最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年05月06日

楽天雑技団にも救われ3タテ回避【中村奨悟幻の11連続出塁】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

15対8…
9回表1死までのスコア
7対8!

何が起こったんだという壮絶なバトルだったが、9回1死まで楽天のペースだったにも関わらずマリーンズが4度追いつき、突き放されなかったことが勝ちを呼び込んだ。その理由は一言で言うと…
楽天雑技団
これにつきます。

先発のブリガムは6回3失点にまとめているが、内容を見ると、もうちょっと失点が防げるものだった。前回登板もマリーンズ戦で、現在のところ1軍ではマリーンズ戦にしか登板していないようだが、マリーンズやホークスのような「走れる選手」の多いチームには厳しい投手だと思う。(西武やオリックス戦には好投するかもしれない)
失点パターンがいつも、単打か四球で走者を出し、その走者がスチール、走者に簡単に2塁に行かれた後に1本のタイムリーを浴びる、の繰り返しだ。四球が起点ならば「1安打で1点」取られることになる。この前の試合も全く同じだった。
この投手もそれなりにストライク先行の安定した投球が出来るタイプだと思うのだが、クソコリジョン導入によって、クイックの出来ないピッチャーの防御率は跳ね上がる仕組みになっている。マリーンズはミコライオからも同様の形で1点取った。ネモの本塁打の後の奨悟安打、盗塁、翔平のタイムリーという3回の1点目と全く同じ形。翔平のタイムリーとかネモの本塁打で取った点が、最終回の松井裕樹に「1点差」のプレッシャーを与えることが出来た。

翔平は3安打2打点の大活躍だったが、初回は送りバント失敗。ここから巻き返せたのは、
全て奨悟のおかげ
だった…。翔平の2本のタイムリーはいずれも真ん中近辺のボールだった。奨悟スチールの絡みなどでカウントが悪くなっていた外国人投手達が簡単にストライクを取りに来た。さすがにその辺は打つ!ということで、チャンスボールを逃さず打った。走者を気にする外国人投手がマウンド上にいて、1番の「手がつけられない男」中村奨悟が2死からも委細構わず安打を放ち、すかさずスチール、と暴れ放題のため、その恩恵が2番に入った翔平にももたらされた(笑)いや、ここからレギュラー取るようなことがあったら奨悟様様ですよ。掴んだ運を離さないか、明日から翔平の戦いも始まる!

その奨悟は前日の試合のエントリーで「一番いい当たりがアウトになってしまったかもしれない」と書いた(美馬直撃の当たり、跳ね返った打球を今江が素早く処理して1塁アウト)が、仮にその打席が安打なら…
4日 中安 右2 三ゴロ 中安 四球
5日 左安 四球 右安 死球 左安 左本
なんと「11打席連続出塁&8打数連続安打」継続中になる。いや、本来の記録の方でも「8打数連続出塁」中だ。死球はバントを命じられたところ、福山がコメカミ付近に当てるボールを投じて一発退場。一瞬「大丈夫か!?」という心配な状況になったが、元気に1塁へ歩いて行き、その後もヒット、ホームランと全く死球の影響を感じさせず、頼もしいまでに暴れ続けた。もし6日の試合でも継続するようなことがあれば、「あの今江のリカバリーが無ければ」なんて「IF」を楽しめることになるかもしれない。或は「大変な思いをしたけれど、結果的にバントの場面でもらったデッドボールが効いた…」なんてことになるかもしれない。これも運だ。

奨悟ほどの派手さはないがネモの好調も勝因の一つだ。劣勢で放ったネモの2死からの一発が後々効いている。あの場面、最後まで諦めずにミコライオに食い下がったために3-2まで持って行けた。以前のネモに比べて打席内の粘り強さが際立っている。天才的なバットコントロールな反面、あっさりした打席も多かったが、「徳俵」に足がかかってからは1球1球が泥臭い。驚くぐらいボール球に手を出さなくなった。ここ数年、「フォアボールガッツ」したところ(四球を得てガッツポーズ)を見かけたのはネモと岡田だけだったが、久々にフォアボールガッツが見れるかもしれない。

マリーンズのヒーローは多いが、最大のヒーローは「茂木」クンかもしれない(笑)松井稼頭央40歳との「お見合い」による1点。これも大きかった。さらに清田に21打席ぶりの安打を献上することになる、2塁ベース上での、「2塁ベース踏まずのターン」。この選手、動きは悪くないが、ゲッツーシチュエーションの際に焦る傾向にある。前日のナバーロの強い当たりも、打球が強いから焦らなくてもいいのに、セカンドへのトスをどうするかが頭の中に占める割合が多すぎて「灯台下暗し」状態に自分を追い込んでいた。本職のショートじゃないようだが、打撃優先で起用されているのだな。まあ、マリーンズのショートの方も打撃優先、今日も土のグラウンドで一つやらかしておりましたが…。
清田もラッキーな形で「H」のランプが灯り、2本の内野安打&押し出し四球の3打点で復調へのてがかりを掴んだ。これで復調してくれたら、やっぱり「運」を持っている。

清田の押し出し四球は松井裕樹が大炎上した後の敗戦処理、新人の石橋からだったが、「ここで打率稼がなくて、いつ稼ぐの?」モードに入っていたと思われ、3-0からもスイング。まさにハイエナ。いや9回の猛攻は盗賊団が押し入って「みんなヤッチマエ!」っていうぐらいの凄まじさだった。奨悟の3ランが松井裕樹降板に繋がったが、これなんかもホームラン打つ直前の3-1からのボールに対してもホームラン狙いにいくようなスイングしてたもん(笑)
大地も3-0からスイングしてチャンスを潰していたけど(昨日大地は3-0カウントが多いって書いた矢先)、全体的にチャンスカウントで積極的なスイングが出来ていた。それだけ楽天投手陣がカウントを悪くする場面が多かった(主審がアウトローのいいボールに全く手を上げなかった影響もあったと思う)。

投手陣に関してはノーコメント…
いや涌井は中5で完全「省力化」モードだった。6イニング中5イニングで先頭打者の出塁を許し、三者凡退が一度も無いという苦しさだったが、それでもそれなりにまとめてくる投球は恐ろしい。「力」と「技」、どっちでも行けるよというところを改めて示していた。来週のホークス3連戦のお尻に無理やりでもねじ込みたいから、今回の中5なんですね。で金子には唐川当てる、と…大谷に祐太当たるためにご老体スタンリッジのローテも移動させていたけど、伊東監督の捨て試合作成能力は一流でございますね(皮肉)そういう「小細工」が4連敗につながらなくて、本当に良かった。

楽天雑技団の座長は銀次。
前から気になってたんだが、なんだお前のバットバトントワラーは?
(バットを振るのを寸止めしてウェイティングした時に見せる挙動を、こう名付けてみました)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 08:16 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。