広げられずに済んでいたが、これだけ投手陣が疲弊している中、軸に育てるべき資格を有している松葉をこのタイミングで交替させる意味が判らんわ。ゲームプランも将来へのビジョンも感じられない、迷走しているチームを象徴するかのようなツーショット及び用兵。

比嘉の信じられないような防御率20点台…
タフネス・リリーバーは同じ境遇の投手を、やはりリスペクトしていた!
薮田兄さんの口から飛び出る、
「2014年の比嘉は大車輪でしたから。それこそ今日のような満塁のピンチで投入されるような使われ方して、ことごとく抑えてました」
という最上級の賛美の言葉。
大車輪=最敬礼
と、とってもいいだろう。回アタマからきっちり使われるタイプだった自分と違って、まさしく「ぶっこまれる」という形で鎮火していったリリーバーを密かに賞賛していることが判るコメントだった。
今日の比嘉は幾分2014年の輝きに近づいていることを示す、抜群のコースに得意のチェンジアップやスライダーを決めていた。

一方、石川の方はとにかくシンカーがモノにならなかった。中盤(2廻り目ぐらい)は決まらないので封印し、以降は、ほぼ真っすぐ中心、たまにカーブといった形で攻めまくる。3回安達にヒットを許し、2死1,2塁で糸井を迎える場面で田村がマウンドに駆け寄って以降、そういった配球にシフトしていった。糸井はシンカーのイメージを引きずったまま、最後は真っすぐを見逃し三振。次打席も見逃し三振と、珍しく2打席連続三振を食らっていた。「シンカーがあるぞ、シンカーがあるぞ」と思わせて、バファローズ打線を翻弄できた。実際はことごとく高めに来て打たれるシンカーを見て、バッテリーが配球を変えたことを察知できれば対処出来ていたのかもしれない。それもこれも昨年までにバファローズ打線に刷り込んだ「シンカーの幻影」の余禄。積み上げてきたものが、調子の悪さを救い、自身を7連勝へと導く。

また石川はとにかく「持っている」投手だと思う。球がばらけていても、勝負所で一番キッチリとしたコースになぜか投げきれる。ここが松葉との対比点。松葉の方が精度の高いボールの割合は多かったはずなんだが、「決めるべき」ところで松葉は甘くなり、石川は厳しいところへ決めてきた。
昨年石川との対戦経験がなく、石川のシンカーの幻影に対しては怯えなくてもいいはずのモレルは、真っすぐを簡単に見逃し、すぐに追い込まれる。またクラークはまだアジャスト出来ていないのか、速いボールに全部差し込まれていた。両外国人が真っすぐで攻め込まれ、抑え込まれていたら、そりゃチームの士気も上がらないだろう。
また判定にも助けられていた。1回のモレルの併殺打は、スローVTRで見ると「完全セーフ」。これが1塁に残っていると、あるいは先制点は向うに入っていたかもしれない。モレルのこの打席ではホームランボールが1球行っていたが、ファールで助かった。
内容的には本人も不満なのか、試合直後は完封した投手と思えないような顔をしていた。

石川は3点取ってもらった直後の回も危なかった。先頭大城をセフティーバントで1塁に生かす。てか、ナバーロ…
1塁ベースカバーに動いていない!!
またしても草野球並怠慢プレー発動。とにかく2塁ベース大好きで1塁ベースが嫌いな方のようだ。また8回には2塁方向寄りのゴロを素手で捕球して、そのまま1塁へ放るプレーがあった。そんなに緩いゴロでも無かったので、
「なにも素手で取りに行くこと無いのに…」
っていうプレーで、こういうスタンドプレーに走っているとロクなことがないと思われる。まあ守備に関しては、ほんとロクでなしですわ。

ファイターズが頑張っているおかげで、自力優勝の可能性も早々復活したが、「挑戦権」はあっちに移ったと見るべきだろうなぁ…
「この時期、自力優勝を気にするものじゃない」ということを誰かが言っていたが、そもそも、この時期に自力優勝の可能性がいったんでも消えること自体が問題だ。
石川のローテ移動を「西武戦に強いことを考慮して」といった戦略的配置転換を強調していたが、では明日のスタンリッジは…37歳のおじさん投手に30度を超す猛暑日のマウンド、しかもここまでやられているオリックス戦を任すとは…本当に考えているのか?(笑)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 02:27 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
更新お疲れ様です オリックスのベンチ二人って…時代劇の悪代官か越後屋みたいなコーチと阿部サダヲがふざけたメークしたか志村けんのキャラで居そうな監督の事ですか?(オリックスファンの方々すみませんっ!!)確かにホームラン打ちベンチ戻っても脱力かも~(笑)でも…結局抹消の内のが脱力かも~(泣)
Posted by 新米 at 2016年07月03日 10:38
>新米さん

書きこみ、ありがとうございます。
阿部サダヲのふざけたメーク…似てる!(笑)
Posted by mansengo at 2016年07月05日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。