最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年05月07日

松田VS田村と西野-吉田バッテリー

HOME野球フェティシズムのすゝめ > この記事

快勝のような、でも一歩間違えればスイープされる危険性も孕んでいた、どっちに転んでもおかしくないような危なっかしい試合だった。
この試合も面白いポイントがいろいろあった。

20150506matsu1

2回裏の先頭・松田に対する攻め方。3球目の内寄りのフォーク、4球目のシュートを見れば、外へ逃げるボールをウイニングショットで投じるための「布石」と捉えられて、おかしくない。実際松田というバッターは早いカウントで思いっきり強振の空振りで「撒き餌」をまき、追い込まれてから外側のボールを仕留めることが多い打者だと思う。この時も2-2から「この3,4球目の攻めを見れば、鉄板で「外」に来る!」と決めつけるように、踏み込んできた。涌井が投じたシュートは内角高めのボール球になってしまったが、読みを狂わされた松田が慌てて対応したため、空振り三振に取ることが出来た。これなんかは田村が相手打者をよく研究して、ウラをかいているように思える。

そんな田村だが、9回裏に謎の交替を命じられることになる。代打を送られた訳でも無く、9回の守備だけ「抑え捕手」吉田の登場。おそらく前日のサヨナラ本塁打か、直前の回にイ・デホの追撃の2ランを浴びた「お仕置き」の一環かと思われる。だが、吉田を送ったことによってヒヤヒヤの9回ウラになった。大地のエラーで1死1塁。さらに「吉田、止めてくれよ」のワイルドピッチで2塁に走者を進め、9番で控え捕手の斐紹を四球で歩かせてしまい、一発浴びれば同点というところまで行ってしまった。(どうやったら柳田に回ってしまうのかを、指折りながら、恐怖のカウントダウンを始めてしまったマリーンズファンが多数いたと思う)
この回の西野を見ていると、スライダー多投。とにかくスライダーが多い。これって、フォークの捕球に自信が無いから、スライダー投げさすのかいな?って疑われるレベルの多さである。
今年の西野はスライダーが多いが、これはフォークの落ちに自信が無いのか、それともワンバンになってしまう(=ワイルドピッチにつながってしまう)ことが多いので自重しているのか?前の西武戦の時にも、最後の打者・浅村に対して捕手のサインに首を振ってスライダーを投げたことがあった。こん時は「真っすぐorフォーク」の二択しかありえないと思っていた。どちらかというと捕手からスライダー要求が入って拒否したというのが順当なヨミ。
浅村の頭の中もそんな感じだったのか、横に曲がるボールを追いかけられず、見逃し三振。浅村はこういう駆け引きが苦手だから、早めに打っていくのか?(笑)
しかしこれだけ多いと、今度はスライダーを狙われてこないだろうか?西野のフォーク比率を捕手別に追ってみる?

涌井が7イニングを2失点。連続中5日でGW4勝中2勝を挙げるのだから「救世主」的な働き。打のクルーズと並んで、チームを救ってくれた。救ってくれたと言えば、代打で登場の井口もか(笑)今日はスタメンで登場の期待の中村は武田の前にあしらわれまくっていた…。
GWの中4、中5って、かつてのジョニーやミンチーのような獅子奮迅ぶりだが、逆に5月中盤から4週間ぐらい6連戦の連続になって、嫌でも中6になってしまうだろうから、ここがシーズンの一つの踏ん張りどころと捉えてもらって多少のムリをしてもらうのはアリだと思う。「登板間隔フェチ」的には、そう思う。

7回の井口の後のクルーズ・今江の「ダメ押し」、8回の大地・田村の8番9番コンビによる追加点が無ければ、負けてた可能性もあるよな。今江が何気に復調気配。対大隣は3タコだったが、やはり「大隣遭遇後」は調子が上がる仕組みになっているのか?



posted by mansengo at 02:20 | Comment(3) | 野球フェティシズムのすゝめ
この記事へのコメント
イ・デホに対して、外まっすぐにこだわり過ぎてたように見えました。
確かに頼りたくなるほど素晴らしいボールでしたが。
全体的にフォークにもっと頼っても良かったかなと思います。
初球カーブも甘いコースが多い印象(これは涌井のいい意味での手抜きかも)
とはいえ、前日のヒーローにリベンジしたあたり恐ろしいハタチだなと感じます。
捕手以外には期待込みの采配(向いてないことをやらせる)が多い伊東監督ですが、田村には厳しいですね。
松永が打たれた球もインコース要求が中に入った失投にしか見えなかったんですがね〜。
非常にストレスの溜まる3連戦でした。


Posted by R.O at 2015年05月07日 03:13
更新お疲れ様です。

私は3連戦レフトスタンドのビジター応援席にいました。
連休だけあって、昨日見た人が今日もいるなあという感じで、連日応援に来られる方もたくさんいました。

それにしても、唐川2ラン後の同点2ランや、角中のエラーがらみの失点後の同点ソロなど、応援する方も意気消沈している中での、クルーズの活躍・・・というか空気の読めなさっぷりはすごいと思います。劣勢においても場に染まらないというのは果たして才能なのか、それともラテンの血なのか。そういう意味で、クルーズvs森(第2ラウンド)が個人的なツボでした。普通の流れならリベンジ出来るんでしょうけどね。
Posted by しもんそ at 2015年05月07日 06:38
書きこみ、ありがとうございます。

>R.Oさん

松永のは内角要求自体、「あの局面ではナシ」というところなんでしょうね、伊東さん的には。5点差を3点差にして最終回を迎えるのは確かに気持ち悪いし、2死からの失点だけに痛かったですね…
お仕置きで引っ込んで反省してもらうのはOKなんですが、後にリードに長けたベテラン捕手が控えているわけでもないので微妙なところですよね(笑)

>しもんそさん

現地での壮絶な徒労感を含むレポート、誠にありがとうございます。確かに森相手に第2Rまで打ってしまうのは、もう血でしょうね。出塁したら絶対相手野手に話しかけてるし、ほんと楽しそうに野球しておられます(笑)
Posted by mansengo at 2015年05月07日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。