最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年04月02日

藤岡と吉川。悩める両左腕の「違い」が出たゲーム

HOME野球フェティシズムのすゝめ > この記事

藤岡、今年はセットか…小林雅コーチの指導は「顔の表情に感情が出ているからポーカーフェイスにしろ」ってところらしいが、精神面でのアドバイスとしては、ずれているような気がする。
いい比較対象がいる。今日投げ合った吉川だ。こちらもフォームが替わってる。テイクバックがよりコンパクトになって、バッターがタイミングを合わせずらそうにしていた。これだけでも相当武器になっている印象。

吉川だって、ここ何年か結果が出てないので苦しんでいるピッチャーじゃないですか。でも今日の吉川は昨年・一昨年と比べると、多少自信を取り戻しているような佇まいだった。それはなぜか?

空振りが取れている

藤岡との違いは、ここにあった!藤岡が球数を消費する理由は、決めに行ったボールを「当てられる」ことにある。いいコースには行っていても、当てられればファール。じゃ、なぜ当てられるのかというと、球威不足、タイミングが合わせられやすいといった原因が考えられる。藤岡のセットポジションは制球が(ワインドアップに比べて)多少良くなるのかもしれないが、打者に合わせられやすくなっていると思う。
カウント球の中には、いいボールも結構ある。「これが2ストライクの後に来ていれば…」空振りや、手が出ず見逃し三振に取れそうなボールにも見える。結局、球威を犠牲にして、置きにいっているのだ。いかに四球を恐れているのか。
今日も5回4安打2四球と、数字的にはまずまずなのに、4失点。仮にホームランが四球だったとしたら…5回2安打4四球。これなら1,2点で済んでいたのでは?

でも、もし5回2安打4四球だったとしても、監督はきっと文句を言うだろう(笑)つまり今の藤岡は八方塞がりだ。ワインドアップに戻して、フォアボール気にせず、腕を振れよ!腕を振ってるから、ボール球でも空振りが取れるのだ。それは吉川の投球を見ても、判るはず。藤岡の方はストライクを取ろうとして徒労…のファールの連続。
大谷翔平、岡のホームランが出る前の1回も、岡、中田は「紙一重」の結果だったと思う。決めに行く球が甘かった。翔平に対しては3-2からバックスクリーンに運ばれたが、3-1から差し戻して、一発食らった。2-2からの3-2じゃないんだよね…「カウント推移論者」的には、同じ3-2でも訳が違うのよね。3-1から2球続けて抑えに行くには、余計な負荷が必要。こういう場合、結果として歩かせてもいいかなぐらいの気持ちで攻めることも必要になってくると思う。「先頭打者は歩かせてはいけない」っていう古い迷信に囚われて、最悪な結果を招く恐れだってある。

被弾がいずれも2ストライク後っていうのも…
大谷のはソロだったし、勝負にいった結果打たれたものと割り切れば、そんなに後を引かない一発だったかもしれないが、岡に打たれた一発は示唆に富んでいる。8番、9番に2死からつながれての、プロ入り初本塁打だからね…まぁ8番は実質クリーナップを任せてもいいようなバッター(サード近藤)だから、「8番だから」と言うのは、ちょっと酷かもしれないが。岡には、まだ「遊べた」はずだ。岡にホームランを打たれるまでの1,2打席の過程を見ると、「少しぐらいのボール球でも構わずスイングしてくるバッター」っていう特徴が読み取れる。元々のゾーンがワイドなバッターなんだ。だから、もう少しゾーンを広げて攻めても良かったんじゃないだろうか? (ここでも四球を恐れて、自分の意識の中のゾーンを狭めていることが、甘いボールにつながってしまったと思う)
今日の彼を見て、改めて思いました。再生させるには真っすぐのキレを戻すしかないだろう…四球には目をつぶって、腕を振ることを最優先にさせる。もうさぁ、登板前のコメント聞いても、ミスリードのにおいがプンプンしてくるもん。「テンポ良く、余計な四球を出さないように」…コバマサじゃダメだ!コミさん、頼む!!小谷さんが振りかぶらせて、少しはいい方向に向かっていると思ったら、またセットにもどしてるんだもんなぁ。あと、フォークボール投げすぎだろ…開幕戦の復活した涌井の勇姿を見て、何か感じるものはなかったんだろうか?フォーク自体を打たれていなかったとしても、フォークで狙い通りの空振りが取れないのは、真っすぐが有効じゃなかったから。結局全体的に「かわそう」という意識が、相手打者に精神的優位に立たれてしまっている。

しかし今日のファイターズ打線、超強力だな。6番7番の新外国人も揃って「あたり」くさいし。オアシスは中島ぐらいだった。仮にオアシスのところに西川や杉谷でも入れてたら、1-9番まで手がつけられなくなるな!もっとも中島は守備の方で欠かせない存在なのだろう。岡にチャンスが回ってくるとなると、鵜久森あたりは…元々、岡は内野手で入団してきたと思うのだが、外野に回されたことによってファイターズの外野戦争も激化しているな。鵜久森やサトケンは首筋がヤケにスースーするなぁ。

マリーンズも少ないチャンスを活かして、3点取り返し1点差まで詰め寄った。6回ウラに伊東監督が抗議に出るシーンがあった。1死1・2塁から荻野・角中が重盗を試みた場面。これを捕手のサード近藤が3塁へ送球しようとしたら、今江が1歩後ろに下がったため、送球の邪魔になり、送球が遅れた。これを見て、主審の秋村が「守備妨害」を宣告した。
伊東監督が抗議したくなる気持ちもよく判るが、これは普通に守備妨害取るしかないだろう。故意かどうかは関係なく、捕手の送球を妨げているのは事実。たとえば、ピッチャーのボールが内角にブラッシュ気味に来て、それに後ずさりして、同じような形になった場合は(打者を)咎めようにも咎められないと思うが、今回は攻撃側の言い分も尤もだが、守備妨害を取るより他ないケースだと思う。野球というゲームの不条理、不完全性の一端を垣間見た瞬間でもある(逆にこれを咎めないと、守備側もやってられないと思う。)サトあたりは邪魔な打者走者にプチ肉弾戦を仕掛けてから、送球に移ったりしていた。保険にもしっかり加入してから、とりあえず送球で殺しにかかる。

清田はとりあえず結果を出した。2打席目。3球目のど真ん中のスライダーをファールした時、「しまった!」と左手で左足臀部の横あたりをトントンと叩いてミスショットした自分の体を責めていた。もう、あんなチャンスボールは2度と来ないかもしれない…と思った矢先の5球目に、また来た!今度は逃さず、ライトフェンス直撃打を放ち、チャンス拡大に貢献した。
翔太は結果を残せず…。
他、気になった選手は金森。6回のマウンドを見て「どこか故障しているのでは?」と思うぐらい、腕の振りが悪かった。6回ゼロに抑えているが、限りなく打者を抑えているシーンが無かった。
中前安打、三塁ゴロ(今江のファインプレー)、ライト前安打、ピッチャーゴロ併殺打
の結果、抑えられた。ピッチャーゴロ併殺打も、セカンドベースに悪送球放っているんだが、クルーーーズのナイスフォロー・ゲッツーが炸裂!!これに救われていた。 国際共通安全パイと化していた陽岱鋼の眠りを覚ましてしまったのも大きい…。
7回は多少戻った感もあったが、やはりヒットを献上。もしかしたら、唐川と入れ替えで落とされる可能性もあるな。彼の場合、ひとつの怪我が「即引退」につながる崖っぷちな立場ゆえに、故障をひた隠しにしてマウンドに上がってる可能性もあるんだよな…。

逆に大谷は戻ってきている印象。今日はいい具合に力が抜けていた。7回8回はまだ定まっていない。(いや、よもやの西野の中継降格もありうるかも?)



posted by mansengo at 02:04 | Comment(0) | 野球フェティシズムのすゝめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。