最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年07月18日

ANA-JCBカードで貯まったポイントをJALマイル化した方が得!?【恒例のドコモ25%増量】

HOME貯まるマイル情報 > この記事

Docomo25%増量キャンペーン

12月からドコモポイントが「dポイント」になるために、その継続を危惧されていた「ドコモポイント25%増量キャンペーン」。
今年も無事開催されます!!
いろいろ気になる点もあるので、その辺もチェックしつつ、これを絡めた「荒技」を1つご紹介したいと思います。

毎年開催されているこのキャンペーン。ある一定期間、他社のポイントをドコモポイントに交換する際に普段より25%増しで受け入れてあげるキャンペーンです。2014年は8月から12月まで開催されており「1年の1/3がキャンペーン期間やないかい!?(笑)」などと思っておりました。
今年は8月から10月までの2ヵ月間、ですか。若干短いですね。

キャンペーン期間中に増量で交換できるポイントの方はまだ発表されておりません。中には普段と変わらないレートでしか交換出来ないポイントプログラムも存在しますので、ドコモポイントへ交換できるからといって、すべて25%増しになるわけではないことに留意下さい。8月に入ってから全容が見えて参ります。

ドコモの事前告知ページをつらつらと読んでいて、気になった点が何点かありました。

12月からドコモポイントはdポイントに変わります!
dポイントを「ためる」、「つかう」が拡大!
2015年4月から2015年11月までにためたドコモポイントは、
自動的にdポイントに移行されます(注意)。
この機会にドコモポイントに交換して12月に備えよう♪

と、dポイントで活用するために交換を推奨しております(笑)つまり、交換した後すぐ利用するのではなくて、「dになってから使え」と言ってる訳です。これはかなり怪しいですね〜。速攻でドコモポイントとして使ってしまった方がいいかも?(笑)

それと、

8月から順次スタート!
期間中、JALのマイルやクレジット利用、ポイントサイトなどでためたポイントのドコモポイントへの交換を、通常より25%増量いたします!

と、あります。注目は赤字の「JALのマイル」。JALマイルからドコモポイントへの交換も25%増しになるということか…
(普段)10,000マイル → 10,000ドコモポイント
(キャンペーン)10,000マイル → 12,500ドコモポイント

現状、ドコモポイントとJALマイルを交換できる人は「15年以上継続してドコモを使っている人」か、「DCMXカードユーザー」のどちらかです。

年会費無料のDCMXカードを所持していれば、ドコモ利用歴に関係なく、ドコモポイントとJALのマイルを相互交換できるようになります。
もっとも「dポイント」時代が訪れれば、dポイントはPontaと相互交換を開始するので、この敷居も取っ払われ、誰でも2ドコモポイント→2Ponta→1JALマイルというレートで交換できるようになります。

さて、この交換に当たって、荒技を1つご紹介致します。過去には、
RポイントカードとEdyの併用&オール2割引「合わせ技」
このようなエントリーで、楽天関連サービス&Rポイントカード加盟店での利用をすべて2割引にしてしまう方法として取り上げましたが、今年はまた別の切り口で…

ANA QUIC Pay+nanaco届く。結構デカい!【半年間5%引き】
こちらのエントリーでご紹介した、「ANA-JCBカード」のユーザーが所持することが出来る「ANA QUIC Pay+nanaco」。
リリース記念キャンペーンで、
167 OkiDokiポイント = 500 ANAマイル
が、もれなくもらえることになっております(まだ付与されていないが…9月末頃かな??)。ちなみに、この「ANA QUIC Pay+nanaco」のnanacoの方にチャージすると、200nanacoポイント(=100ANAマイル相当)も、頂けます。
総計ANA600マイルがもらえる入会キャンペーンでした。

ところでANAマイルがもらえるキャンペーンと謳ってますが、実際にもらえるのは「Oki Dokiポイント」であり、「nanacoポイント」であります。これらがANAマイルと交換可能なので、合計600マイルもらえることになっております。ここで、「ちょっと、待った!」
167 OkiDokiポイント = 1,670 ANAマイル
「1 OkiDokiポイント=10マイル」なら上記のレートになりますが、なぜ「167 OkiDokiポイント = 500 ANAマイル」になってしまうのか?
「1 OkiDokiポイント=10マイル」のレートで交換するには、ANAマイル移行手数料として、年額5,000円(税別)かかります。年会費2,000円のカードなので、合計7,000円のランニングコストがかかるのです。(この部分を節約するには、ANAへのマイル移行を2年に1度、或は3年に1度に抑え、Oki Dokiポイントを貯めるだけの年を設定する)
航空会社のマイルが貯まるクレジットカードは維持費もそれなりにかかるのがネックです…一応「1 OkiDokiポイント =5マイル」でいいのであれば、移行手数料も無料になります。その場合だったら「167 OkiDokiポイント = 835 ANAマイル」になるはずですが…あれ?計算が合わないぞ!?

この「167 OkiDokiポイント =500 ANAマイル」のからくりは、このようなキャンペーンで付与されるポイントが「ボーナスポイント」だからです。ANAカードの場合、三井住友カードから発行されているものもそうですが、ボーナスポイントからANAマイルへの移行は「1ポイント=3マイル」にレートも減額されてしまうのです…
167 ✕ 3 = 501
まあ、そういうことです。1マイルのオマケが付きますが(笑)
ボーナスポイントは、ANAマイルに交換する以外に、他のポイントに交換するのであれば「通常ポイント」と同じレートになります。おおむね、
1ポイント = 5円分
に設定されてあると思います。ドコモポイントにも交換可能ですから、
100 OkiDokiポイント = 500ドコモポイント
167 OkiDokiポイント = 835ドコモポイント
ぐらいにはなる訳です。 もちろん通常ポイントと合算しての移行可です。
そして、この期間は25%増量です。JCBカードは例年増量キャンペーンに参加してきましたから、今年も参加すると思います。
100 OkiDokiポイント = 625ドコモポイント
167 OkiDokiポイント = 1043.75ドコモポイント
このようにジャンプアップします。

待てよ。「ドコモポイントはJALマイルに交換できるんだったっけ…」
100 OkiDokiポイント → 625ドコモポイント → 312.5JALマイル
167 OkiDokiポイント → 1043.75ドコモポイント → 521.875JALマイル
ガビーーン。こっちの方がマイルに交換した場合、ワリがいいじゃない!?
ただの「ANA-JCBカード」の場合、実際そうなっちゃいますね…

東京メトロとの提携「ANA-JCBカード」であるソラチカカードであれば、「1 OkiDokiポイント → 5メトロポイント → 4.5ANAマイル」という独自の黄金ルートがありますので、
100 OkiDokiポイント → 500メトロポイント → 450ANAマイル
167 OkiDokiポイント → 835ドコモポイント → 751.5ANAマイル
と、さすがに他社マイルへの交換ルートを寄せ付けません。

しかし、ANAマイルとJALマイル両方貯めている方なら、このキャンペーンを活かして、「JALマイルの方を補充しておきたい」と思えば、「ANA QUIC Pay+nanaco」を作って、もらったボーナスポイントをJALマイル化してしまうことも出来るのです。
たとえ、このキャンペーンが翌年以降行われなくなってしまっても、
「Oki Dokiポイント → ドコモポイント(dポイント)」
のポイント交換ルートが健在である限り、いつでもANA-JCBカードで貯めたポイントをJALマイル化できてしまうということです。

jalcardpontacamp
今、JALカード会員限定でこのようなキャンペーンまで行われております。
JALマイレージバンク - JALカード会員限定 Pontaポイントからマイル交換レート30%アップキャンペーン

期間は9月30日まで。これが延長されたら大変なことになりますね。12月からはdポイント(旧ドコモポイント)からPontaに交換可能な訳ですから、そこから更に3割増でJALマイル化出来てしまいます。
今回の25%増量キャンペーンで増やしたdポイントであれば、
100 OkiDokiポイント → 625 dポイント → 625 Pontaポイント → 406.25 JALマイル
167 OkiDokiポイント → 1043.75dポイント → 1043.75 Pontaポイント → 678.4375 JALマイル
ソラチカカードのメトロポイントルートに匹敵してしまう(笑)
ソラチカ&メトロの「90%」に対して「約81%」ですね。


JALカードを持っていると、このような形でマイルを増やすことも可能です。JALカードTOP&ClubQなどを選択すれば、WAONへのチャージ及びPASMOへのオートチャージでもJALマイルが貯まります!

このようにドコモの増量キャンペーンは、いろいろ夢が広がります。
現在ドコモは「DCMX、DCMX miniをローソンで使うとオール3%引き」の方を大PUSHしてます。増量キャンペーンで増やしたドコモポイント(dポイント)はiDにも充当可能です。「DCMX mini」ユーザーであれば、2,000ドコモポイントを1,800円分に充当出来ます。3%引きされて計上されたiD(DCMX mini)利用額でさえ、さらにポイントで支払ってやるという鬼のような所業です。

DCMXカードユーザーであれば、
2,000ドコモポイント =2,000円分のDCMX(iD)利用額に充当
可能です。つまり等価交換です。Docomoポイントの中には25%割増キャンペーンで増やしてやったポイントも含まれているかもしれません。
そしてドン・キホーテでは「楽天ポイントギフトカード」や「amazonギフト券」までiDで買えるのです…楽天市場やamazonの商品が全て2割引になるというフレーズは、このキャンペーンを活用して増やしたドコモポイントをiDに充当してやることを前提にこれらを買えば、誰でも達成出来てしまうからです。楽天ポイントギフトカードなら、楽天のオンライン上のサービスのみならず、「Rポイントカード加盟店」でも消費出来てしまいます。Rポイントカードは期間限定ポイントの方も使えますので(楽天ポイントギフトカードのポイントは6か月有効の期間限定ポイントです。なので残念ながら、そこから楽天EdyやANAマイルに交換することは出来ません)

「25%増のはずなのに2割引?」これは25%増で受け入れないポイントを迂回させた場合に手数料が発生したりして、若干レートが悪くなる交換ルートを利用した場合です。たとえば、
ハピタスモッピーといったポイントサイト → PeX → セシール → Gポイント → ドコモポイント
などの場合です。「セシール→ドコモポイント」は等価交換可能なんですが、25%増しキャンペーンに参加していなかったりします(2014年は参加しておりませんでした)。この場合「105セシールポイント → 100Gポイント」と若干目減りさせながらもGポイントに交換することで「20%増し」ぐらいは確保できます。これにより、ハピタスやモッピーといった、最もポイントを稼ぎやすいポイントサイトのポイントを、このキャンペーンに乗せてやることが出来るのです。
RポイントカードとEdyの併用&オール2割引「合わせ技」

最近ではハピタスやモッピーで貯めたポイントをPeX経由でメトロポイントに交換して、それをソラチカカードの黄金ルートを活かしてANAマイル化してます(上述の通り、90%でANAマイル化可能)。ソラチカカードで貯まるOkiDokiポイントを通常ルートでは使用せず、マイル移行手数料(年額5,000円)を節約します。JALカードをメインに、ANAマイルをサブで貯めているのですが、この黄金ルートのおかげでJAL、ANA万遍なく両方とも貯まります。ANAはこの黄金ルートがあるので、特にクレジットカードの利用に頼らなくても、すぐ貯まるのでサブカード扱いにしている訳です。
JALマイルを早く目標のマイル数に達せさせたい時、今回取り上げた「ANA-JCBカードで貯めたOki Dokiポイント(ボーナスポイント含む)→ドコモポイント(増量キャンペーン時が望ましい)→JALマイル」のルートで、ANAマイルに交換する目的で貯めていたポイントをJALマイルの方に補充してやってもいいのです!
こうやってJAL、ANA両マイルをバランス良く貯めていき、必要な時にすぐ特典航空券が取れる構えにしております。
(なおドコモポイントに交換する際は最低500Oki Dokiポイント貯めなければなりませんので、ご注意ください。)
もちろん大前提として、OkiDokiポイントを自動的にANAマイルに交換してしまう「マイル自動移行コース」にはせず、「マルチポイントコース」にしておく必要があります!!(コース変更は商品申込・カタログ請求ダイヤルに電話し、PUSH番号で変更できます)

ドコモの増量キャンペーンの参加ポイントプログラムを確認後、また違ったルートで得してしまう方法などもご紹介したいと思います。



posted by mansengo at 11:01 | 貯まるマイル情報

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。