最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2015年02月06日

キャンプ中の「全体練習」のムダな所を仁志が語る

HOME球力ナミダ男 > この記事

このオフ期間中、「昔に比べて自主トレがハードで、2月1日に皆仕上げてきている」という話題を、このブログでも何回か取り上げたと思う。
仁志がフライデー直近号のコラムで、
「いまの選手はキャンプ前に自主トレをハードにやってますし…」
と前置きして、そのことから来る問題点を指摘していた。

在籍した球団のキャンプの質の違いにも言及していた。巨人と横浜…どちらの方が質が…あえて書きません(気になる方はチェックしてみて下さい)。

全体練習にムダな時間が多い事も挙げていた。野球というスポーツの特性上、チームで全体練習に取り組んでいる間は、ムダな時間を過ごす「個」が増えてしまう。もっと個別練習に時間を割きたい選手も多いはずだ…
「どうせならキャンプインの時期を遅めてもいいのでは?」
と飛躍した提言をしていた。さすがアメリカ帰りの仁志さん、メジャーよろしく2月中旬ぐらいからというスケジューリングまで立てていた。2月初旬は温暖な気候の地域に行っても、肌寒い時間帯もあるだろう。ハワイ・豪州クラスまで行けば違うんだろうけど…でも最近は、海外キャンプも張らなくなったよね。

自主トレで仕上げてきているのだから、キャンプに入ってもすぐに体を動かせる状態。ならば暖かい時期にキャンプインし、全体練習も早めに始めて、その時間も短縮すればいいというロジック。
寒い時期はケガしやすいし、キャンプの期間が長いと、そのリスクも増える。結局、キャンプインだけ昔のまま2月1日で、その前の自主トレがハードになった分、肝心なシーズン中にリタイアして1シーズン戦えない選手が増えている…そういう風に思っているOBが少なからず、いるということだ。
でも仁志ぐらいになると極めて最近までプレーしていたので、
「いまの選手」
と表現して、自分と現役プレーヤーの間に世代間格差という壁を自ら築くとは思わなかった。少なくとも仁志の野球人生前半生は、「オフの間は、そんなにハードなトレーニングをしていなかった」ことが、この表現から窺い知れる。



posted by mansengo at 01:15 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。