最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年03月28日

クルーズのピボットに酔いしれる

HOME野球フェティシズムのすゝめ > この記事

試合は3ウラぐらいから見た。なので3回表より前に何が起こったかは知らん!中村が相変わらずウザウザな粘りを見せ、デホが2打席連続となるデッドボールを食らっていたりした回。内川の併殺打Part1も飛び出すんだが、この時の1塁走者ギータのスライディングと来たら…


メジャーリーガーばり!
ベースではなく、斜めに移動するクルーズの足めがけ、さらに手を伸ばして、送球の妨害と、ドメスティックな二塁手だったら1塁転送できなかったんじゃないか…と思われる走塁を見せた。
しかし、そこはクルーーーズ。自分に向かってくるギータをかわし、更にサイドもサイド、真横から放るサイドスローのピッチャーのような角度から、ギータの手の妨害ものともせず放る!
真横に避けたかと思えば、ベースから後ずさりしながら放るバージョンも見せ、変幻自在のピボットプレーに酔いしれる。スローイングの型の抽斗が多すぎる!セカンドとショート、肩の強さ的に逆だろ?と昨年来思っていたファンも多かったはずだが、セカンドベースマンとしての真価を見せつけた。1つしか取れなかったはずのアウトが2つ取れる。奪三振型の投手が少ないチームにあっては、これは誠に貴重。
この点に関しては首脳陣のクリーンヒットなのか。もっとも気分転換で替えて、そのまま…っていう噂もあるが(笑)

タムリー。タイムリーの略じゃないよ、田村のリードの略。里崎のサディスティク・リードは投手が投げきれない弊害が多かった。対抗馬のタスクのリードは投手からの評判は良かったが、投手を甘やかしたところで、打たれれば意味ナシ。
「涌井さんの球が走っている」
これでもか、これでもかの真っすぐ押し。そろそろ曲げてくる?と打者側に疑心暗鬼が生じるところでも、愚直に真っすぐで攻めまくった(ウザウザ中村の3打席目に、追い込んでからカーブを選択したのは意表をついていたが)。
でも今日のところは、ある程度テーマとして、あらかじめ与えられていたのかな?吉田がマスクをかぶっていたとしても、今日の涌井の出来なら抑えていたかもしれないし。経験の無い投手を、どう引っ張っていけるかだな。もっとも田村自身もそんなに経験無いが。
打撃も昨年に比べれば、全然雰囲気があるな!2打席目は敵将・工藤を苦笑いさせるような、紙一重の大ファール打ってたしね。

6回の先制点は荻野の足…というより、荻野貴司の足にプレッシャーを感じたホークスバッテリーの自滅が生んだものだった。結局元を辿れば「荻野の足」ということになるが。
この打席の3球目と5球目がキー。
20150307_611

3球目と5球目のシンカー。いずれも鶴岡の構えはインサイド要求だった。そこで空振り、もしくはサードゴロを打たせようという思惑だったと思われるが、攝津が投げきれなかった。逆球の完全な「ボール」となり、これで2ボール加算した貴司は3-2に持ち込み、完全打者有利状態に陥った。最後は四球だけは嫌だという「ど真ん中」。3球目、5球目がボールになるにしても、もうちょっと「意味のあるボール」だったら、結果は全く違ったものになっていたと思う。センター返しのセカンド内野安打なのだが、本多も荻野の足への意識が強すぎて、ジャッグルしてしまう。この辺からホークス内野陣が浮足立っている様が読み取れた。
続く大地がワンフェイク、ツーフェイク(バントするかもよ、するかもよ、という仕草)入れてくるわけですよ。序盤の岡田-荻野コンビの時は「送りバント」したようだ(筆者未見)。なので当然、先制点が欲しいシチュエーションであることを考えれば、守備側はバントを警戒せざるをえない。そこで単独スチールを選択し、鶴岡の悪送球を呼び込んだ。
無死3塁となって、大地がきっちりヒットで返し先制。更にもう1点望めるような状況を作った。解説の小久保が「2打席シンカーで抑えていたのに、この打席では真っすぐで勝負。配球に疑問を感じざるをえないところですね」といったような苦言を呈していた。さすが日本代表監督。前2打席の勝負球をしっかり記憶した上での解説。だが、ここは鶴岡を擁護しよう。真っすぐを選択する理由は判る。まず3-2というカウントであり、四球は絶対にダメだという場面であること。そして、荻野の時の3球目、5球目に「シンカーを(要求されたところに投げきれず)逆球となってしまった事実」。右と左の違いこそあれ、この回になってからシンカーの制球を突如乱し始めたわけだから、シンカー選択しづらかったんでしょう…。

マリーンズの組織的攻撃が3-2というカウントに持ち込むことが出来、1番2番が最高の結果を出したことによって、先制点につながった。

ホークスの工藤新体制で興味深かった場面が、7裏2点差ビハインドの無死1塁で、中村に犠打を命じたところ。名電かよ!?あ、この人も愛工大名電出身だった!でも、この人(が高校生)の時はバント野球じゃなかったよな。
この強力打線で1点を返しに行く選択をしたこと。強力打線じゃなくても、ここはバントが考えづらい場面に思えたけどなぁ…2球目は明らかなヒッティング(ザ・撒き餌)だったから、1球1球サインは変わっていたようだが。
8回のチャンスで代打は明石…吉村の状態が悪いので、こういう選択になってしまったようだが、すっかり明石の「本間化」(左の代打&内野全部守れるユーティリティー)が進んでますね!現役時代の本間はジミーーなパ・リーグ選手の代表かと思っていたけど、意外や意外、ユニフォームを脱ぐと、爽やかイケメンだった!!

9回表の井口の完璧なホームラン。これがデカかった。
あと9回裏の岡田のファインプレー。これが無ければ或は…。なぜか岡田のスーパーファインが出た時、私、笑いを堪えられなくなりました。もう、笑うしかない、彼のプレーは!
「ふつう、取るか~??」
しかも、ジャンプのタイミングが他の人と全然違う。他の人よりジャンプのタイミングがめちゃくちゃ早い。そんでもって「滞空時間」がチョー長い。岡田の秘密はここにありそう。フェティシズム的な視点を持ってるものだけに見えてくることがある!

大谷と西野は心配した通り、悪かったね。大谷は今年からセットした時のグラブの位置を下げたね。前はもっと上の方だった。より肩の力を抜けるようにして、リラックスしようという試みなんだろうけど。まあ開幕戦、「力むな」というのがムリなんだろうなぁ…。
ついでに相手側だと、今年からインサイドアウトを徹底すると言っていたギータだが、今日は外から出ていたなぁ…結果として3本打ってるけど、本人的には全然打撃内容には納得いってないだろう。

もっと書くべきことはあるんだろうけど、フェティですから。どの部位に興奮するか?っていうことですよ。そうやって省力化していかないと…



posted by mansengo at 04:18 | Comment(2) | 野球フェティシズムのすゝめ
この記事へのコメント
更新お疲れ様です 大谷や則本のストレートほど派手さは無いけどバッターボールの下を振ってる!?充分切れあんじゃん!?って思ってたら強気のタムリーで147q出た時は思わず姿勢正しました(笑)
そしてクルーズのランナー二塁時にピョ~ンピョ~ンピョ~~ンと楽しそうな帰塁の仕方見た(正確には摂津を映しているのだがクルーズの頭がピョ~ンピョ~ンって映った)時にプレー以外も楽しめる選手だな~と改めて思いました(笑)
Posted by 新米 at 2015年03月28日 10:08
>新米さん

書きこみ、ありがとうございます。
僕もその2塁走者時の挙動は気になっておりました。エンジョイ・ベースボール…相手チームの選手にもよく話しかけているし、多分日本には友達作りに来ているのでしょう(笑)
Posted by mansengo at 2015年03月29日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。