最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年04月09日

木村をプロ初勝利に導く、「あのワンプレー」を我流解説

HOME野球フェティシズムのすゝめ > この記事

今回もビッチリ、レポート書いてあるんだが、あるんだが…
書いてあるのは5回まで。5F席からの観戦。木村が5回降板したのと機を同じくして、ビール観戦席に移動…

0408beerseki

stucaba

本当は、このスマホシステムを使って、売り子さんからビールを買う予定だったのに…このシステム知ってる?キャバクラみたいに好みの売り子さんを「指名」して、来てもらうの。それだけじゃなくて、自分の足の上に女の子の両膝乗せてもらってビールついでもらいながら会話を…って、それはこの前俺が行った「いちゃキャバ」だよ!メンゴメンゴ、それとシステム混同してた。

おい、mansengo、お前の渾身の京セラ「超ディティール・レポ」って、これのこと言ってるの?
野球のゲームのことじゃないじゃないか!!
こんばんは、「弁当系ブログ」です。得意ジャンルは球場グルメや、こういった身にもならないウンチク話。

罪滅ぼしに、2,3ピックアップして「野球の話」を書こう。
じょじょじょ、情熱ホルモン!京セラ行くと、このメロディが頭にこびりつくんだよな…赤井英和のCM。
ハイハイハイ、そろそろマジで脱線終わり。

昨日ケガしたヘルマンが離脱し、替わって上がってきたカラバイヨが早速NPB復帰弾か…このヘルマンの離脱は4回裏の攻撃から始まっている。野球の因果応報、「偶然は必然」みたいな話を書こう。
8日の木村メモリアル勝利ゲームの「アヤ」は4回裏にあった。ご存じのように、3塁走者ヘルマンが捕手田村からの牽制球で走塁死した場面。
6番ヘルマンがセンター前安打で出塁し、下位打線へ回っていく回。この回の攻撃側のテーマは、「1点もぎ取れたら儲けものだが、最悪でも9番まで回って終わればオッケー」。9番の山崎はほとんど打撃が期待出来ない選手。たまたまタイムリー打ってたけどね。山崎は「セントラルの投手」のような立場。彼で終れば、次の回1番からの「いい流れ」になる。
ヘルマンの後、駿太送りバント、安達センターフライ・ヘルマン3進で2死ながら3塁まで進んだ。3塁まで行けば、バッテリーミスなどのプレッシャーもかけられる。ここまではバファローズの思惑通りの展開。
そんな山崎の1球目、眼前でヘルマンの「大きすぎるリード」を目の当たりにする。2死3塁で、今江はベースについていない。なのでヘルマンは「やりすぎ」なくらい、第2リードして、「何かあれば、ツッコむぞ」という脅しを入れに来た。これに対して田村も「投げるぞ、コラ!」と投げるフリをするも、3塁ベースに誰も入っていないので当然ながら「フリ」で終る。こりゃ伊東監督の「性格的」にピックオフプレーを仕掛けてくるな、と肌で感じた。2球目は何も起こらなかった。3球目の前に田村がベンチの方を見る。「来るか!?」それまでガランドーだった3塁ベースに、スルスルとゴリが移動していく…

そして、本当に「来た」
これね、ヘルマンと伊東勤のチキンレース的な様相だったと思うのよ。2人とも、そういう性格だもん。おそらくサインを出している張本人は監督自身だと思う。あんなに3塁走者にリードかまされるっていうのは「なめられている」と思ってしまっているのだろう。
やったれ!
こういうガキのケンカみたいなのは大好きっぽいからなぁ(笑)
でも、普通に考えて、3塁走者が走塁死するなんて考えられない場面だから、「次の回は1番から」とチーム全員がその気になっていたオリックスの勝ちムードがどこかへ飛んでいってしまうぐらい、試合の流れを大きく変えるワンプレーになった。
ヘルマンの負傷退場も、めぐりめぐって、この走塁死でチェンジになったところから始まっているのかなぁ…と思いたくなってくる野球運命論者です。

もう1つは、木村について。
木村が投げている時は5階席から見ていたのだが、意外といろんなことが見えてくる席だった。木村が投げる瞬間の「球種当てクイズ」も同時開催していたんだが、見事なぐらい当たらなかった。ヤマ勘で当てるのではなく、腕の振りから球種を当てるバッター感覚ゲーム。スローカーブの時はさすがに緩んでる感じだったが、真っすぐとチェンジアップに関しては、ほとんど見分けが付かなかった。このピッチャー、とにかく、万事ゆったりで投げる。自分だけ「周りと違う時間が流れている」ようなピッチャー。
木村が3回に失点し、さらに1死満塁のピンチを背負った。ここでナカジ、竹原と4番5番を迎える絶体絶命の場面。木村の周りに輪が出来る。四球の走者が2人。アウトコース一辺倒になり、なかなか打者に向かっていけてないように見えた。ここで木村がどうしたか?

スパイクの紐を結び直しているよ…

これは褒められた行為では無い。好投手と呼ばれるピッチャーがスパイクの紐をマウンド上で直している姿をあまり見かけない。だが、逆に考えると、こんなピンチでのうのうと靴の紐を結び直していること自体が凄い。自分が撒いた種で出来たピンチじゃないですか?それを心配して、仲間が激励にやってきてくれている。動揺して「ごめんなさい、ごめんなさい」な場面じゃないですか。ましてや、プロ0勝のピッチャーですよ?ここでも自分のペースで「自分の事」に没頭している木村。いやね、この態度を見て、もしかしたら…なんていう期待を持ってしまった。
ちなみに俺は誰がどのタイミングでマウンドに声をかけにいったかも、必ず「俺流スコア」を付ける時には付けている。この日は木村が先頭打者に四球出したときは大地が、金森の時はなぜかゴリが行っていた。新旧キャプテンの競演?

金森がサインを伺う時。必ず腕をダランダランと、象さんのお鼻のようにブラブラさせる。あれは脱力のための工夫なのか?リリーフはどうしても力が入ってしまう場面で投入される。あの腕のダランダランは「習性」じゃなくて「工夫」と見る。さて金森投手のライフタイム・ピッチングフォームを追いかけている野球ファンはどれぐらい、いるか?かつてのファイターズファンでも、その部分を思い出せる人は少ないんじゃないの。

まあ、こんなメモがパラパラと書かれてある。スマホの電池が丁度なくなっていたので、「球場いちゃキャバシステム」を活用出来なかったので、仕方なく野球をマジメに見ていた結果だ。基本、弁当系ブログですから。明日以降、この続きを書くかも、書かないかも。
(9日の試合は当方移動日につき未見…福浦がマルチ…マルチ本塁打!?)

最後に弁当系トリビアを一献。
「京セラドームのモスバーガーはモスカードが使えない!」



posted by mansengo at 23:37 | Comment(0) | 野球フェティシズムのすゝめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。