最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年02月17日

ブルペンへ向かう道すがら【キャンプでの「インターバル投球練習」から】

HOME球力ナミダ男 > この記事

昨年、ほっともっとフィールド神戸で試合を観戦していた時、イニングの途中途中、あることに注目していた。3塁側内野席のかなり前方の方で見ていたので、その辺がよーく見えるところだった。

それは、ブルペンへ向かう人の顔ぶれをチェックすることだ。QVCマリンや京セラドームだと、この辺は表に出てこない情報。丸わかりなのは西武プリンスドーム(ブルペンが丸見えだから…笑)。
ほっともっとフィールドはブルペンの中は見えないが、ブルペンへ向かう通路が球場内部には無いようなので、中をつたっていくことが出来ない。なので誰と誰がアップし始めているかが、丸わかりになってしまう。

TVで見ている時は、東京ドームなんかは、よくブルペンの映像を見せてくれる(相手チームも、おそらくその映像を見て情報を掴んでいると思われる)。ブルペンは2人まで投げれるところが多いが、中には3人分用意しているところがある。昨今の野球では3人分用意しているところが絶対有利に思えるが…もちろん相手チームも出来るわけだけど、本拠地でのゲームが常にそうなっている分、シーズン全体を有利に戦えるような気がするんだけどなぁ…もしかしたら、自軍のベンチ側だけ3人分のブルペンを用意している球場があったりして!?

神戸で見ている時は、早い回に木村と上野あたりが向かっていた。木村は江村と談笑しながら、上野はひとりちょっと離れて…これから試合で投げることがあるかもしれない(もしかしたら、その回にも…)わけだから、笑いながらブルペンに向かっている木村を見て、
「おいおい、大丈夫か?」
と思った記憶がある。
まあまあ、木村と上野が早い回に向かうのは「ビハインド要員」ということで、予測の範疇内なんですが、パ・リーグで一人、いつも謎に包まれている人がいるんですよね…俺も昨年シーズン中に何度かこのブログでも賞賛の記事を書かせてもらったオリックスの比嘉。彼はいつぐらいから肩を作っているのか、よく判らないピッチャーだ。

比嘉は30ウン試合無失点を続けて、ちょこっと話題になった(具体的な数字はもう忘れた)。記録になったから見直されたが、比嘉のことが本当に凄いと思ったのは、その過酷な「登板状況」にあると思う。バファローズの試合を見ていると、比嘉の使い方がよく判らなかった。先発投手が4回2/3で、「勝利投手まであと1人」というところから出てきて、そのまま抑え、6回まで投げきる…というケースが結構多かった。かといって終盤出てこないかというと、そうでも無く、7回馬原-8回佐藤-9回平野のポジションがどこかピンチを作ったりすると、そこから出てきたりした(常に持ち場が決まっている後ろの彼らは準備もスケジュールをたてやすい。にも関わらず、比嘉に尻拭いしてもらってることが結構あったぞ…)。
「一体、奴はいつ作っているんだ?もしかして、すぐ作れるピッチャーなのか?」
京セラだとこの辺は謎のベールに包まれることになるけど、神戸だと判りますよね。

おそらく先発投手が「怪しい」人の時だと早いイニングから作っているんじゃないかと思った。年次の浅い吉田一(彼の時、よく5回から放っていた印象がある)、後半先発に回った東明、松葉…この辺が投げる時は比嘉は早めに作っているんじゃないかと…。ディクソンだと5回過ぎてから。西、金子の場合は、もしかしたら「休養気味」に…いや、それぐらいメリハリ付けないと、持たんて。あれだけ毎回クオリティの高いパフォーマンスを見せられるのは、コンディション作りにも相当気を配っているはずだと思うし、ね。

あんなにムチャと思われる使われ方をしているのに、全く崩れなかったのは、こんな感じなのかなぁ〜と想像してみた。俺はシーズン中盤ぐらいから「ジョーカー」と呼び始めたけど、シーズン終盤かCSの頃には指揮官の森脇の口からも「切り札」という言葉を聞けた。マリーンズでは内が上で使える時は、それに近いポジションだったと思うが、故障の多さが、その不定期な時期による「アップ」に一因があったとすると適任ではなかったのかもしれない。いや、適任者など、まずいない
それぐらい比嘉のポジション(?)は過酷で、彼の活躍は数字上では測れないものだけど、もの凄いと思う。大体5回途中で鎮火に上がってきて、6回も涼しい顔で投げれるって普通じゃないっすよ?他の回の「回またぎ」とは大違い。5回と6回のインターバルの長さを考えてみて下さい。他のイニングの1回2/3より、5回6回の1回1/3の方が価値が大きいぐらいにまで思えてきちゃうぞ〜。

マリーンズが落合コーチのアイディアで、このインターバルを考慮した投球練習を行わせているようだが、「比嘉には適用できない練習法だなぁ…」と思った。(いや、5回と6回の間の「間の長さ」もちゃんと考慮して練習しているんだろうか?)



posted by mansengo at 09:34 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。