最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年02月08日

平野と西野のスライダー比率が減った要因【パリーグ・クローザー奇譚】

HOME球力ナミダ男 > この記事

昨年バファローズV逸の「戦犯」くさかった平野佳寿。今年はディクソンに習った「ナックルカーブ」を球種に加えているらしい。シーズンに入るまでにモノになっているかどうかは判らないが…

セーブ王を獲得したものの、ここ数年で内容自体は一番悪かったんじゃないだろうか?(一番内容が悪い年にタイトル獲得ですからね…セーブなんて、チームの成績とほぼ連動するだけの記録)
その要因として、「フォークボールに頼る単調な配球」にあったとして、相手にも相当研究されていることを自覚していた。

平野は元々スライダーの印象が強い投手だった。プロ入り直後は先発を任せられていて、常に好投しているんだけど、最後打ち込まれたり、味方打線の援護が薄くて負け投手になることが多かった。
力はあるのに1桁勝利2桁敗戦
の、正しく弱小球団のエース的数字を残すピッチャーとして好感を持っていた(笑) この頃は、真っすぐ&スライダー、時折フォークの「正統派スターター型右腕」だった。
スライダーに頼らなくなったのは、配置転換もあるんだろうけど、上から投げ下ろすタイプのピッチャーゆえに「角度」にこだわり、スライダーが弊害になってきた部分が出てきたんだろう。

ところでこの話、どこかで同じようなことを聞いたような…
2013年彗星のように現れた西野がスライダーを放っていたのに、抑えに回ると「封印」し始めてきている。以前Kスタ(現koboスタ)での試合で、二廻り目に入るあたりの西野の投球を見て、地元ラジオ局の解説の佐々木さん(元ロッテ2軍監督)が「スライダーを多投するせいで、じょじょに横振りになりはじめた」と注意報を出していたら、案の定5回に捕まったことがあった。平野や西野はいいスライダーを持っているピッチャーだと思っていたが、「諸刃の剣」でもある球種なんだね。

  真っすぐ スライダー フォーク
2012年 79.38% 1.91% 18.62%
2013年 74.40% 7.89% 16.48%
2014年 71.4% 3.97% 24.53%
↑ 平野 年度別球種割合

  真っすぐ スライダー フォーク カーブ
2013年 49.64% 18.42% 18.19% 13.71%
2014年 46.89% 12.55% 34.35% 6.21%
↑西野 年度別球種割合

西野は2013年と2014年では配置転換しているので、参考程度に…。でも両者共フォーク比率が高まっているのが興味深い。角度にこだわっている投手ゆえに、真っすぐから縦に目線を動かせるボールが「より安全」という認識があることは間違いない(ボールの飛び具合も回復してきているので)。

西野も平野同様、「相手も自分を研究してきているので、それの上を行かなければならない」と、より警戒感を強めている。
ついでにパ・リーグのクローザーをもう一人挙げよう。高橋朋巳。彼も今年新球マスターに取り組んでいるようだ。新球というより課題が見えてきて、それに対する取組。高橋は左投手だが、左バッターに結構踏み込まれたようだ。相手に「内側を攻めるボールは無い」と思われている証拠。そこで対左打者対策用にシンカーを覚えているのか、或は以前から投げられていたのを、実戦で使えるよう精度を高めるような練習に取り組んでいるらしい。
クローザーは左右関係ない。どっちも抑えられないと、とてもじゃないが、その任につけない。左投手が左打者に弱いとなると致命的だ。
対右打者 .188
対左打者 .247

昨今、左投手が左打者を左右の揺さぶりで攻めている場面をあまり見かけなくなった。特にリリーバーになると皆無に近いと思う。左投手の制球力が悪化しているのか…
もっとも高橋も、制球を重視しすぎて、本来の持ち味である腕の振りが疎かになるようだと意味が無いことは重々承知で、どのようにシンカーを使って行くのか見物である。

俺は単純にデータを持ち出して、ああだこうだと語るようなことはしたくない。その選手たちがどのような「思想」で野球人生を全うしようとしているのか…その観点から最後の手段として用いようと思っている。
福岡のローカルFM局で、物凄い高度な「スポーツデータ」のことを語っている番組があって興奮し、共感した。バレーボールのデータの取り方の話で、(データを)取りたくても取れない部分、「データ収集の臨界点」的な話を競技人口と絡めたりして、それを聞いて、そもそも現代野球はどこまでデータを収集できているのか?に思いを馳せたりした。
もしかしたら別項を立てて、この話を広げるかもしれない。今年度、九州共立大の教員になりバレー部の監督に就任された方の話だった。バレーのトップクラスはどれぐらい相手チームをデータによってリサーチし、それを実戦で活かそうとしているのか…



posted by mansengo at 01:37 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。