最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年04月26日

デスパ1号の前に敵将マウンドへ

HOME野球フェティシズムのすゝめ > この記事

ワガママを封印して、ひたすらキャッチャーのサイン通りに投げるデウン。今日は吉田と組んでいたが、立ち上がりを見るかぎり
「大丈夫かいな?」
という雰囲気しか無かった。だが、終わってみれば7回2失点。文句のつけようのない結果を残した。ただ、5回か6回には「首振り」が飛び出していた。

デウンの後を継いだロサは吉田のサインに首振りまくりだった。デウンがあれを見て「なんでカルロスはいいのに、俺はダメだんだ!?」と思わないか、不安になってくる。首振り制限はデウンちゃん個人を対象にした制限事なのか?チームの勝ち頭に対して「人間的にまだまだ未熟」なんて言っちゃダメでしょ、落合さん!

初回稼頭央の先頭打者アーチに続いて、藤田、銀次の連続安打、ペーニャの四球で無死満塁になった時は、四連敗中のチームはこんなもんなんだなぁ…としか思わなかった、いや思えなかった。
サンチェス・後藤・ウィーラーのアン・ポン・タンのおかげで、奇跡的に1点で凌げた。何よりもこれが大きかった。

3回表の逆転劇。2番大地が粘って出塁した後、3番今江のところで「まさか」のバントの構え。初球だけだったが、ストライクだったらバントさせたんだろうか?結局今江が安打でつないだことによって、無死1・2塁のイケイケ状態に持ち込んだことが、今日の試合の流れを決めた。
デスパの前に大久保監督自らがマウンドに向かう。これを見て、
「監督自ら行って、うまく行くケースばかりじゃないぞ。」
と思った。近年では中日の落合が監督時代にマウンドによく向かっていた。ここは何だったんだろう。具体的な指示というより、則本へのカツだったと思うが。今日の則本は精彩を欠いていた。いつもの強気のピッチングが影を潜めて、逃げ腰になっているのが素人目にも判るような状態だった。こういうところへ中途半端に監督が向かうのは、単にプレッシャーを与えにいくようなものだと思う。結果論で語ってるんじゃないよ。今までこういうケースを見てきた中で、そう思っている。結局デスパにもスライダー頼み、その頼みのボールが高めに入り、打った瞬間ソレと判る今季第一号にして試合を決める一打となった。

審判のゾーンはかなりワイドだった(いや最近ほぼ、いつもなんだけど…)。もうちょっと速いボールで勝負していけば、普段「ボール」と言われるボールで思わぬカウントを稼げそうな雰囲気もあったし、こんな大破綻することもなかったんじゃないだろうか。
クルーズなんかは外角低めを取られて「信じられない」といったリアクションも見せていたしね。

吉田の同点打も密かに大きかった。すぐさま同点に追いつく一打だったし、連敗中の重苦しい雰囲気を吹き飛ばすタイムリーになった。この時は「右手離し打法」だったね。右手離し打法といえばデスパがやっちまった…嶋の頭をゴーーーン。6回表、マリーンズに貴重な追加点の3点が入った回だったが、いろんなことが起きて、時間もものすごくかかった。(今江の走者一掃適時二塁打、その後デーブの抗議で「チャレンジ」審判団がビデオを見るために一旦場内から消える。その直後の出来事だった)
致命的な7点目が入って、自らの頭にも「凶弾」が振ってくるという状況の中、嶋としては大事を取って休んでもいいところだった。しかし昏倒したのにも関わらず、何事もなかったようにプレーを続けていた。これは素直に賞賛したいね。ややもすると大味な試合になるところだったけど、ルーキーの中村は「こここそがチャンス」とばかりに、7回には13球粘った末に1塁に歩いた。これなんかも当然評価高いでしょ?



posted by mansengo at 01:30 | Comment(0) | 野球フェティシズムのすゝめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。