最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年02月22日

中村の打撃に伊東監督直接指導、大谷はQVC対策!?

HOME球力ナミダ男 > この記事

キャンプからオープン戦に移るプロ野球の話題からマリーンズのドラ1・中村と、ファイターズ・大谷の話。その前に、明日誰かに話したくなる「小ネタ」。
中村は早稲田出身ですが、最近の早稲田大学の学生構成は
「首都圏出身者がほぼ3/4」
だそうだ!垢ぬけた慶応に対しての対抗馬・早稲田のイメージとは程遠くなってしまった現実がある。いろいろな原因がある事はなんとなく想像が付くが、大学側も「これではマズい」という認識があって、様々な手を打っていることだけは確かだ。

さて中村ですが、「充実したキャンプを過ごしている」と日経朝刊で取り上げられていた。その中で気になったのが、ゲージの後ろで見ていた伊東監督が直接指導していた内容。

「こねないように、スイングの後は片手を離して前で振る」

実際のスイングをまだ見ていないので、まだ何とも言えないが、いわゆる最近のメジャーの主流になっている打ち方を推奨しているってこと?
バレンティンやオーティズのような日本で成功している打者も、大抵そういうフォロースルーをしているよね。
ホワイトセルが捕手の頭に何度かバットを直撃させ問題視されたが、オーティズのスイングもよく捕手と接触していた。これは添えている方の手を離すからに他ならないが、なんでアチラではこういうことが起きにくく、日本では頻発するかというと、捕手の意識の違い、そもそも構えている場所の問題があると思う。
「平和ボケ」の日本の捕手は、世界標準のスイングへの対応力が無かった。それだけ日本人選手で手を離す人が少なかったということ。
マリーンズでは両手を離す「高畠式」の人も若干おりますが(笑)
結構な手直しだと思うんだが、すぐにしっくり来るもんなんだろうか?オープン戦でその辺も明らかになるだろう。

大谷は今年からワインドアップを取り入れるということだが、韓国の球団との練習試合では従来のセットONLYで臨んだようだ。
大谷のワインドアップへの取り組みに対して、ジョニーがその意義を語っている記事を見つけた。練習試合ではセットポジションでの制球も安定していて「ワインドアップ不要論」が渦巻き出したようだが、推進派のジョニーが見解を出していた。
そもそもワインドアップ=165kmへの挑戦という、マスコミの誤った認識から来る報道を鼻で笑いつつ、
「ワインドアップはオプションである」
と断じていた。そういったオプションを用意する一つの理由として、
「QVCマリン対策」
を挙げていた。そう、風が強い日のためにワインドアップというオプションを用意しているのだ。こりゃマリーンズファンとしては捨ておけない「進化」じゃないですか!?しかも、そのマリンのマウンドを最もよく知り、最もマリンのファンから愛された投手が指導するって…こんな皮肉な話は無い。
ジョニーはセットポジション・オンリーだったけど、横風が吹き殴ってくるような風向きの時は、セットポジションに入って静止させようとしても、体勢を崩されることがよくある(走者がいる時は、ボークになってしまうので、慌てて審判がゲームを止めたり)。風に意識を取られすぎれば、いい投球なんて出来っこない。
風向きによって、セットとワインドアップを使い分けるという「オプション」か…ただでさえ驚速で成長しているピッチャーが、こんな抽斗まで用意しているとなると、今年も攻略に手を焼きそうな…

ダルも最初はQVCを苦手にしていたような記憶がある。もちろん、すぐ修正されました(笑)一野球ファンとして、大谷の成長は楽しみではあるが、ここまで具体的な対策を施しているとなると「お手上げ」モードになり、観戦が楽しくなくなるかも?
「やるやると聞いてはいたが、ここまでデキるのか!」



posted by mansengo at 09:38 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。