最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年05月20日

貯金を使いたくてしょうがないツトム君に「無駄遣い」を止めさせる方法はないのか?

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

「貯金は使うためにある」
でたーー。この言葉が伊東監督の口から出ると、連敗が始まるの法則。
いつも思うんだけど、何でこんな余裕ぶっこいた発言が出来るんだ?宵越しの金を持てない江戸っ子気質なのか?そういうのは美人局の時に散々痛い目に…(以下、自粛)

貯金が増えるのが嬉しくて仕方ない、というような方は実生活では若干変質的な部類に入る方と思う。お金は活かすためにあるのだから。
こと野球に関しては、こういう変質的な方が監督には向いていると思われる。ツトム君の師匠はどんなに貯金を積み上げようが、安心しなかった。
岐阜の貯金箱
と、陰口を叩かれ、稀代のケチとして勇名を馳せた森祇晶元西武監督だ。多分貯金が増えて、そのお金や通帳の額を見てニンマリしている性質の方だと思う。どんなに貯金が増えようが、まったく胡坐をかいていなかった。

さて昨日の試合だが、3回ぐらいからチバテレで最後まで観戦した。
ポイントは決勝本塁打を放った中村の打席だと思うが、前の打席は強気に真っすぐ系のボールを3つ続けて三球三振に取っていた。
「ほー、これは吉田がおかわりの狙いを見透かしていたのか?それともたまたまなのか?」
明らかに変化球のボールを意識していたような打席だった。
その次どう出ていくのか、実はその時から楽しみだったんだが、次は変化球攻めに出た。スプリットにカットボール…いわゆる真っすぐに近いスピードで若干「動かして」打ち取りに行くボールだ。ところが2球目のカットボールが高めのおかわり君の涎が出る場所に行ってしまい、あえなく被弾となった。この配球を見て、一概に吉田を責めることは出来ないだろう。おかわりは真っすぐに絞っていて、それがたまたまた涌井の失投と重なって、ドンピシャの可能性も高いからだ。吉田の狙い自体は悪くなかったが、涌井が投げそこなった…この1球に関しては、そう言えるかもしれない。3連戦全てスタメンマスクをかぶったが、前節大量失点した責任を取らされた田村に代わって、トータルではまずまずのリードをしてくれたんじゃないだろうか?強力西武打線とロースコアのゲームを演じられたのだから(打ち合いに持ち込まれたら勝ち目ないもんなぁ)。もっとも「表ローテ」とも言える質の高い投手が投げていたから…とも言えるかもしれないが。(あとこれまでの西武戦での打ち込まれ方も考慮しての吉田起用だったようだ)

ただ8番に吉田を置いて、9番に平沢を抜擢して、「.000」の男を2人並べるのは、さすがにやりすぎ、貯金を使いたくてしょうがないツトム君の「稚気」には呆れた。(もっとも田村+奨悟でも、現状あまり変わらないのかもしれないが…)
平沢は両肩が垂直に投手に向かって行くようにツトム君の指導を受けたそうだが、振り終わった後は必ず左肩までかなり見えているよな…
来たボールすべてに柔軟に対応するタイプなんだろうけど、現状は絞って右肩で壁を作ることだけを意識して「よーいドン」で打ってもらいたいね。明らかに着払いのスイングが多すぎる。ま、選手の入れ替えを示唆していたから降格の一番手でしょうね。早すぎた1軍体験ツアー、ご苦労様でした!
1番のネモが4三振…ネモの足を上げて間を取る打法に関して、薮田兄さんが「さすがプロ」と言えるような解説を試みていた。単純に足を上げるだけでなく、螺旋状に回すことによって、軸足の溜めを生み出している、実はピッチャーであった自分も投球フォームでそれを取り入れていたという話は、まさにフニオチ。でもネモはノーステの頃が花だったよな…統一球時代はそっちの方が良かったが、今では皆、足あげてタイミング取ってるもんな。
ネモの方もあるいは…(でも左打者が枯渇するなぁ、そうなると)。

今日のナバちゃんはチーム唯一の得点を叩きだすタイムリー。ブラボー!無死2塁に角中という場面で、送りバントの構えなどしてピッチャーを揺さぶる。インタビューではチームのことを考えてバントもしようかと…なんて言ってたけど、あれは煙幕か、通訳の人が勝手に誤訳しているものだと思っている。カウントを自分の勝負できるカウントに引きこむため必死なんだよ、奴ぁ。結構小賢しい小細工を打席内でチョイチョイ見せるけど、率を上げるためにいろんなことを試している。
バスケスという西武の投手、角度があって真っすぐはものすごく速く感じるけど、球場で見てたら結構変化球の腕の緩みが判るタイプだった。南にもこれを感じ、2人が変化球を投じる際には打者がスイングしてくる傾向にあった。ただ真っすぐの方は判っていても差し込まれる…(なので、真っすぐ偏重になる)
ナバーロもバスケスの変化球が来るタイミングでフルスイングしていたから、狙いどころは抑えているような感じだった(もっとも、そういう情報をチームで共有しているのかもしれないが)。
ただ、やっぱり守備は厳しいものがある。5回金子にタイムリーを打たれた後、更に秋山にもセカンド内野安打を打たれピンチに陥ったが、あれは普通のセカンドならアウトに出来ていた当たり。どうしても準備不足なので、一歩目が遅い。身体能力の高さでカバーしているが、せめて俊足な打者の打席の時はもうちょっと早目に準備してもらいたいね。8回のおかわりのゲッツーの時も、おかわりの体型だけ見て余裕かましてたけど、意外と俊足なので1塁ギリギリのタイミングになってたし…テイクバックを大きく取らないと投げられない「体質」の人なのかもしれないが、内野手としてあのスローは致命的なものを感じる。

謎の使われ方をしている牧田が久々登場。岡田の代打から始まり、岡田で終る2イニングとなったが、牧田対岡田の過去の対戦データを調べると、やはり良かった。そういう裏付けがある起用だったのね。それはそれで納得。この他、牧田に相性がいいのは福浦。って1軍にいないか…じゃあ岡田一択で。

両先発投手、「かつてのライオンズのエース」と「未来のライオンズのエース」の対決だった。この高橋光成というピッチャーのフォーム、好きだなぁ…オツの引退セレモニーの時に、グラブをマウンドに置いて球場を去っていったが、そのグラブを取りに行っていたのが、この光成。まさに「西口2世」と呼べるようなフォームだが、彼以上にフォロースルーがダイナミック。西口のフォームはどっちかっていうと「優雅」で「柔らかい」という言葉があてはまると思うのだが、彼は「剛」という感じ。個性のない投球フォームが増えてきているので、彼のようなピッチャーはどんどん出てきてもらいたいね。ホレボレするような躍動感だ。

おっと、他にも書くべきことがあるんだが時間が…また明日会おう。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

西武は6番の木村以下も充実しているなぁ…この3連戦はこの差だったかな?



posted by mansengo at 10:00 | Comment(4) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
更新お疲れ様です シーズン終盤やCSで勝ちきる為に今年の傾向と対策のデータ取りとして貯金は使う為にある!って考え分からなくは無い…但し私も含め殆どの人々は限られた時間をやりくりお金を払って球場に足を運んでるのです…指揮官自ら負けてもしゃ~ないみたいな発言思っても控えて欲しいと思います(怒)
だからアメリカ行く前に大谷見たいな~とか…チーム26会員へヘルメットプレゼントとか付属無いと行く気が上がらないのですよ~(泣)
Posted by 新米 at 2016年05月20日 12:48
>新米さん
書きこみ、ありがとうございます。
ヘルメットも貰わず、ただただナバーロだけを見つめていた男がここにおりますよ!変質的野球観戦ブログなので、あまりそういう正論を書かないように!(笑)
Posted by mansengo at 2016年05月21日 10:11
更新ありがとうございます。
ナバーロ選手の守備時の準備不足は、加藤選手の打席の雰囲気と通じるような気がしております。
Posted by 惜しむ at 2016年05月21日 10:20
>惜しむさん

書きこみ、ありがとうございます。
いや、それは特に感じておりません。どうなんでしょう?
Posted by mansengo at 2016年05月23日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。