最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2016年04月21日

二木登板試合ばかり現地観戦するサイクル【5回完全6回不完全燃焼】

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

marine0420014

二木登板4試合中3試合見ている…こんばんは、二木のケツを追っかけるおっさんです。
5回まではパーフェクトの内容。連続四球記録の柳田には初回3-0になって、早くも記録達成か?というムードの中、きっちり3-2まで差し戻し、打ち取ったのはお見事。

魔の6回表。好投しているピッチャーほど、5回終了のインターバルが怖い。まあ、この前の水を撒いていたkoboスタほど長くは無かったが…

marine0420001

ナマステ!

と、唐突にヨガお姉さんのスクリーンに映し出された写真。この方、いとうあさこを痩せさせたら、こんな感じっていう顔してない?
ついでに、代打・細谷が告げられた時にスクリーンの写真見たら、
「細谷って、眉間の皺がショーンKみたいでカッコいいじゃん!」
と思い、今日から細谷・Kにすることにした。あ、偶然本名(圭)と被った!ホソッチョ細谷でもいいかな?ホソッチョ・K…うーん、ゴロが悪いな…
ホソッチョ刑事K
これでどうだ!!(ロボット刑事世代の方はむせび泣け!)

わずか2安打で3点を失い、ワンチャンものにされるマリーンズ…
いや、ホークスの「ここぞの集中力」の見事さを褒めるべきなのかもしれない。
一つ、そのホークスの強さの一端が判った場面があった。9回表の攻撃の時だ。3点勝っている状況で、無死1塁。打席に4番打者の内川。カウント2-2の時に、3塁の飯田コーチからサインが発せられているのを確認した。
「この場面(2ストライクと追い込まれている状況)で、4番打者にサイン出すか?あるとしても、ギータの単独ぐらいだろ?」と、タカをくくっていた。ところが打者の内川もしっかりサインを確認していたのだ。いや柳田が6球目と8球目にスタートを切り、形としてはランエンドヒットが成功していることになるんだが、3点勝っている状況で、3番4番でランエンドヒットをサインを確認して成功させるっていうところが凄い。プロ野球じゃなくて高校野球並のチーム野球だろう。しかも図ったように右に持っていくし…。

9回は南が投げていたんだが、今年の南の問題点が噴出していたと思う。
まず柳田に初球のど真ん中をセンター前にはじき返される。連続四球記録を意識して早いカウントからは打ってこないと甘くみたのか?それともノーコントロールだから…(残念ながら後者くせぇー)
そして内川に粘られ繋がれ、迎えた次打者・松田の時に「アッ!」と叫んだ。3塁側内野席にいようとも、配球と球種がオールチェック出来て因果関係がすべて氷解したのだ。

minamivsmatsuda0420

これが南対松田の全球リプレーだが、気が付かなかっただろうか?
「ボールゾーンの変化球は全て見切られ、真っすぐは全てマン振りされている」
シーズンに入ってから何回か指摘したが、南は球速とトレードオフで変化球のキレが落ちた。カーブ、フォークはストライク・ボールがはっきりしすぎて、現状真っすぐに頼らざる得ない状態。だからあれだけ力押しするのだ。捕手もカウントの取れない変化球を早いカウントでは要求しづらいんだろう。ホークスは「南対策」も完璧に遂行しているような気がした。

横から見ていても、投手と打者の駆け引きが手に取るように判った。
たとえばデスパイネに対して、恐ろしいほど強気に真っすぐで押した3打席目があった。すると最後の打席、ポンポンとチェンジアップで追い込まれると直前でデスパは打席を外した。
「さっきの2ストライクからの真っすぐが相当効いているんだなぁ…あそこは鉄板でチェンジアップかと思うところだったもんな。今回も「裏」なのか、今回は「表」なのか…デスパ相当まよってるーーネ!」
結局3球勝負のチェンジアップ…いや、ボールゾーンの低めの誘い球にのるデスパ。攝津を2軍送りした斐紹のリードが効いているジャン!?
(でもホークス応援団からは「かっとばせー山下」とコールされる斐紹…。 )
いや、まあ見える見える。
「三木はツーシームを見せられて、チェンジアップで体をおびきだされている!」
なんてことまで、球道が判らなくても(横から見ているので判りようがない)理解できるところまで来ている。

岡田がスタメン復帰してマルチを記録していたが、この安打の「形」が悪かった。安打になってなかったものも含め、開幕当初の「力強さ」が消えた。無意識のうちに走り打ちになっていて、軸足を土に打ち付けて、しっかり振り切ることをやめてしまった…結果が出ないと、どうしても目先の数字を追うような打法に切り替えてしまうのか?首脳陣も岡田自身も我慢が足りないんじゃないかと思わせた夜…。

marine0420021

話を二木に戻す。二木康太はなぜ打たれにくいのか?皆さん、「打ち頃のピッチャーだなぁ…」ぐらいにしか思ってないでしょ。俺は最初に見た時「岩隈に似てるなぁ」と思った。koboスタで見た時は仙台に岩隈が帰ってきたのかとまで思った。軸足の溜め方がヤバい。そのヤバい瞬間をある程度写真で取れた。軸足に左腰・左ケツの全体重が覆いかぶさっているようなフォーム。よく、この華奢な足で支えているもんだと感心する。岩隈は「二段モーション」疑惑をかけられたことがあったが、二木も二段っぽい。だが上の写真を見て頂ければ判る通り、二段になりようがない。これだけ左腰の体重を右足に預けて静止することなんて人間不可能ですから…ただ、打者側から見ると、ここで確実にタイミングを狂わされる。しかも、足の向きが完全「内股」で、そこからのステップで外角へのボールの「横角」といったら、ないだろう。この強烈な左足の「螺旋ダンス」が俺を狂わす…いや打者のタイミングを狂わすのだ!

marine0420003

タネも仕掛けもありません。
根拠のない予感に基づいた野球予測から脱却し、積み上げていきましょう!

marine0420012

8回終了時で1時間51分って…
もっと俺に野球を見せろ!!

「どこまでがネタで、どこからがガチなのか、相変わらずワカンネー」と思いつつニンマリしている君のワン・ステップ!マリーンズのblogランキングに飛びます。



posted by mansengo at 02:14 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。