最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年12月24日

クレバーな投手ゆえの墓穴【DeNA・久保】

HOME球力ナミダ男 > この記事

Yahoo!ニュース - 【DeNA】久保、進化する高速クイック (スポーツ報知)

この方の記事はプロ野球選手がインタビュアーに「タメ語」で話しかける分、リアリティがあって異彩を放っている。
久保の高速クイックのことは置いといて、話の中に出てくるアンダーソンとの対戦秘話だ。

巨人戦は3勝1敗、対戦防御2.31。チームの悲願、対巨人戦勝ち越しに大きく貢献した。この「1敗」をつけたのがアンダーソン。宮崎での試合で満塁弾を食らった。

「アンダーソンに対して、それまで1球も投げていなかったスライダー。『まあ、打ってこんやろう』と思ってポンと放ったのが、ど真ん中。ど真ん中でも振らないとは思ったけど、ものの見事に…代償は大きかったけど、勉強にはなった」

この辺に久保の久保たる「所以」がある。
『まあ、打ってこんやろう』
と思えば、大胆にど真ん中に放ってしまう。大胆とも取れるし、ナメてると言えば、ナメてる。
久保VSアンダーソンの対戦っていうのは、5年前ぐらいから読まれている読者の方ならご存じかと思うが、2009年のWBCでキューバ代表のアンダーソンに惚れ込んで、WBC期間中は、彼の一挙手を中心にブログを書くという「キワモノ路線」を展開した。そして数日後に久保がマリーンズから放出され、「3本柱(清水・小林宏・渡辺)以上に放出してはいけない投手」と書いた。いや、これは好き嫌いの部分ではなく、純粋に久保の実力に対しての評価が低すぎて憤っただけ。なので5年前くらいに共に思い入れがあった選手同士の対戦なんだ。

今年の久保の対マリーンズ戦登板試合は運よくハマスタで観戦出来た。序盤、セーブしまくって投げているんだけど、捕手が止められそうなワイルドピッチで失点してからは「プッチ〜ン!」。そこからいきなり150キロ連発するあたりに
「変わってね〜なぁ」
と、「らしさ爆発」させる久保に懐かしい気分になった。
アンダーソンとの対戦の場面も、打ってこないと感じるのは判るが、そこで細心の注意を施そうとする気が微塵もない。
クイックのことばかり、マスコミは取り上げるけど、彼は投球フォーム、足を上げるところからステップまでを1球1球替えたりして打者を幻惑するような「小細工」も用いたりしていた。当時の俺はそれを
「久保」+「小細工」=ザイクボ
と揶揄していた。枝葉に拘りすぎても、肝心の場面では大胆すぎてガツン!と食らう。この辺の「ダメさ加減」が他人事と思えなくて、好きだったんだよな〜。

でも気になる発言はこのあたり。

「俺だって常に150キロを投げたいし、ビックリするような決め球が欲しい。それは今も追い求めているけど、そう簡単にはいかない。人とは違うスタイルで生き残ることを考えた時に、クイックという手段があった」

う〜ん、自分のボールに自信持ってないんですかね?もっと自信持っていいようなボール放っているような気もするんですが。長いイニング投げるために「省力化」の方向に走っているのは判るが、「枝葉」に拘りすぎていることが、ポテンシャルを最大限に活かせていない理由のようにも感じる。

ま、でも「絶対に完投してやる!」っていうゲームの途中で交替を告げられて「プッチン」しているみたいだし、そういう瞬間湯沸かし器的な部分は失わずにいてほしいですね(笑)あ、もちろん「絶対に完投してやる!」っていう、今の投手には見かけない心意気の方も。



posted by mansengo at 08:33 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。