最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年08月20日

井口と市川の「ひとり舞台」の結末は?

HOME野球現在・過去・みらい > この記事

遅い更新でスイマセン。
さて昨日の試合は、殆ど移動中のラジオで聞いた。映像を見れたのは8回ぐらいから…。聞きはじめたのは18時半ぐらいから。STVラジオという北海道の放送なので、試合開始の頃は電波の入りが悪く、その頃は聞けなかった。解説はチョコ前田。この人ロッテOBという立場を微塵も表明せず、自らの中で黒歴史化しているようなカンジまでした。まぁ入りたての頃、自分だけ知名度が高かったんでイジメとかあったんでしょうが…。マリーンズの試合を見ていないのは、石川の落ちるボールを途中まではシンカーと言ってなかったので気が付いた。

昨日の相手先発は3年目の新垣だった。といっても佐村河内の替え玉の人じゃないよ。でもこの日の予告先発はメンドーサじゃなかったっけ…
やっぱり替え玉だった!!
(もっともアッチの方はニイガキさんだけど。最近CMにまで出てますね…)

マスクをかぶるのは市川。昨年ジャイアンツから移籍して以降、「正捕手」格まで這い上がってきたキャッチャーだ。今年は春先ケガで離脱していたが、1軍復帰を果たすと猛烈な勢いで打ちまくり、やはり出場機会が増えている。リードもいいし、肩も強いし、おまけに打つわで、なんでこんなイイ捕手をジャイアンツは手離したんだ…もっとも移籍する前はプロ通算0安打だったんだけど。
一時4割台だった打率も3割前後まで収束していたけど、最近はほとんど当たりが止まっていたのは確認している。緒戦の打撃内容を見ても、当たっていない人のソレだった。なのでアナウンサーの「石川との対戦打率が高い」というデータ情報も、「今の市川にはそれはあてはまらないから」と最近の調子の方を重視して抑える確率が高いと踏んでいたんだけど、2ストライクからの決めに行ったシンカーが甘くなって逆転タイムリーを打たれるとは…。

新垣も「プロ初勝利」に向けて好投するんだけど、立ちはだかる壁が出現。先制タイムリーを放った井口が、なんと同点弾まで放ち、追いついてしまう。この回を乗り切ればプロ初勝利の権利を得られる30歳の男に鉄槌を下す40歳。厳しすぎるぜ!!しかも実況を聞いていると、石川がスコアリングポジションに走者を置いた回の守備で、1塁線側の強烈なゴロを好捕したらしい。井口、どうしたんだ…緩慢な守備で迷惑をかけまくっていたアンタが…
そうですか。来季契約に向けて、要約エンジン全快になってきましたか!?さすがヴェテラン!!でも伊東監督、神采配だよなぁ…相手投手は右なのに井口起用して、井口しか打ってないんだから(笑)

この新垣-市川のバッテリー。実は相模原の方のシニアリーグ(中学の硬式)で一緒にやっていたら仲らしい!放送中、地元の放送局らしく、その辺の情報が入れられるのだが(もっともニッポン放送が道内の人向けに制作していた)、チョコが「中学の頃のバッテリーがプロで再現されるなんて、なかなか無い事ですよ」と興奮気味に語っていたが、実はバッテリーを組んでいた訳ではなかったらしい。なぜなら市川が投手だったから!投手坂本-捕手マー君パターンか。
市川はその後東海大相模に進んでいるから、原監督の直系の後輩だが、なぜかジャイアンツでは冷遇されていたんだなぁ…。まあ市川も新垣も「大卒社会人経由」だから、1年目から結果出さないと追い詰められていくよね。27歳でプロ入りしたピッチャーと、大卒社会人経由でプロ入りしたものの1球団目で目が出なかったキャッチャー。紆余曲折の野球人生を歩んだ中学生時代の友達2人が、プロ初勝利のシンフォニーを奏でようとする姿はちょっぴり泣ける話じゃないの。
 ガラガラガラ〜ン!
その甘いメロディに、割れるように鍵盤を叩いて割り込む近所のオッサン!

そんな均衡は中盤までだった。再び市川が勝ち越し打を放ち、「最近の調子より対戦成績」の方が優先されることを証明した。もっとも投手が石川から交替すると元の木阿弥だったけど。これで同級生のプロ初勝利の権利が再点灯…近所のピアノのオッサンもさすがに割り込んでこれなくなった。
市川は石川の傾向に関してラジオの取材にこう答えていた。
「追い込んだら、ゾーンで勝負してくる投手だから」
う〜ん、こうまで言い切られると、相性という非科学的な理由で済ませてはいけないのでは?(また2ストライクからだったし…)

マリーンズはこの日も守備のミス連発。昨日タイムリーエラーの奨吾に代わってサードスタメン抜擢の高浜がやらかす!いずれも痛いところでミスが出た。記録に残らないミスから、「ミスターミス」と謳われた荻野貴司も、8回表に1死1塁からのセンター前安打で易々1塁走者の3進を許していた(結局次打者の初球にあっさりセーフティースクイズを決められダメ押し点を献上)。
この時はチバテレで見始めていたのだが、解説のドヤが「今の当たりで1塁走者に3塁に行かれるのは寂しいですね」とポツリと言っていた。1塁走者西川が俊足だったと言うものの、センター前だったので目視で一瞬逡巡していたのに、荻野がゴロを捕球しようとする位置を確認すると加速していた。
チャージ不足…確かに彼の足や打撃は魅力的なんだろうけど、センターの守備は岡田との間に埋めがたい差がある。守備範囲という部分よりは、こういった打球判断ですよね。前日の奴にしても、この日にしても…。荻野に関してはチームバッティングの方も怪しいんで、復帰後すぐにレギュラーの座を与える優遇措置についても、疑問なんだよね。潜在能力っていう言葉はもう通用しない年数だと思う。チームがこの先本気でCS狙うんだったら、今のチームに本当に貢献できる選手はどっちの方なの?っていう部分を精査してほしい。

打撃にお困りならいつでも…

「電話してチョ〜ダイ」
あんた、けたたましくピアノ弾いていると思ったら、タケモ◯ピアノの人だったのか!?
貧打に困った時だけ、電話するわ(守備ノーセンキュー)

↑ CM知らない人もいるかもしれないので、YOU TUBE貼っとくわ!



posted by mansengo at 10:29 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。