最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年05月18日

集中打が出て逆転してしまう、今年のマリーンズの謎を追え

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

CTC(千葉テレビ)で5回裏から見た。
打席はナバーロ。捕手の岡田が3球続けてフォークを要求し、カウント1-2とした後、おもむろにホームベースの土をはらう。ワンバンした時の土がベース板にかかったから、どけたかっただけなのかもしれないが、こういう時って、無意識に「勝負」サインを出しているようなものだと感じている。
「アンパイアさん、よーく見ててくださいよ」
っていうシグナルで、ベース板の上で勝負することを示唆しているんじゃないかと…

20160517tuchi

この時は決め球と思われるフォークから入っていたので、逆に内側に真っすぐが来た!(4球目)あわよくば見逃し三振狙いのボールだろう。
結局4球目とほぼ同じコースの6球目のボールをレフトへ痛烈な2塁打を放ち、ここからマリーンズが一挙4点を入れた。この追い込まれてからの長打が大きかった。

マリーンズの鮮やかな攻撃はこの5回裏だけ。後は6回裏の加点は相手のバッテリーミスだったし、安打数は6対9でライオンズの方が多かった。
それでもマリーンズは少ない安打を1つのイニングに集中させ、ビッグイニングを作る。この理由は何なんだ?と今年に入ってから考えることがよくある。
相手が継投に入って、またぞろ「ヘボピッチャー」と呼ばれそうな人達しか出てこないから、簡単に点が入るのだろうか?なんかリーグ全体でものすごく投手が枯渇しているような気がする。マリーンズはこういった破綻がない。その差だと思われる。もっとも前節のイーグルス戦では相当相手にお付き合いしていたけど…。
相手の監督の継投もテンパってるカンジで、「その場しのぎ」の泥縄継投になっているような気がするんだよなぁ…
ねぇ、田辺さんに梨田さん!

今日に限ると、大地の四球が大きく、その後未だ「.000」の男に無死1,2塁でバントを命じられる「流れ」が作れた。大地が倒れていたら、.000の男に打たせるしかなかった(次の打席、バント濃厚の場面でバスターを命じられるのだが、あれはあわよくば吉田に今季初安打を打たせ、.000から抜け出させてやろうという伊東監督の親心だと思った)。
ゼロの男がきっちりバントを決めてくれたおかげで理想的な展開。さらに次の中村のショートゴロは、ゴロゴーの指示が出ていただろうナバーロがランダウンプレーに持ち込み時を稼いだことによって、打者走者を2塁まで進めた。密かにこれも大きかった。これによって、まだプロ未勝利の佐藤に「一打逆転」のプレッシャーを与えられ続けた。なので、この回に限ると、大地の四球、吉田のバント、ナバーロの塁間での走塁の粘り…といったことが最後に生きている。点が入るかどうかは次の打者次第だが、打った打者が「ここで自分が凡退してしまったら、流れが相手に行ってしまうと思ったので」と明言しているぐらいだから、そういった前の打者(或は走者)たちが、「細かい作業」で残してくれたチャンスを意気に感じる土壌が出来上がっていたわけだ。

こういったことがキッチリ出来るのが今年の強みで、1イニングにまとまった点が取れる理由だと思われる(その結果、両リーグ最多の逆転勝利数をあげているみたいだし)。 で、緩すぎる泥縄のタガが外れる…と。
ナバーロも三本間に挟まれている時はかなり一生懸命走ってて、
「やれば出来るじゃんかよ!(ていうか、いつもマジメに走れ!)」
と思った。でも8回にまたヒドいのが出るのよ…
チンタラスロー
で、平凡なセカンドゴロがあやうく内野安打になりかけたわ!
あの後、おかわりに一発が出たが、もしこの走者が生きていたら2ランになって、内も防御率悪化して「やってらんねぇー」っていう気分になっただろう。慌てて1塁へ投げるものだから至近距離から剛速球
「勘弁してくれよ…」
っていう細谷の苦笑いに、一応メンゴするナバーロだった…
(てか、はじめっから素早く投げてりゃいいんだよ!)

西野が生き返り始めた。
主にスライダーの軌道が「縦」になってきていることが復調のバロメーター。不調時は「横」に流れていて、おまけに「フォークが来ない」という安心感が打者側にあったので、簡単にスライダーを見極められていた。
今日も左打者にはフォークを使っていたが、こちらはまだ復調には時間がかかりそう…結果的には効果的なカウント球になっているが、そのボールを見て
「西野はシュートを覚えたんですか?今のは真っすぐ系のボールですよね、これは使えます」
とモウロク解説を始めたクラさん…クラさん、あれは西野のフォークなんだよ。シュート回転して高めに抜けているんだよ、現状。 ていうか今までも、西野のフォークや祐太のスプリットは左打者に対しては、あっち側に流れていく軌道だったよな?(クラさんは最近野球を見る機会が減っているのか、解説のキレもなくなり、だいぶ衰えているような気もする…)
万全にはまだまだのようだが、
「2点差なら、なんとか行けそう。1点差だと、ちょっとキツい」
って、とこかな?だから内がおかわりに打たれたのが2ランだったら、西野のプレッシャーが増すところだったんだよ、ナバーロ!!

縦横の話だと、8回裏にマウンド上にいた中崎。凄い投球フォームだなぁ…あんなに1塁側に流れる投手は初めて見たかも。永射保や星野といった球団の先輩変則左腕でも、あそこまで1塁側に流れなかったぞ。
つーかピッチャーゴロが全部センターに抜けていきそう。それぐらいマウンド上がガランとする( あの横の角度だとセンター返しすること自体、相当難しそうだけど…)。
こちら先発の石川は今日はシンカーの出来が今一つだったようで、先制点はやはり一発だった。浅村に打たれた後「またか…」っていう顔をしていたね。序盤打線の援護がなかったから悲壮感が漂っていたが、今日はきっちり5点の援護をもらい悠々のHQS。バンディと投げ合ったら「致命傷」の一発も、対戦相手が変われば、大した痛手にはならなかった。もっともそのバンディは副業打者に一発を食らって、NPB初黒星を喫していた。
副業打者、5試合連続弾か…もう本業にしちゃえ!DODA(デューダ…じゃなかった、どーだ)?
もう1件、祝電を打たなきゃ…祝・新垣渚100暴投。早川が新垣からグラスラ打って1イニング8点取った試合を見に行ったことを思い出した…

石川はメヒアに自信を持っているらしく、「打たれる気がしない」とのたまったそうだ!石川って、煙幕張って自信を隠すようなキャラかと思っていたのに、いつからそんな「傲慢系」になったんだ!?
1-2のような変化球カウントでも、真っすぐ押し。真っすぐの走りに自信が出てきたからなのか、はたまた変化球のキレにイマイチ自信が持てない日だったからか…吉田が慎重に真っすぐを多目に見せてからの変化球勝負など工夫してリードしていた。にも関わらず、お立ち台で「今日は今年初めての吉田捕手とのコンビでしたが、どうでしたか?」と聞かれると、
「え?普通…かな(謎の笑顔)」
と、あっけらんかんと答える石川!苦心してリードしてくれた吉田の立場は… そこは建前でも「いいリードしてくれました」って言わないか、普通(笑)
でも、そんな正直な石川が私は好きです。
(あと、吉田のリードは今日は良かったと思うぞ!!)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

「ナバーロ、ふざけんな」っていう思いは胸深くにしまって、通常営業に…とりあえず細谷、ナイス!



posted by mansengo at 01:27 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
更新お疲れ様です やはり野球フェチ(笑)中崎に食い付きましたか~俺も、あっ!?けっつまづいたっボーク!?って思いましたもん(笑) 朝のニュースで新垣の100暴が紹介され歴代で村田兆治&石井一久の名も上がってました…名高い暴れ馬ピッチャーばかりですね(笑)
Posted by 新米 at 2016年05月18日 15:22
>新米さん

書きこみ、ありがとうございます。
新垣は2人に比べると圧倒的に登板数が少ないんですよね…それだけ密度が濃いというか(笑)
Posted by mansengo at 2016年05月19日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。